Windows Anytime Upgrade

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Windows Anytime Upgrade
Microsoft Windows コンポーネント
詳細
標準提供 Windows Vista以降

Windows Anytime Upgrade(ウィンドウズ エニィタイム アップグレード)は、Windowsをより上位のエディションに変更するシステムである。 Windows VistaWindows 7で利用できる。「WAU」と称されることもある。

Windows XPではHome Edition→Professionalへのステップアップグレードが存在したが、これをオンラインで行えるようにしたものがWindows Anytime Upgradeである。

Windows Vista[編集]

VistaではDVDメディアを用いてアップグレードを行う形式であった。アップグレード手順がXPとあまり変わらなかったためか、オンラインでのライセンス販売は2008年2月20日を以て終了し、その後はXP時代と同じくステップアップグレードのパッケージ版が販売された。

アップグレードはステップアップグレードのパッケージ版も含め、以下の4通りが可能であった(Ultimateは最上位エディションとして提供されている為、Windows Anytime Upgradeの機能自体が存在しない)。

  • Home Basic→Home Premium
  • Home Basic→Ultimate
  • Home Premium→Ultimate
  • Business→Ultimate

Windows 7[編集]

7では従来のWindowsとは異なり、インストールプログラムは全エディションで共通化され、プロダクトキーで使える機能とそうでない機能を分ける方式に変更された。それに伴い、アップグレード用メディアも不要となり、所要時間も10分程度に短縮された。プログラムを起動してアップグレードキーの購入を行うか、すでに購入したキーの入力を行い、指示に従って進めていくことで自動的に上位エディションへアップグレードされる(ただし、Windows 7アップグレード版インストールメディアのプロダクトキーでWindows Anytime Upgradeを使用してアップグレードするとライセンス認証ができなくなる。詳細は、「Microsoft Windows 7#旧バージョンからのアップグレード / ダウングレード / アンインストール」を参照の事)。

アップグレードは以下の6通りが可能である(太字はWindows Anytime Upgradeパックも販売)。

  • Starter→Home Premium
  • Starter→Professional
  • Starter→Ultimate
  • Home Premium→Professional
  • Home Premium→Ultimate
  • Professional→Ultimate

尚、Home BasicとEnterpriseはAnytime Upgradeを利用しての上位エディションへのアップグレード(例:Home Basic→Home Premium)および、下位エディションからのアップグレード(例:Professional→Enterprise)はできない。また、Ultimateは最上位エディションとして提供されている為、Windows Anytime Upgradeの機能自体が存在しない。

外部リンク[編集]