スタートメニュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタートメニュー(Start menu)とは、ここではWindows 95からMicrosoft Windows Home Server 2011まで(CE系・NT系Embeddedは後述)のマイクロソフト社のWindowsに搭載され、Windows 8.1(8.1 Update Phase 2(仮称)以降)に再搭載が予定されている、全画面を占有するソフトウェアスクリーンセーバーを含む)が最前面に稼動していない限りほぼ常時表示されているボタンであって、それをクリックすることによりOSコマンドラインインタプリタ内部コマンド・外部コマンドソフトウェアファイルフォルダディレクトリ含む)一覧表を木構造 (データ構造)で表示し、クリックされたそれ(ファイル・フォルダの場合はそれらを読み込んだ既定ソフトウェア)を起動する機能を指す。

2012年に発売されたWindows 8でスタート画面に置き換え廃止された事が不評の為、翌年Windows 8.1でスタートボタンが復活し、完全版スタートメニューを後日、追加予定とMicrosoftは発表した。

ベースを同じくするMicrosoft Windows Server 2012でもスタート画面に置き換えて廃され、Microsoft Windows Server 2012 R2でスタートボタンが復活した。

他のオペレーティングシステムの、一部のXウィンドウマネージャ等のウィンドウマネージャに搭載されている事がある、同様なメニューランチャーボタン機能は、ここでは触れない。

スタート画面との違い[編集]

Windows 8に搭載されているスタート画面のイメージ

ここではスタート画面から見たスタートメニューの特徴についても述べる。

  • 画面の一部のみ表示しているため、他のウィンドウを表示(アクティブではない)している。
  • 検索機能がついている(Windows 8ではシャットダウンや検索などはチャームへ移された)。
  • シャットダウン・お気に入り・最近使ったファイル・設定・ヘルプとサポート・ファイル名を指定して実行の等の実行。
  • (マイ)コンピューター等にアクセスできる(XP以降)
  • 階層構造を持ち、木構造のメニュー構成が可能。
  • メニュー各項目毎の、任意の区切り(線・空白を含む)・大きさ(単行のみ・文字数は変更可能・一律のフォントやアイコンの変更は可能)・カラーリングの変更・任意の二次元配置は出来ない。
  • スタートメニューのフォルダ・項目名を変更したりフォルダの統合や整理を行う等すると、プログラムアンインストール時にリンク切れ等の異常が生じる事がある。
  • 同一コマンドに対するメニュー項目が複数ある事を許容している。

搭載しているMicrosoft Windows[編集]

9x系[編集]

NT系[編集]

  • Windows NT 4.0
  • Windows 2000 Server系含む。
  • Windows XP
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Windows Vista
  • Microsoft Windows Home Server
  • Microsoft Windows Server 2008 Server Coreとしてインストールした場合、スタートメニューはインストールされない。
  • Windows 7
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Server Coreとしてインストールした場合、スタートメニューはインストールされない。
  • Microsoft Windows Home Server 2011
  • Windows 8.1(後日追加予定)タスクバー上にスタートボタンが復活したが、プログラムの起動にはスタートボタンで展開するスタート画面を使用する仕組みとなっていた。後日追加予定の完全版スタートメニューでは、階層型のプログラムメニューとシャットダウンメニュー、検索ボックスに加え、Metroスタイルのライブタイルが表示可能、表示するライブタイルはドラッグ&ドロップで追加できると、Microsoftは2014-04-02(現地時間)開発者向けイベント「Build 2014」で発表。ベースを同じくするMicrosoft Windows Server 2012 R2でも同様に、タスクバー上にスタートボタンが復活したがプログラムの起動にはスタートボタンで展開するスタート画面を使用し、Server Coreとしてインストールした場合スタートボタンはインストールされない。同系統のMicrosoft Windows RT 8.1でも同様に、スタート画面を展開させるスタートボタンが追加された。
  • Microsoft Windows Embedded(NT系)の幾つかにスタートメニュー・スタートボタンが搭載されているが、機器組み込み先でのカスタマイズもあり、一律に記述できるものではない。

CE系[編集]

  • Microsoft Windows CE系の幾つかにスタートメニュー・スタートボタンが搭載されているが、機器組み込み先でのカスタマイズもあり、一律に記述できるものではない。

関連項目[編集]