Microsoft Windows 8

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Windows 8
Microsoft Windows ファミリー
Windows 8 logo and wordmark.svg
開発者
マイクロソフト
ウェブサイト windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/meet
リリース情報
リリース日 2012年8月16日 (ボリュームライセンス)
2012年10月26日(一般) [info]
最新版 6.2 (Build 9200) (2012年10月26日) [info]
ソースモデル プロプライエタリ
ライセンス マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項
カーネル ハイブリッド
対応プラットフォーム IA-32, x64, ARM
サポート状態
メインストリーム フェーズ
メインストリーム サポート終了日:2018年1月9日
延長サポート終了日:2023年1月10日[1]

Windows 8(ウィンドウズ エイト)は、マイクロソフトがリリースした、Windowsシリーズに属するパーソナルコンピュータおよびタブレット端末用のオペレーティングシステム (OS) である。3種類のプレビュー版のリリースを経て、2012年8月から10月末にかけて正式版が順次リリースされた。 2013年10月18日より、Windows 8.1 の提供が開始された。Windows 8.1 は Windows 8 と同一のサポート ライフサイクル ポリシー下で提供されるため[2]、本項のWindows 8.1節等で併せて説明する。

従前のバージョンではパーソナルコンピュータでの利用が想定されていたのに対して、本バージョンでは Modern UI の採用、Windows Store の同時リリース、Microsoft アカウントOneDrive によるクラウドサービスへの対応強化、ARM に対応した Windows RT の同時リリースなど、タブレット端末で先行して多く採用されていた iOSAndroid を強く意識したものとなっている[3]。 開発コードネームは「8」として開発が進められ、正式名称にも採用されている[4]。製品名の「8」は、Windowsシリーズ8番目のクライアント向けのメジャーリリースであることに由来する[5]。 2011年9月から2012年6月まで、3回のプレビュー版の公開を経て、2012年8月1日に開発が完了したことが発表された。正式版は、2012年8月15日よりMSDNやTechNet加入者向けに提供され、同時に90日間無料体験版も提供された。2012年8月16日にはSoftware Assurance (SA) 向け、2012年8月20日には Microsoft Action Pack Subscription (MAPS) 向け、2012年9月1日にSA未加入のボリュームライセンスに提供された。その後、2012年10月26日に一般向けに全世界への発売が開始された[6][7]

主な特徴[編集]

ユーザインタフェース[編集]

Windows 8はWindows 8 Modern UI design(旧称Metro UI)を採用した。Windows Vistaや7のログオン画面、壁紙、コントロールパネルなどの模様が取り除かれ、すべて単色の背景になった。Windows AeroのAero Glassが廃止され、これまでのWindowsと比べデスクトップ画面のデザインがシンプルになり、パステル調に近い柔らかいものになっている。タスクバーは透明度を抑えてはいるものの、引き続き透明なデザインで、透過部分のぼかしがほとんどない仕様に変更された。また、Windows 3.1以来のウィンドウのタイトルが中央に表示されるようになり、ウィンドウやタスクバーのアイコン周りなどのデザインは直線的で四隅が直角なものに、「最小化」や「閉じる」などのボタンやスクロールバーなどもModern UI調に変更され、フォントやポイント / クリック時のアニメーションも変更された[8]。ウィンドウ枠の影はアクティブウィンドウの場合にごく薄く表示される程度になり、非アクティブウィンドウ時にはまったくなくなった。Aero Glassの代替として、背景画像の平均的な色調に応じてウィンドウの枠などの配色が自動的にほぼそれに調和するように設定されるAero Auto Colorが新たに搭載された。Windows Aeroのシェル操作(スナップ・シェイクなど)は引き続き搭載されている。ウィンドウを半透明にする機能(プレビュー)は既定では無効化されているが、有効化することができる[9](デスクトップのWindows Aeroそのものは継承されているが、その仕様が大きく変更されている)。

なお、Windows 7のAeroデスクトップテーマファイルは互換性があり、Windows 8でも利用可能である(ただし、Aero Glassは利用できないが、設定変更でAero Auto Colorの配色設定は可能)が、Aero Auto Colorに特化されたり、パノラマ画像が組み込まれたりしたWindows 8用のデスクトップテーマファイルはWindows 7での利用はできない。

スタート画面[編集]

Windows 8のスタート画面のイメージ

Windows 8が起動すると、この画面が表示される。Windows Phoneと同じく、ここにはアプリケーションソフトウェア(アプリ)のタイルが並べられており、画面の模様や配色が変更できる[10]。独自の写真を貼り付けたりすることはできない。このUIは、従来のタッチ操作のできないパソコンやタブレット端末、大きなタッチスクリーンでも操作できるように設計されている。従来のような、デスクトップ上で複数のウィンドウを使用するスタイルではなく、アプリはそれぞれ全画面で表示される。従来のデスクトップはタイル内の「デスクトップ」をクリックすると切り替わる。

2012年11月20日に、まだ開発初期で公には公開されていなかった2010年当時のWindows 8のUIのモックアップが明らかとなった[11]が、チャームバーやタッチキーボードなど一部のデザインが今と違うほかはまったく変更されておらず、ユーザーインターフェイスは2年以上前からすでに決まっていたものとされる。また、当時のコードネームは「Pocahontas」と呼ばれていた。[要出典]

ライブタイル
アプリを開かなくてもこのタイルからアプリの情報を見ることができる。プッシュ通知にも対応する。例えば、Windows Storeアプリタイルは、新しいバージョンが公開されたアプリの数を表示する。また、タイルのサイズはアプリによって大きくしたり小さくしたりすることが可能である。
カスタマイズ
タイルの位置やサイズを変更できる。各タイルをグループ分けすることも可能。
セマンティック・ズーム
情報の論理的な拡大機能。例えばイベント一覧ではカレンダー表示になり、人名一覧では50音順になる。

サインイン・サインアウト[編集]

ロックスクリーン
背景の画像が表示され、日付と時刻、新着メールインターネット接続環境などの情報が表示される。上方向にドラッグ・ドロップすることによってロックが解除される。また、背景の画像は変更することができる。
ピクチャーパスワード
パスワードの代わりに、画像上をタップしたり、なぞる動作を行うことで、ログインする仕組み。タッチスクリーンに最適化されているものの、マウスでのドラッグでも操作できるように設計されている[12]。ネットワーク越しでは利用できない。

マルチタスク操作[編集]

Windows 8には、タッチやマウス操作によって行えるマルチタスクジェスチャが搭載されている。

タスクを切り替える
画面左上をポイントすると起動しているアプリのうちの1つのサムネイルが表示される。クリックするとそのアプリが開き、サムネイルは次のアプリのサムネイルにかわる。クリックせずにそのまま下へマウスポインタを動かすと、起動しているすべてのアプリのサムネイルが表示される。
2つのアプリを表示させる
画面左上をポイントして表示されたサムネイルを、そのまま左端へドラッグする。
スタート画面に戻る
画面左下をポイントすると Modern UIのサムネイルが表示される。そこからスタート画面に戻ることができる。
アプリを閉じる
画面上部をポイントするとカーソルが手の形に変わり、下にドラッグ・ドロップすることでアプリが閉じる。画面左上をポイントして表示されたサムネイルの右クリックのメニューからも閉じることができる。
チャームバーを呼び出す
画面右下をポイントすると表示される。チャームバーには、「検索」「共有」「スタート」「デバイス」「設定」のショートカットが表示される。

キーボードショートカット[編集]

Windows 8には、Modern UIをキーボードでも操作できるように、いくつかのショートカットが搭載されている[13]

  • Windowsキー スタート画面に戻る。また、アプリケーションを使用してた場合はもう1回押すと元のアプリケーションに戻る。
  • Windowsキー+09 数字キーに対応するタスクバーにピン留めされているアプリケーションを開く。
  • Windowsキー+C チャームバーが表示される。
  • Windowsキー+D デスクトップに切り替え、デスクトップの表示を切り替え
  • Windowsキー+E コンピューターを表示
  • Windowsキー+F 検索チャームでファイルを検索
  • Windowsキー+H 共有チャームを表示
  • Windowsキー+I 設定チャームを表示
  • Windowsキー+J スナップ・全画面表示のアプリをフォアグラウンドへ切り替え
  • Windowsキー+L Windowsをロックし、ロックスクリーンを表示
  • Windowsキー+M デスクトップを表示
  • Windowsキー+P セカンドディスプレイチャームを表示
  • Windowsキー+Q 検索チャームでアプリを検索。また、スタート画面の状態から、アルファベットキーをタイプすると、アプリの検索に移動する。
  • Windowsキー+R ファイル名を指定して実行を表示
  • Windowsキー+U コンピューターの簡単操作センターを表示
  • Windowsキー+W 検索チャームで設定を検索
  • Windowsキー+X デスクトップ左下に高度なコンテキストメニューを表示
  • Windowsキー+Z アプリバーを表示(デスクトップを除く)
  • Windowsキー+. Modern UIアプリを右にスナップする
  • Windowsキー+ Shift+. Modern UIアプリを左にスナップする
  • Windowsキー+ Enter ナレーターを表示
  • Windowsキー+Tab スイッチャーのアプリを切り替え
  • Windowsキー+ Shift+Tab スイッチャーのアプリを切り替え(逆順)
  • Windowsキー+Ctrl+Tab スイッチャーを表示
  • Windowsキー+方向キー Aeroスイッチャー切り替え(デスクトップのみ)
  • Windowsキー++ 拡大鏡を表示(すでに表示されている場合は倍率を上げる)
  • Windowsキー+- 拡大鏡が表示されている場合、倍率を下げる
  • Windowsキー+PrtScrn スクリーンショットを撮影(Windows 8からの新機能)。なお、撮影したスクリーンショット画像はスクリーンショットフォルダーに自動保存される。

アプリケーション[編集]

Windows 8ではModern UIアプリと従来のデスクトップアプリケーションが動作する。Modern UIアプリは「Windows Store」からのダウンロードでのみインストールできる。Windows RTではCPUが異なることからModern UIアプリのみ動作する。

Modern アプリケーション[編集]

いくつかのアプリがプリインストールされている。このアプリは、「Windows Store」で最新バージョンにアップデートできる。

アプリ名 種類 アプリの説明
Windows Store アプリストア Modern UIアプリを購入することができる、Windows 8専用アプリストア。有料・無料のアプリが用意される。プレビュー版では、無料アプリのみを扱っていた。アプリの新しいバージョンが出た場合、Windows Storeタイルに数字が表示され、アップデート可能なアプリを通知する。スタイルも、Windows Phoneの「Marketplace」と似ており、アプリの評価やレビューを書き込むこともできる。アプリは、マイクロソフトの審査に通ったアプリが販売される。もし何らかの理由で登録が拒否された場合は、開発者へ通知することで、開発者はそのアプリの問題にすぐ対処できる。また、同様に審査が行われるAppleの「AppStore」や「Mac App Store」よりも自由度が高く、アプリ内の課金が可能であり、有料アプリは試用版を設けたり、アルファ版の登録も可能である。
Internet Explorer 10 ブラウザ タブレットに最適化されたユーザインタフェースである。マウスでの操作にも対応している。お気に入りのウェブページは、スタート画面に保存される。プレビュー版ではプラグインフリーのため、FlashやSilverlightをサポートしない[14][15]。Release PreviewからはFlashがWindows 8と統合され、Modern UI版IE10でもFlashが動作するようになった[16]。当初ホワイトリスト方式で一部のサイトのみサポートされていたが、2013年3月のアップデートで、ブラックリスト方式で互換性やセキュリティに問題があるサイトが排除されるが、その他のサイトでは基本的にはサポートされるようになった[17]HTML5は完全サポートする。また、ウェブページは全画面表示となり、他のウィンドウは表示されない。
People アドレス帳 Windows Phoneにも搭載されているアプリ。
メール メールクライアント 「Hotmail」などのメールが送受信できる。ほかのメールサービスにも対応する。
ミュージック メディアプレイヤー パソコンに保存されているMP3ファイルなどを再生することができる。デスクトップでは、Windows Media Playerが搭載される。
ビデオ ビデオプレーヤー ビデオファイルが再生可能。このアプリでDVDを再生することはできない。
写真 写真管理アプリ パソコンに保存されている画像や、SkyDriveやFacebookの画像も表示することができる。事前にログインしておくことが必要。画像は、アプリタイルでも表示される。
OneDrive
(旧称:SkyDrive)
クラウドアプリ Windows 8は、OneDriveと完全に統合されており、このアプリからOneDrive上の写真やビデオなどを再生することができる。そのほかのファイルを表示するには、デスクトップ向けのアプリをインストールする必要がある。
ニュース ガジェットアプリ 日々のニュースを表示する。また、Liveタイルを有効にしていれば、タイルにニュースやその写真などが表示される。
トラベル ガジェットアプリ Bingトラベルアプリ。各国の観光地スポットの説明などが表示される。
天気 ガジェットアプリ 天気アプリ。現在位置情報を有効にすると、その場所の天気と週間予報が表示される。天気情報は、ライブタイルにも表示される。

デスクトップアプリケーション[編集]

搭載されているアプリケーションのほとんどは、Windows 7と変更点はない。

ファイルエクスプローラー
作業に必要な機能への効率的なアクセスを実現するため、リボンユーザインタフェースが採用された[18]。リボンはデフォルトでは最小化されており、最大化ボタンをクリックすることによってリボンが開く。ファイルの詳細情報が表示される詳細ウィンドウは、Windows 7の下部から横に移動した。ほかにも、Windows Vistaで廃止された「上へ」ボタンが復活する。
ファイルコピーマネージャー
ファイルをコピー、移動した際に表示されるマネージャー。複数のファイルをコピーする際、これまでであれば複数のウインドウが表示されたが、Windows 8では1つにまとめられる[19]。進行中のコピー処理を一時停止、再開、停止する機能も追加された。各コピー ジョブのデータ転送速度、転送速度のグラフ、そして未転送データの量を確認することもできる。同名のファイルがあったときのダイアログボックスのデザインは、対象のファイル群が左右に並べて表示されるようになった。
タスクマネージャー
タスクマネージャーを起動すると、起動中のアプリケーションの一覧が表示され、強制終了させることができる。詳細表示に切り替えると、アプリケーションが消費しているCPUやメモリなどのリソースが、色分けされた表で表示される。「アプリ履歴」タブには、システム上のアプリをどれくらいの頻度で利用しているのかなどが表示される[20]
Internet Explorer 10
Internet Explorer 9からユーザインタフェースは変更されていない。バージョン情報には、最新のバージョンがリリースされた際は自動的に更新するというオプションが追加され、ロゴも新しくなっている。そのほか、パフォーマンスの改善が行われている。
ペイントワードパッド
エクスプローラーのようにリボンUIを最小化するボタンが追加されている。
Windows Media Center
標準では搭載されず、追加で「Pack」を購入し、インストールすることで利用可能になる[21]。ARM向け「Windows RT」には搭載されない。
Windowsのバージョンに応じて以下をインストールすると、Windows Media Centerが搭載された「Windows 8 Pro with Media Center」になる。
  • Windows 8 Pro + Windows 8 Media Center Pack
  • Windows 8 + Windows 8 Pro Pack
Windows Media Player 12
Windows 7と同じバージョンが搭載される。DVD再生機能は廃止される。「Windows RT」には搭載されない。
Office Home and Student 2013 RT
Microsoft Officeの次期バージョンの「Microsoft Office 2013」が、「Windows RT」に標準で搭載される。搭載されるオフィススイートは、「Word 2013」「Excel 2013」「Power Point 2013」「OneNote 2013」で、「OneNote 2013」のModern UIアプリはWindows Storeで販売されている。(北米でSurface RTが発売開始された)2012年10月時点ではプレリリースバージョンが搭載されており、Windows Updateで正式版が公開された。
Hyper-V
ハイパーバイザー型の仮想環境で、Windows 8 には Windows Server 2012 に搭載される Hyper-V のサブセットが搭載される[22]。従来の Microsoft Virtual PCWindows Virtual PC の機能に相当し、64ビット版OSを対象に、Pro、Enterprise へ搭載されている[23]
従来,Hyper-V は Windows Server 2008 以降のサーバー向け64ビット版OSのみに提供され,クライアントOSで搭載されたのは Windows 8 が初めてである。サーバーOS向けと区別する為、「クライアント Hyper-V」と呼ばれる事がある[22]
OS上の一アプリケーションとして動作する Virtual PC 等とは構造が異なり、Hyper-V はハードウェア上でOSを介さず直接動作し、全てのOSはハイパーバイザ上で動作する(ハイパーバイザ#Type 1も参照のこと)。利用の際には「Windowsの機能の有効化または無効化」で機能を有効化する必要があるが、この機能を有効にした場合、VMwareおよびVirtualBox等の仮想デスクトップ環境が共存(利用)できなくなる。[要出典]
Windows 8 からXPモードが廃止されたため、利用の際にはOS(ゲスト用WindowsはXP以降のバージョンに限り対応)を別途入手する必要がある。

システム関連の新機能[編集]

VHD(バーチャルハードディスク)
ネイティブサポート。VHDからのブートはPro、Enterpriseエディションのみ対応(後述)。
ISOファイルマウント
ISOイメージファイルのマウントがネイティブサポートされる。これにより、マウントツールが必要なくなり、仮想光学ドライブとして利用できるようになる[24]
ファイル履歴
これまでの「シャドウコピー」を改良したものであり、エクスプローラーのようなデザインとなっている。ファイルをバックアップするため、誤って削除してしまったファイルを復活することができる。
Windows To Go
USBメモリやUSB外付けハードディスクなどのデバイスにWindows 8をインストールし、そのメディアからWindowsを起動することができる。企業向けの機能であるため、Enterpriseエディションのみ利用できる。
言語の追加
Windows 8の表示言語をより簡単に設定するための機能を搭載。また、コンシューマー向けエディションでは利用できなかったシステム言語の追加もWindows 8で可能となる。新たに14か国の言語を追加。
Microsoft アカウントと統合
これまで使われていた「Windows Live ID」から「Microsoft アカウント」へ名称が変更され、Windows 8と統合される。Microsoft アカウントを使ってログインすることでWindows Storeでアプリを購入したり、Windows Live関連の機能も利用可能。従来のローカルアカウントを利用してログオンすることも可能。
デュアルモニター
Windows 8では、デュアルモニタのサポートを強化する。また、これに合わせたパノラマ写真の壁紙が搭載される。
USB 3.0のサポート
標準でUSB 3.0をサポートする。従来のUSB 2.0に比べ、USB 3.0の理論上の転送速度は10倍である[25]
Windows 8のリフレッシュ、リセット
Windows 8に何らかのエラーが発生し、再インストールしなければならなくなった場合、パソコンのデータを保持したままWindows 8をリフレッシュする機能と、すべてのデータを消去して、Windows 8をリセットする機能が搭載されている。
Windows Update
アップデート後の再起動が必要な更新がインストールされた場合でも、再起動はインストール直後ではなく、1か月に1度の月例セキュリティーリリースのときに行われる。これによって、緊急の更新が配布された場合を除き、更新による再起動は1か月に1度だけとなる。自動的な再起動が発生する際は、ユーザーに事前通知する機能も追加される[26]
インストールの簡素化
Windows 8インストール時のセットアップのユーザインタフェースは、誰でも簡単にセットアップができるように簡略化されている[27]
Webインストーラー
Windows 8のインストールに必要なファイルをインターネット経由でダウンロードし、ダウンロードが終了次第、インストールが始まる。インターネットに接続されていなかったり、インストールを早く済ませたい場合のため、従来のようにISOイメージも用意される。
新しいブート画面
これまでのWindowsでは、ブートマネージャー(後述)や詳細ブートオプションメニューは、完全なグラフィック機能が利用できなかったためCUIだった。Windows 8では初めてGUIを導入し、タッチ操作ができるようになった[28]
ブートマネージャー
1台のパソコンに2つ以上のOSをインストールしている場合(マルチブート)に表示される画面。Windows 8ではModern UIを採用し、タッチ操作に適したものに変更された。また、既定のOSの設定やタイマーの設定もこの画面から行うことができる。
ブルースクリーンの刷新
Windows 8 Build 8102(開発版)のブルースクリーン
Windows 8の初期ビルドにあたるMilestone 3 (Build 7955) では背景が黒色の画面が表示されていた(ブラックスクリーン共)[29]。この際、これまでのような長い英文が大幅に簡略化された。Build 8102では新しいブルースクリーンが搭載され、日本以外の国でよく使われる “:(” の顔文字が表示され、注目された。ブルースクリーンの刷新もブートエクスペリエンスの改良と同じく、Windows 8が初めてである。
なお、Consumer Preview版ではブルースクリーンが日本語に対応し[30]、英語版との違いは、“:(” の顔文字がなくなり、代わりに顔文字があった場所に「問題が発生したため、コンピューターを再起動する必要があります」という文が表示され、その下に小さく「さらに詳しく知る必要がある場合は、後からこのコードをオンラインで検索できます:(エラーコード)」と表示される。日本語対応のブルースクリーンは9x系以来。
さらに、Release Preview版では日本語文が変更され、「問題が発生したため、パソコンを再起動する必要があります。」「詳細については、次のエラーを後からオンラインで検索してください:(エラーコード)」と表示されるようになった。
Windows効果音
Windows Vista以来、効果音も刷新された。

セキュリティ[編集]

Windows Defender
Windows Vistaから搭載されている。Windows 8では大幅に改良され、インタフェースも新しくなった。あらゆるマルウェアに対応し、検出力もより高くなる[31]。Windows Defenderの負荷も軽くなったため、バッテリーの寿命も長くなる。ユーザーエクスペリエンスとパフォーマンスが向上した。Microsoft Security Essentialsベースに開発されているので、見た目は同じであるものの、定期的な自動スキャンのスケジューリングの指定が直接できないなど、機能が簡略化されている。
セキュアブート
許可されていない(デジタル署名がない)ファームウェアやOSなどの起動ファイルを起動時に実行しないようにし、起動時の安全性を高める機能で、Windows 8では推奨事項となっている。これは後述のシステム要件にもあるように、BIOSに替る新しいファームウェアシステムであるUEFI v2.3.1以降が必携条件になる。Windows 8がプレインストールされているメーカー製PCではこれが有効化されているが、それ以前のPCや自作PC用マザーボードではサポートされていないものもあり、アップグレードアシスタントではインストール不可能の判定が出るが、実際には必ずしもセキュアブートは必携ではなく、後述の最小システム要件を満たしていればセキュアブートが有効にならないだけであり、Windows 8そのものはインストールも可能で、インストール後の動作にも問題は発生しない。

パフォーマンス[編集]

メモリ消費量の改善
起動時間の改善[32]
Windows 8では、ブート・コードの見直しなどによって、以前のWindowsよりも起動時間を短縮している。
Windows システム評価ツール
評価の数値の最高の値がWindows 7の7.9から9.9へ変更。
デフラグツール
名称が「ディスク デフラグ ツール」から「ドライブのデフラグと最適化」に変更され、Flash SSDに対応した最適化(TRIMコマンドの定期的なドライブへの発行)が標準でスケジュールされる[33]

ネットワーク[編集]

アドレスソートの改変
Windows 8では、RFC 6724(旧版 RFC 3484)で定義されているアドレスソートに厳密には準拠しない動作をする。
Windows 8はネットワーク接続テストを実行し、マイクロソフトがインターネット上に公開しているサーバーとの疎通確認を30日間隔で行う。この疎通確認でIPv6による通信が確認できれば、RFC 3484で定義されているアドレスソートに従う。この疎通確認でIPv6による通信が確認できなければ、IPv6で通信可能であっても、IPv4を優先する。この優先度は、DNSに対するクエリの結果の評価にも反映される[34]
この仕様により、Windows 7でIPv6で通信でき、IPv6対応のアプリケーションを使用できていた環境であっても、Windows 8ではIPv6で通信できない場合がある。
この仕様の目的は、LANでIPv6が有効であっても、IPv6によるインターネット接続ができないような環境において、IPv6-IPv4フォールバック問題によりIPv4での通信が機能低下することを改善することである。例えば、日本のNTTのフレッツ網におけるIPv6環境で、ISPとIPv6接続契約をしていない場合である。

その他[編集]

新しいスクリーンショット撮影機能
Windows 8では、「Windowsキー」+「PrtScrn」キーを同時に押すことで、スクリーンショットを撮影することができる。従来のWindowsで用いられていたスクリーンショットキーも利用可能ではあるが、Windows 8スタイルには対応せず、デスクトップのウィンドウしか撮影できない。また、撮影されたスクリーンショットは、「ピクチャーライブラリー」の「スクリーンショット」フォルダーに保存される。

廃止された機能[編集]

JIS90互換フォントパッケージ
Windows 7までJIS90フォントパッケージが提供されてきたが、Windows 8ではJIS2004へ完全移行するため廃止された。メイリオを含むJIS2004対応フォントにJIS90字体も収録しているため、Internet Explorer やその他のアプリケーションでも異体字切替えに対応させることによりJIS90字体を使用できる。
クラシックテーマの廃止
ブート画面やデスクトップ画面のクラシックテーマが廃止され、Windows 2000およびWindows Me以前のようなスタイルに変更することができない。そのため、自分でハイコントラスト設定する必要がある。
スタートメニュー
新たに搭載されたスタート画面がスタートメニューと置き換えられたため廃止された。Developer Preview版の時点では非公式ながらレジストリを書き換えることでスタートメニューを復活させることができたものの、Consumer Preview版からはこの方法でスタートメニューを復活させることはできなくなった。スタートメニューを再現するサードパーティのソフトウェアが出回っている。スタートメニューが廃止された理由は、ユーザーの使用頻度の減少のためで、実際にマイクロソフトの調査によれば、Windows Vistaに比べてWindows 7ではスタートメニューの使用頻度は11%減少している[35]。ただし廃止はユーザーには不評でWindows 10では復活がアナウンスされた。
スタートボタン
初期ビルドでは新しいスタートボタンが存在していたものの、削除された[36]。スタートボタンが搭載されないのもスタートメニューと同じく、Windows 95以来の変更である。
Windows Aeroの一部機能
RP版まではラジオボタンなどはModern UI化[37]されたが、ウィンドウは半透明のままだった(同時に後述のように実質、半透明効果の代替機能となった自動配色も併用されていた)。RTMでは「Modern UI」スタイルに統一するため、Windows AeroのAero Glassが廃止[38]された(タスクバーは透過率や解像感を変更して透過)。デスクトップのユーザインタフェースが変更されるのは、Windows Vista以来である。Aero Glassの代替として、背景画像の平均的な色調に応じてウィンドウ枠とタスクバーの配色が自動的に設定され、デスクトップ背景との調和を図るAero Auto Colorが新たに追加された(背景に画像ファイルを設定した場合のみ、配色が自動設定される。背景が単色の場合は背景の色に関係なく、シルク調の白色になる。また、スライドショーの背景ではその変化に応じてそれらの配色も同期して変化する。非アクティブウィンドウはAero Auto Colorの有効無効に関係なく透明感のないグレー調のモノトーン配色になる。また、マルチモニター表示で異なる背景の場合は、両方の背景の平均的な色合いに応じて配色される場合もある)。
なお、ライブサムネイルやプレビュー(透過処理後の枠ラインなどは薄いものに変更されるなど、Windows 7に比べて多少動作が変更されている)・シェイク・スナップなどの拡張されたAero機能やWindows Vista以来の最小化・最大化などのフェードアニメーション効果は継続されているが、フリップ3Dは廃止された(従来のフリップ3Dの操作では、Modern UIシェル操作の動作でModern UIアプリケーションのフリップ操作が可能。ただしデスクトップ表示には対応するが、デスクトップアプリケーションのフリップ操作には対応しない。また、通常のフリップ操作もModern UIの配色を取り入れたデザインになると共に、デスクトップアプリだけでなく、Modern UIアプリのサムネイル表示にも対応するなどの機能強化が施されている)。
Windows Vista/7ではデスクトップコンポジションを設定で無効化することでAeroの主要機能を無効にすることができたが、Windows 8ではその無効化ができなくなっており、ハイコントラストテーマや、セーフモード使用時(この場合であってもタスクバーの透過は有効になっている)でもAeroのシェル操作(スナップ・プレビューなど)は有効になっている。
ガジェット
Release Previewまでは提供されてきたが、RTM版の開発ビルドからはこの機能が削除された。代替機能として各種のModern UIアプリの利用を推奨している[39]
ブリーフケース
SkyDrive など、クラウド関係の機能強化などから必要性が薄れたためとして廃止。廃止によってUSBメモリーなどのネットを経由しない補助記憶装置とのファイルの同期化は不可能になった。ただし、従来のWindowsから作成されたファイルはWindows 8からでも開くことができる。
以前のバージョン
新しく「ファイル履歴」によるファイルのバックアップと復元機能が追加された事から代替がなされたため廃止。
Windows XP Mode
機能的にはHyper-Vで代替可能であるが、別途OSのライセンスを入手しインストールする必要がある。
ゲーム
Windows標準搭載されていたデスクトップのゲームアプリは、Windows Storeを通じてゲームアプリも購入することが可能となったことから、必要性が薄れ、廃止された。マイクロソフトはこれまでのWindowsに搭載されていたゲームアプリの代替としてWindows Storeでの「ピンボール」「マインスイーパー」などのアプリを無料で配布している。従来のバージョンとはまったく異なる仕様となっている。ただし、ゲームエクスプローラーは残されている。
Windows DVDメーカー
標準ではDVD作成ができなくなったが、サードパーティー製のアプリを使えば、作成は可能である。
詳細ブートオプション
Windowsが起動しなくなった場合、「F8」キーを押して「詳細ブートオプション」を呼んでいたが、Windows起動時の処理の高速化などに伴い、オプションメニューは問題発生時に自動的に表示されるようになった。
起動音
これまでのWindowsではWindows起動時に起動音が鳴るのが標準設定であったが、Windows起動高速化などに伴い標準で鳴らない設定になっている。また、ログオンやログオフ、シャットダウンなどの効果音は廃止されたが、効果音ファイルは残っている。これは、Windowsでは初めての変更である。
Windows テーマ

Vistaから7まではテーマによって効果音は違う。しかし、8以降は別のテーマ用の効果音が廃止されており、テーマが違っても同じ効果音。

Windows 8.1[編集]

Windows 8.1
Microsoft Windows ファミリー
Windows 8 logo and wordmark.svg
開発者
マイクロソフト
ウェブサイト windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/meet
リリース情報
最新版 6.3 (Build 9600) (2013年10月18日) [info]
ソースモデル プロプライエタリ
ライセンス マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項
カーネル ハイブリッド
対応プラットフォーム IA-32, x64, ARM
サポート状態
メインストリーム フェーズ
メインストリーム サポート終了日:2018年1月9日
延長サポート終了日:2023年1月10日[40]

Windows 8.1(ウィンドウズ エイト ポイント ワン)はマイクロソフトが2013年10月18日より(日本では同年10月17日の20:00より)提供するオペレーティングシステム。コードネームは「Windows Blue」。Windows 8の改良版として、現在既にWindows 8を利用しているユーザーはWindows Storeを通じて無償でアップデートすることができる。内部バージョンは6.3[41]

マイクロソフトは同年3月26日に開発を公式に認め、5月8日にはパブリックプレビュー版が6月26日から28日にかけて開催されるBUILD 2013カンファレンスで公開されることを明らかにし、正式リリース時期を公式ブログで明らかにした[42][43]。5月14日に開催されたJ.P.モルガンテクノロジー主催のカンファレンスでTami Rellerによって正式名称が「Windows 8.1」に決定したことが明らかになった[44]

5月30日には新機能の一部詳細が明らかにされた[45]

6月26日にストアを通じて、プレビュー版のダウンロードが開始された[46]。6月28日にはプレビュー版のISOイメージファイルも公開された[47]

先述の通り、現在Windows 8を利用しているユーザーはWindowsストアから無償でバージョンアップが可能だが、現在Windows 7、およびVista、XPを利用しているユーザーの場合は有償のリテールパッケージ(今回はクリーンインストール版のみ提供)が必要である。

Windows 8.1 のライフサイクルポリシーは Windows 8 と同一の下で設定されており、Windows 8 のユーザーがこのポリシーに基づくサポートを受けるためには、Windows 8.1 へ正式提供から2年以内にアップグレードする必要がある[40][48]。このライフサイクルポリシーの形態は、以前の Windows 向けにサービスパックがリリースされた際にも適用されている[49]

サポート ライフサイクル ポリシー等の観点から、Windows 8 に対する Windows 8.1 の扱いは以前の Windows におけるサービスパックに近いものであるが[50]、既存のサービスパックでのバグフィクスの範囲を超えた数多くの修正が含まれている[51]。マイクロソフトは「Windows 8.1はサービスパックではなく、全く新しいWindows」[52]であると主張している。

Windows 8.1 には、WDDM 1.3の採用や[53]DirectX 11.2の採用[54][55]、UIの改善、設定の引継ぎが可能なOSの変更など、OSの仕様を変更する修正が多く含まれる。

新機能および変更点[編集]

スタートボタン
Windows 8で廃止されたスタートボタンだが、ユーザーからの意見を反映して復活した。機能は7までのスタートボタンとは異なり、スタート画面(モダンUIのタイル画面)を表示するためのボタンである。なお、設定を変更すればタイル画面の代わりにデスクトップアプリケーションを先頭に表示する「アプリ」ビューを表示させることもでき、Windows 7 までのスタートボタンの機能に近づけることができる。
また、スタートボタン(Windows logo - 2012.svgマーク)を右クリックをするとWindows 8には無かったシャットダウン・スリープ・再起動などをさせる項目が表示される。
スタート画面
デスクトップと同じ壁紙を設定することが可能。また、起動(ログイン)完了後に表示される画面を直接デスクトップUIに設定することができるようになる[56]
ライブタイルのサイズの選択肢がWindows 8の2段階から4段階に増加。また、タイルを誤って移動させてしまうことを防止するため、タイルの移動方法も変更されている。
アプリの一括アンインストールが可能となる。
スタート画面を下から上方向にスワイプすることで、アプリの一覧が表示される。マウスの場合は、下部の矢印をクリックすることで表示される。
アプリの新規インストール時に、タイルがスタート画面に自動追加されなくなる。また、新しくアプリをインストールすると「新規」と表示される。
エクスプローラー
「コンピューター」の名称が「PC」へ変更。英語版では「This PC」。ライブラリと統合されている。
ロックスクリーン
ロック画面からSkypeの呼び出しやカメラの起動が可能となる。
より多くのカラー壁紙、壁紙が設定可能で、デスクトップの壁紙も設定可能。フォトフレーム機能も搭載。
ソフトウェアキーボード
Windows 8では非対応だったフリック入力に対応する。ただし、サードパーティ製のIMEからは利用することはできない[57]
クライアントHyper-V
従来のクライアントHyper-Vに対し、今回はコピー&ペースト、オーディオ再生/録音、USBデバイスの各サポートなど、ホスト - ゲスト間の連携機能に対応しており、Windows 7の上位エディション(Professional、およびEnterprise、Ultimate)に搭載されていたVirtual PCの機能とほぼ同等になり、使い勝手が向上した[58]
検索チャーム
改良されて、パソコン内の「ファイル」(SkyDrive内も含む)・「設定」・「Web上の画像」・「Web上の動画」を検索チャームからまとめて検索できるようになった。
検索結果は、カテゴリ別、または検出場所別に分類される。
設定、その他
Windows 8ではコントロールパネルでしかできない設定がPC設定アプリから可能となる。
3Dプリンタの利用が標準でサポートされる。
Windows エクスペリエンス インデックスのGUIの廃止。ただしスタートボタンを右クリックし、「コマンドプロンプト (管理者)」を選択し、コマンドラインでwinsat.exe formalを実行すればWindows エクスペリエンス インデックスを測定できる[59]
タスクバーの透過効果がやや高められ、Windows 7のそれに近い感じになっている。
日本語フォントとして、字游工房より游ゴシック游明朝が追加された。
Windows 8ではWindowsストアで有料のアプリを購入する際にクレジットカード、またはペイパル(PayPal)の決済アカウントによるポストペイド決済が必要だったが、Windows 8.1ではそれらの決済に加え、新たにWindowsストア専用プリペイドカード「Windowsストアギフトカード」(2000円分・5000円分の計2種類)によるプリペイド決済が可能となった[60]
Internet Explorer 11
より高速化。タブ同期機能の他いくつかの新機能が搭載される。タッチパフォーマンスの改善。モダンUIの「IE11」では、アドレスバーを常時表示可能。
Windows ストア
ユーザーにアプリをリコメンドする機能が追加された。アプリのアップデートは、バックグラウンドで自動的に実行される[61]
Skype
「メッセージング」を置き換える形で標準搭載される[62]
SkyDrive(One Drive)
本バージョンよりOSに統合されており、ローカル同期の対応や同期設定の柔軟性が増すなどのメリットがある一方で、OSのログインアカウントとSkyDriveのアカウントが分離できなくなる、同期フォルダーを変更できないなど、デメリットが指摘されている[63]

Windows 8.1 Update[編集]

Windows 8.1 Updateとは、2014年4月2日(アメリカ時間)にサンフランシスコで開催されたBUILD 2014で発表されたWindows 8.1の大型アップデートのことである。同日、MSDNサブスクリプション会員向けに先行公開・提供された。一般公開・提供は、米国時間2014年4月8日になる(日本時間4月9日)[64]。このアップデートで内部バージョンの番号に変化はない。

Windows 8.1を既に導入済みのユーザーはWindows Updateを通じて適用できる。なお、マイクロソフトは本アップデートプログラムの適用期限を2014年6月10日と定めている。それ以降アップデートを適用していない場合は、今後のセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるので注意が必要である。期限後でもアップデートすれば今後の更新プログラムは適用できるようになる。

また、2014年5月からは適用済みのDSP版の販売も始まり、購入することで新規にインストールした時点でWindows 8.1 Updateが導入された環境をつくることができる[65]

また、今後は順次アップデートで機能を追加する予定であるため、大型アップデートは行わないことを明らかにしている。

変更点[編集]

  • スタート画面
    • スタート画面右上には「電源ボタン」と「検索ボタン」が表示される。(この2つのボタンはチャームにある「電源」と「検索」と同じ機能である。)
    • マウスで右クリックをすると、デスクトップ同様にコンテキストメニューが表示され、それで操作できる。
  • ストアアプリ
    • マウスカーソルを上部に移動すると、デスクトップアプリケーションのようにタイトルバーが現れ、タイトルバーには「最小化」「閉じる」ボタンがある。
    • すべてのストアアプリは、タスクバーへのピン止めが可能になった。(タスクバーのアイコンから直接起動できる)
    • ストアアプリ(Modern UIアプリケーション)でもWindows Aeroのシェル操作の一部(ライブサブネイル・フェードアニメーション)が有効化された。 
  • SkyDrive
  • ブート
    • 起動時にタッチパネルであるかどうかを判断し、無ければデスクトップを、あればスタート画面を表示する。(変更も可能)
  • Windows イメージ ファイル ブート (WIMBoot)
    • リカバリ用イメージを展開する代わりに小さなポインターファイルを使用することでストレージフットプリントを抑える。
  • システム要件の緩和
    • このアップデートでカーネルがよりスリムになり、1GBのメモリや16GBのストレージで動作する。
  • Internet Explorer
    • 今回のアップデートでIE11には、企業向けに「Enterprise Mode」という機能が付け足された。この「Enterprise Mode」は、IE8など古いIE用に作られたサイトを表示/利用するための機能である。

リリース前に流出[編集]

実は、スクリーンショットがマイクロソフトの正式発表前にネット上で流出していた。[66]
また、このアップデートは公開前に簡単なレジストリ操作でダウンロードできる時期もあった。これは、マイクロソフトが間違ってサーバーからダウンロード可能な状態にしていたからである。[67]

システム要件[編集]

Windows 8のシステム要件は、Windows 7とほぼ同じであり、Windows 7が動いているPCであれば基本的に動作する[68]

Windows 8最小ハードウェア仕様要求
32 ビット 64 ビット
プロセッサー 1.0 GHz 以上
物理メモリー 1 GB 以上 2 GB 以上
(Windows 8.1 Update 適用済では1 GB 以上)
グラフィック WDDM 1.0 以上の対応ドライバが提供されている DirectX 9.0 以上の GPU
HDD 空き容量 16 GB 以上 20 GB 以上
(Windows 8.1 Update 適用済では16 GB 以上)
その他
  • PAENXSSE2 をサポートするプロセッサーである事
  • Windows 8.1 より 64 ビット版は CMPXCHG16b、PrefetchW、LAHF/SAHF 命令をサポートするプロセッサーである事[69][70]
特定の機能を使用するための追加条件
  • タッチ操作を使う場合は、対応するタブレット機またはマルチタッチに対応しているモニターが必要。
  • Windows Storeへのアクセス、および「アプリ」を実行するにはインターネット接続と1024×768以上の画面解像度が必要[71]
  • アプリをスナップする場合は、1366 x 768 以上の画面解像度[72]。Windows 8.1より撤廃。
  • セキュア ブートを有効にする場合は、UEFI v2.3.1 Errata B 以降をサポートし、UEFI 署名データベースに Microsoft Windows 証明機関が含まれているファームウェアが必要。
  • クライアント Hyper-V を有効にするには、Second Level Address Translation 機能を持つプロセッサーが必要。

Windows 8.1 August Update[編集]

2014年8月にリリースされたが、インストール後にブルースクリーンになってしまう不具合が多数報告され、更新プログラムの提供も停止された。

提供形態[編集]

Windows 8 では、新規インストール向けのリテール版が廃止され、DSP版でのバンドル販売の制限がなくなるなど、Windows 7 から提供形態が大きく変化した。

Windows 8.1 では更に方針を転換し、アップグレード版が廃止された。これによりDSP版を加えて[73]、全てのバージョンがダウンロード、またはパッケージ(リテール/DSP)版のフルバージョン・ソフトウェアとして提供されることになった[74]

エディション[編集]

Windows 7の8種類から、さらにエディションが整理されて4種類となった。一般向けのエディションは単に「Windows 8」とよばれるものと、その上位版の「Windows 8 Pro」である。共に32ビット・64ビット版が提供される[75]。2013年1月31日までは、安価で購入することができ、Proパッケージ版(アップグレード)が5,800円(消費税別)、Proダウンロード版(アップグレード)が3,300円(消費税別)である。Microsoft Storeでは、Pro、およびPro Packがいずれも5,800円(消費税別)であった[76]。プロダクトキーは32ビット・64ビット版共通であるので、プロダクトキーを購入した後、どちらかを自由に選ぶことができる。

Windows 8(無印)
一般向けのエディションであり、Windows 8の基本的な機能をすべて搭載している。他のエディションと区別するときには「無印」、「Core Edition[77]」と呼ばれる。Windows 7の「Starter」「Home Basic」「Home Premium」エディションに相当する。なお、マイクロソフトの公式ウェブサイトによると、このエディションは発売当初から2013年1月31日まではDSP版、および特定のタブレットとメーカー製パソコンにプレインストールされた状態でのみ入手可能となっていたが、2013年2月1日より、Windows XPの「Home Edition SP3」およびWindows Vistaの「Basic」「Home Premium」、Windows 7の「Starter」「Home Basic」「Home Premium」の各ユーザーを対象とした同エディションのアップグレード版が提供された(後述参照)。
Pro(プロ)
一般向けの上位版およびビジネス向けのエディション。一般向けのエディションに搭載されている機能のほか、ビジネス用途の機能(Active Directoryへの参加、リモートデスクトップホスト、ファイルの暗号化など)が搭載されている。「Windows Media Center」は別途、追加で搭載できる。Windows 7の「Professional」「Ultimate」エディションに相当する。発売当初から2013年1月31日まで実施されていたWindows 8優待アップグレードキャンペーンではこのエディションが安価で提供されていた。Windows 7の場合Windows XP Modeを使用するにはProfessional、Enterprise、Ultimateを購入する必要があり、それを目的とするユーザー層が顧客となったが、Windows XP Modeが使えないWindows 8の場合、Proを購入する利点は低くなる。
Enterprise(エンタープライズ)
従来通りボリュームライセンス契約者にのみ提供される。企業向けのエディションで、Windows 8の最上位エディション。Windows To Go, DirectAccess, BranchCache, AppLocker, Services for NFS等のEnterpriseのみの付加機能がある。Windows 7の「Enterprise」エディションに相当する。
with Bing
2014年5月に発表されたOEM出荷元でのInternet Explorerの検索エンジンをBingから変更することを禁止する代わりに安価または9インチ未満のデバイスに無償での提供を行うプリインストール専用エディション。ユーザーが後から検索エンジンを変更、または別のブラウザをインストールすることは可能。それ以外は無印に準ずる。
Windows RT
ARMアーキテクチャのタブレットなどの端末向けのWindows 8であり、単体では販売されない。Windowsに含まれるいくつかのアプリケーションを除き、デスクトップアプリケーションが動作しないなど大きな相違がある。
単に「タブレット向け」と説明される場合もあるが、インテル製チップやインテル互換チップを採用したタブレットにはx86またはx64版Windows 8が搭載される。
Windows 8(無印) Pro Enterprise Windows RT
供給方法 一般向け 一般・企業向け ボリュームライセンス ARMタブレット端末
32ビット / 64ビット 32/64ビット 32/64ビット 32/64ビット 32ビット
CPUソケット 1 2 2 1
最大物理メモリ容量 (RAM)(64ビット[78] 128 GB 512 GB 512 GB N/A
最大物理メモリ容量 (RAM)(32ビット[78] 4 GB 4 GB 4 GB 4 GB
Windows 7 Starter, Home Basic, Home Premiumからのアップグレード 対応 対応 非対応 存在しない
Windows 7 Professional, Ultimateからのアップグレード 非対応 対応 非対応 存在しない
スタート画面・ズーム・Live Tiles 対応 対応 対応 対応
Windows Store 対応 対応 対応 対応
プレインストールアプリ 対応 対応 対応 対応
Internet Explorer 10 搭載 搭載 搭載 搭載
Microsoft アカウント 対応 対応 対応 対応
デスクトップ 対応 対応 対応 対応
Windows Defender 搭載 搭載 搭載 搭載
スマートスクリーン 対応 対応 対応 対応
システム言語の変更 対応 対応 対応 対応
Windows Media Player 搭載 搭載 搭載 非搭載
ファイル履歴 対応 対応 対応 対応
ISO・VHDマウント 対応 対応 対応 対応
リモートデスクトップ(クライアント) 対応 対応 対応 対応
ピクチャパスワード 対応 対応 対応 対応
PCリセット・リフレッシュ 対応 対応 対応 対応
スナップ 対応 対応 対応 対応
タッチキーボード 搭載 搭載 搭載 搭載
BitLocker and BitLocker To Go 非搭載 搭載 搭載 非搭載
Windows To Go 非対応 非対応 対応 非対応
VHDからのブート 非対応 対応 対応 非対応
クライアント Hyper-V(64ビット) 非搭載 搭載 搭載 非搭載
リモートデスクトップ(サーバー) 非対応 対応 対応 非対応
Office Home and Student 2013 RT[79] 非搭載 非搭載 非搭載 搭載
Services for NFS 非対応 非対応 対応 非対応

パッケージ[編集]

Windows 8のパッケージのデザインは、WindowsロゴにLayers、Liquid、Swim、Garden、Sonntagの5種類の模様が描かれたものとなっている。

インストール[編集]

Windows 8
前述の通り、Windows 8 において、フルインストール・リテールパッケージは提供されない。新規インストールには DSP 版が必要であった。
2012年10月11日より Windows 8 DSP版の予約受け付けが行われた[80]。価格は無印が10,800円で、Proが14,980円であり、Windows 7より価格が引き下げられている。「DSP版 Windows 8 Pro 発売記念パック」も数量限定で発売され、Windowsロゴ入り「Microsoft Wedge Touch Mouse」とWindows 8の萌えキャラ、窓辺ゆう&窓辺あいオリジナルテーマパックやボイスなどが入っている。こちらの価格は19,980円。
Windows 8 / Windows 8 Pro アップグレード版は、リテールパッケージ又はダウンロード販売を通して提供された。
Starterエディション以外のWindows 7からは、ファイルや設定、ソフトウェアを保持したままWindows 8へアップグレードが可能であった。Windows Vista(SP1以降)ではファイルや設定が、Windows XP (SP3) ではファイルのみを保持したままアップグレードが可能であった。
Windows 8.1
前述の通り、Windows 8.1 では方針を転換し、DSP 版に加えてアップグレード及びフルインストールが可能なリテールパッケージが提供されている[74]
2013年10月4日より Windows 8.1 DSP 版の予約受付が行われ[81]、同月18日にリテール版等とともに販売を開始した[82][73]
Windows 8.1 のアップグレードパッケージは存在せず、リテールパッケージ又はダウンロード販売を通して提供される、フルインストール版が利用できる。
設定及びアプリケーションの引継ぎは Windows 8 からのアップグレードのみサポートされる。Windows 7 からのアップグレードでは、全てのファイルが引き継がれる。
Windows Vista/XP からのアップグレードでは、クリーンインストールのみサポートされ、ファイルも引き継がれない。マイクロソフトは、この理由を「Windows 8.1はWindows XPまたはWindows Vistaが動作しているデバイスにインストールするように設計されていない[74]ためと説明している。

Windows 8 アップグレード優待プログラム[編集]

2012年6月2日から2013年1月末の間、Windows 7 以前の Windows 保有者向けに、優待価格による Windows 8 Pro へのアップグレードキャンペーンが行われていた。

パッケージ購入
アップグレード版のDVDパッケージを店舗で購入する場合、上記のキャンペーン期間中に限り、69.99ドル(同6,090円)で購入可能であった。
ダウンロード購入
ダウンロード販売による優待プログラムは、2月2日(日本時間 8時頃)まで続けられた。
Windows 7 優待プログラム対象PC
優待プログラム対象の Windows 7 PC(店舗販売、BTO問わず)を購入した人が対象で、Windows 8正式リリース後に 1,200 円で Windows 8 Pro アップグレード版のダウンロード購入ができた[83][84]
旧バージョンからのアップグレード
前述のWindows 7機を購入した人を対象とした優待プログラムとは別に、旧版の Windows 利用者向けの優待プログラムが2013年1月末まで実施された。アップグレードインストール用のProエディションを39.99ドル(日本版は3,300円)でダウンロード購入ができた[85]

ダウングレード[編集]

Windows 8 Pro / 8.1 Pro のOEM版および、Enterprise を含むボリュームライセンス版 に限り、旧バージョンへのダウングレードが認められる[86][87]

  • OEM(メーカー製PCのプリインストール)版の Windows 8 Pro / 8.1 Pro
    Windows 7 Professional、Windows Vista Businessにダウングレード可能。
  • ボリュームライセンスプログラムの Windows 8 Pro / 8.1 Pro および Windows 8 Enterprise / 8.1 Enterprise
    Windows 95までダウングレード可能(Windows Meは不可)。

いずれもライセンス上の話であり、行使するには旧OSのインストールメディアを別途用意する必要がある。なおボリュームライセンス版のXP以降については認証方法が通常の製品とは異なっており、専用のインストールメディアとプロダクトキーが用意されている。

2014年3月時点では、法人向けの大手PCメーカー製(NECデルレノボ富士通東芝等)の一部機種でダウングレード権を適用してWindows 7 Professional(主に32ビット版)を初期インストールしたPCが発売されている。

評価版[編集]

マイクロソフトは、アプリケーション開発者による動作テストや導入評価を目的とした評価版を提供している。当初は「Windows 8 Enterprise 評価版」の配布が行われていたが、Windows 8.1 提供開始後である2013年11月現在、「Windows 8.1 Enterprise 評価版」の配布が行われている[88]

評価版は、インストール後10日以内にライセンス認証を行う必要があり、90日間の有効期限が設定されている。また、製品版へのアップグレードパスが提供されず[88]、アンインストールも不可能なため、評価版環境への製品版のインストールにあたっては、クリーンインストールを行う必要がある[88]

上記に加えて、いかなる障害が発生してもマイクロソフトによるサポート等がないことから、いかなるエラーが出ても自力で直せる人以外はテスト用のパソコンや仮想ソフト(例・Windows Virtual PCVMware WorkstationVMware PlayerVirtualBox等)を利用し、通常使うパソコンにはインストールしないことを推奨している。[要出典]

影響[編集]

発売後の評価[編集]

  • NHKなど各メディアでWindows 8の報道がされた際、タッチ操作をアピールしすぎたために、Windows 8をインストールするとどのパソコンでもタッチ操作ができるようになるのかと勘違いし、Windows 8購入者から「タッチ操作ができない」といった苦情があがり、Twitterで話題となった[89]
  • 米国のユーザーインターフェース (UI) の専門家のヤコブ・ニールセンが、Windows 8のUIは初心者へも、パワーユーザーにもよくないと批判している[90]
    • UIの大幅な変更については、実際にエンドユーザからも不評の声がブログBBSなどインターネットコミュニティ上に多く発表され、Windows XPなど以前のバージョン機から、タッチ対応ではない従来型ハードウェアのWindows 8機に買い替えた(あるいは前述のXPなどからのアップグレードキャンペーンでWindows 8のパッケージやダウンロード購入した)人の多くが、操作性を以前のバージョンに近づけるため、ログイン後に初期タイル画面から自動的にデスクトップ画面に切り替え、かつデスクトップ上に従来のスタートボタンを表示させるソフトをインストールして対応しているなどの声が多く挙がっている。さらに、デスクトップ画面とスタート画面を統一させたのではなく共存させたために、旧来のWindowsユーザーからは扱いにくいという声が上がっている。しかしその一方でシステムの起動(ブートアップ)、およびシャットダウン、アプリケーションの動作のパフォーマンスなどの点に関しては概ね評価されている[要出典]
  • 対応するソフトがあまり多くないという意見がある。前述のUIなどの投入に伴うシステム構造の変更が災いし、64ビット版はともかく、32ビット版であっても初めからこの8に対応したソフト以外の物を互換モードで動かしてもうまくいかないことがある。特に他の情報端末のデバイスが8に対応しておらず、ネット上で「パソコンを買い替えたらプリンターデバイスが対応していなかった」などの悩みの声も飛び交っている。
  • さらにこのOSの動作スペックが高いことも災いし、Windows XPからこのWindows 8に乗り換えようとしてもパソコンのスペックが足りないなどの難点も一部から指摘されている。
  • 2011年に発生した東日本大震災によって被害を受けた東北地方及び関東地方の企業や自治体の中には乗り換えがままならない地点が多数存在する。理由は被災して使用不能になったコンピュータより重要な装置の復旧や建物の耐震工事に費用を割かれてコンピュータの更新費用が捻出できないためであり、判断に苦慮する自治体や企業も多い。一例として千葉県佐倉市では、校舎の耐震改造に費用を捻出しなくてはならないために市内の小中学校に残る約1000台余りのXPのコンピュータを更新できない状況に陥っている[91]
  • また、同社の日本法人である日本マイクロソフトは法人向けパソコンのWindows XPからの乗り換えにもこのWindows 8を推奨してキャンペーンを繰り広げているが、現場からは「ソフトが対応しない(動かない)」「パソコンそのものを買い替える必要がある」「(特に中高年層の)ベテラン社員にとってWindows 95から続いてきた操作感覚の大幅変更はIT環境の整備には大きな痛手」「パソコンをすべてタッチパネルで扱うことに社員が慣れない」などの意見が上がっており、Windows 8よりもより操作性が以前の物に近いWindows 7を選択する企業も少なくない。

Windows 8 発売後の Windows 7 の併売[編集]

2014年1月からはWindows 7もWindows 8と同様にパーツとのセットでない新たなDSP版という形での販売が始まり[92]、前年に出荷の終了したリテールパッケージ版Windows 7[93]に代わって、引き続きWindows 7は単体購入が可能となった。

ただしOEM版については販売は継続してはいるものの、利用者側での選択の余地が限られるため、新規にOS付きPCを購入する場合にのみ問題となりうる。少なくとも2013年5月時点で、家電量販店アマゾンなどの通信販売業者といった一般流通ルートで市販されている新品PCのほとんどすべてはWindows 8プリインストール機に切り替わっている。そのため、新品のWindows 7機の購入は旧モデルの在庫品や展示品などのアウトレット販売、大手PCメーカー製通販専売オリジナルモデル(法人向けと見られるWindows 8 ProダウングレードによるWindows 7 Professional機が一部の通販業者に流れている)を除き、直販BTOメーカや内外大手メーカの直販によるダウングレード権を適用した一部法人用機種(個人で購入できる場合もある)、一部パソコンショップやBTOメーカ(例:エプソンダイレクトマウスコンピュータードスパラユニットコム系など)によるオーダー機(当初からダウングレードの対象にならない Windows 7 Home premiumの選択が可能)のほかは、不可能である。

2014年1月、ヒューレット・パッカードは、「旺盛な需要に応えるため」に、コンシューマ向けにWindows 7をプリインストールしたPCを$150引きで販売すると発表した[94]

Windows 8 とPCマーケット[編集]

2012年から2013年にかけて、同時期のPC(デスクトップ、ラップトップ)売上は全世界で14%減少したが、この不調の原因の大きな部分はWindows 8にあり、このバージョンは「flop(ばたばたするもの、興業上の失敗)」だとする意見が業界には多い[95][96][97]

沿革[編集]

2012年10月25日、東京・秋葉原で行われたWindows 8発売前日イベント

プレビュー版[編集]

Windows Developer Preview (Build 8102)
2011年9月13日に配布開始[98]。開発者向けに配布されてきたPre-Beta版にあたる。開発者向けのプレビュー版として、インターネット経由で配布されたが、「Windows Store」がまだ利用できず、機能が少なかった。英語版のみ配布された。
Windows Consumer Preview (Build 8250)
β版に相当するConsumer Preview版は2012年2月29日(現地時間)にリリースされた[99]。これまでのWindowsでは、初めて一般向けに配布されるプレビュー版をベータ版またはパブリックベータ版と呼んできたが、Windows 8ではコンシューマープレビューと呼ばれる。「Windows Developer Preview」から10万以上の変更点を加えている。
Windows 8 Release Preview (Build 8400)
RC(リリース候補版)は「Windows 8 Release Preview」という名称で、2012年6月1日にリリースされた[100]。このプレビュー版では、プリインストールアプリが追加された他、ユーザインタフェースの変更や新機能の追加など、デスクトップを中心に改良されている。Metroスタイルは、このプレビュー版と正式版で大きな差異がない。日本語を含む14か国版が入手可能。
当時、公開直前となった5月30日に中国のサイトで中国版の「Windows 8 Release Preview (Build 8400) 」64ビット版がウェブ上に流出した。プレリリース版の配布はこれが最後となり、後に正式版(RTM版)がリリースされた。
Windows 8.1 Preview (Build 9431)
Windows 8.1 Preview は、2013年6月27日付けでリリースされた[101]。本 Preview では、スタートボタンの復活、クイック・アクセス・メニューの変更や、スタート画面の改善といった、ユーザー・インターフェース面での改善・修正が多くが行われた他[102]、Hyper-V の仮想デバイスサポートといった、機能面での改善・改良も含まれる[103]

年表[編集]

2011年
  • 1月8日 - 2011年1月8日に行われたCES2011にて、スティーブ・バルマーCEOが基調講演で、次期Windowsではスマートフォンやタブレットに搭載されている、ARMアーキテクチャをサポートすると正式に発表し、実際にARMアーキテクチャを搭載した端末でWindows 8を動かしているところも公開された。ここではWindows 8という名称は使用されなかった。
  • 5月23日 - 東京都で開催されたMicrosoft Developer Forum 2011にて、スティーブ・バルマーが “Windows 8” と発言し、“Windows 8は2012年にリリースされる” と明言した。しかし、のちにマイクロソフトがそれを否定した(ただしインテルやDELLといったメーカーはWindows 8を搭載したタブレット端末を2012年に発売するというリリースを出している)。
  • 6月1日 - All Things Digital (D9) Conferenceで、Windows 8に採用されるMetro UIのユーザインタフェースが初公開され、Windows 8が搭載されたパソコンでデモが行われた[104]。しかし、簡単な説明のみであったため、この段階では詳細は不明であった。
  • 8月17日 - Windows 8の公式ブログ「Building Windows」を開設。Windows 8の詳細情報が少しずつ明らかとなっていく。
  • 9月13日~9月16日 - Windows 8のさらなる詳細を発表する開発者向け会議、「『BUILD』カンファレンス」を開催。このイベントは今まで “PDC” と呼ばれていたものである。それと同時に初のWindows 8プレリリース版、Windows Developer Preview (Build 8102) が公開された。32ビット版と64ビット版および、次期バージョンのVisual Studio 11などを含むデベロッパーツールが搭載されたデベロッパー向けではあるものの、誰でも入手可能であり、アクティベーションも必要ない。日本では14日正午にダウンロード可能となった(ただし、配信されているのは英語のみだが、非公式の日本語言語パックが出回っている。しかし、メトロUIは英語のままで、デスクトップの一部しか日本語化されない)。Developer Previewは24時間で50万回ダウンロードされた。
  • 12月6日 - Windows 8向けアプリストア、「Windows Store」の詳細を発表。Windows Developer Previewのダウンロード数が300万回を突破したことも発表され、Windows 8のパブリックベータ版が2012年2月後半にリリースされることも明らかにされた。
2012年
  • 2月9日 - 一般向けのプレビューとなるWindows Consumer Previewに関するイベントを開催することが明らかとなる。
  • 2月29日 - 現地時間2月29日午後3時(日本時間午後11時)から行われたイベントで、これまでのパブリックベータ版にあたる一般向けのプレリリース版、「Windows Consumer Preview (Build 8250)」が公開された。Windows 7のようにWindows Live IDも必要なく、誰でもダウンロード可能で32ビット版と64ビット版のISOイメージ版とウェブインストーラー版の2種類あり、日本語版を含む5か国で配信。Visual Studio 11 Beta版も同時に公開された。Windows Storeも開設された。
  • 4月17日 - 正式名称が「Windows 8」に決定し、エディション構成 (SKU) が発表された[105]
  • 4月24日 - 東京都で開催された開発者向けイベントでこれまでのリリース候補版 (RC) にあたる「Windows 8 Release Preview」が6月第1週に公開されることが、スティーブン・シノフスキーによって明らかにされた。日本で初めてWindows 8の最新情報が明かされた。
  • 5月21日 - 東京渋谷区のホテルで開催されたパートナー向けのイベント「Windows Partner Executive Summit」でスティーブ・バルマーが講演を行った。Windows 8は2012年後半に出荷することを明らかにした。マイクロソフトは、Windows 8で「再創造の1年であり、チャンスの1年」にしたいとしている。ほかにも、Windows 8のデモが行われた。また、Windows 8 Release Previewが6月第1週に公開されることを改めて述べた。「パートナーとともに25年以上、Windowsで努力してきた。Windows 8では再創造を期待しており、これからの25年もお付き合いいただければ」と、スティーブ・バルマーは述べた[106]
  • 6月1日 - 「Windows 8 Release Preview (Build 8400)」が公開された。日本語版を含む14か国版がダウンロード可能。ほかにも、「Visual Studio 2012 RC」なども配布された。「Windows 8 優待購入プログラム」を発表。6月2日より開始となる。
  • 7月3日 - Windows 8 Proエディションに低価格でアップグレードが可能なキャンペーンを発表。
  • 7月9日 - WPC2012にてWindows 8の完成 (RTM) は8月第1週、製品版の発売は10月下旬になることを発表。
  • 7月12日 - Windows VistaやWindows 7のサイドバーおよびガジェットに脆弱性が発見されたが、パッチを提供せず、ガジェットを無効化するツールが配布された。これと同時に、IT情報サイト「THE VERGE」がWindows 8の最新ビルドからはデスクトップガジェットが廃止されていることを明らかにした。
  • 7月19日 - Windows 8の発売日が10月26日に決定された。オンライン・パッケージでの販売となり、アップグレードも可能となる。また、Windows RTが搭載されたタブレットPC「Surface」もこの日に発表となる。
  • 8月1日 - 開発が完了したことを発表。ビルドナンバーは9200とされている。
  • 8月15日 - MSDNおよびTechNet加入者への提供を開始。同時に、Windows 8 Enterpriseの90日間無料体験版も配布された。
  • 8月16日 - SA加入者にEnterpriseエディションを提供開始。
  • 8月20日 - MAPS加入者にProfessionalエディションを提供開始。
  • 9月1日 - SA未加入者ボリュームライセンスユーザーにEnterpriseエディションを提供開始。
  • 9月下旬~10月 - 各PCメーカーからWindows 8搭載のデスクトップ・タブレットPCが発表される
  • 10月12日 - AmazonなどでDSP版の予約受け付けが開始された。価格も明らかとなる。Microsoft オンラインストアでも予約の受け付けが開始された[107]
  • 10月25日 - 都内にある「ベルサール秋葉原店」にて18時よりWindows 8「前夜祭」が開催された[108]。参加料は無料。Windows 8のCM曲にも起用されたガールズバンドSCANDALを含む、何人かの有名人による、スペシャルライブやトークショーなども行われた。Windows 8の発売に合わせ、Windows.comのページも刷新され、Windows 8のスタイルが採用されたデザインとなっている。また、Windows 8の詳しい情報なども掲載された。
  • 10月26日 - Windows 8が一般に販売開始される。Windows.comでもダウンロード販売が開始。日本では、午前0時より発売が開始された。Windows Storeが正式にオープンした。
2013年
  • 2月1日 - Windows XP Home Edition SP3およびWindows VistaのHome Basic / Home Premium、Windows 7のStarter / Home Basic / Home Premiumの各個人ユーザーを対象としたWindows 8(無印)のアップグレード版(13,800円。消費税別)が販売開始。これに伴いWindows 8 Proのアップグレード版、およびWindows 8(無印)がすでにインストールされたPCを対象にしたステップアップグレード「Windows 8 Pro Pack」の希望小売価格がいずれも本来の希望小売価格(前者が25,800円、後者が12,800円。いずれも消費税別)に変更となった。ただしDSP版のWindows 8(無印)、および同DSP版のWindows 8 Proはいずれも希望小売価格が据え置かれた。
  • 5月7日 - Windows 8のライセンス販売数が(全世界で)1億本を突破した事を発表[109]
  • 6月28日 - Windows 8の初のアップデート「Windows 8.1」のパブリックベータ版が配布開始。
  • 9月9日 - Windows 8.1 RTM版を開発者向けにリリース。
  • 10月18日 - 日本時間では10月17日20時、Windows 8.1が一般向けに正式に配布された。また、これと同時にDSP版のWindows 8.1、Windows 8.1 Pro[110]、および有償リテールパッケージ版[111]のWindows 8.1、Windows 8.1Pro、そしてWindows 8.1からWindows 8.1 Pro with Media Centerにアップグレード可能なWindows 8.1 Pro Pack(プロダクトキーのみ同梱)がそれぞれ発売開始[112][113]
2014年
  • 4月2日(現地時間、日本時間4月3日) - Build 2014で、「Windows 8.1 Update」(ウィンドウズ エイトポイントワン アップデート, KB2919355)が発表された。同日、MSDNサブスクリプション会員向けに「Windows 8.1 Update」が先行提供された。
  • 4月8日(現地時間、日本時間4月9日) - 「Windows 8.1 Update」を一般向けに正式公開、および提供開始。
  • 5月上旬 - 「Windows 8.1 Update」適用済のWindows 8.1、およびWindows 8.1 Proの各DSP版が発売開始。
  • 5月23日 - Windows 8.1 with Bing を公式発表。
  • 6月10日(現地時間、日本時間6月11日) - Windows 8.1、Windows 8.1 Proへのセキュリティ更新プログラム提供終了。ユーザーは今後セキュリティ更新プログラムを適用する場合、Windows 8.1 Updateを導入する必要がある。
2016年
  • 1月12日 - Windows 8、Windows 8 Proのサポートが終了予定。ユーザーはそれまでにWindows 8.1にアップデートする必要がある。
2018年
  • 1月9日 - メインストリームサポートが終了する予定。全エディションが延長サポートへ移行予定。
2023年
  • 1月10日 - 延長サポートが終了予定。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Windows 8 プロダクト サポート ライフサイクル
  2. ^ Windows 8.1 サポート ライフサイクル ポリシー”. Microsoft Corporation (2013年8月12日). 2013年10月27日閲覧。
  3. ^ 山田 祥平 (2012年4月11日). “【Windows 8カウントダウン】 iOSやAndroidを強く意識したWindows 8”. 2012 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. 2013-09-01 (JST)閲覧。
  4. ^ A.I./aueki(編集部) (2011年6月2日12:42). “Microsoft,開発中の新OS コードネーム“Windows 8”をプレビュー。ユーザーインタフェースを紹介するムービーも公開”. Aetas, Inc.. 2013年11月1日閲覧。
  5. ^ Akapen01 / ASCII.jpデジタル用語辞典 (2013年1月29日 (火) 03:21). “Windows 8 - 意味・説明・解説 : ASCII.jpデジタル用語辞典”. 株式会社KADOKAWA. 2013年11月1日閲覧。
  6. ^ 「Windows 8」の発売は10月26日 「Surface for Windows RT」も同日発売 - IT media ニュース
  7. ^ Upcoming Windows Milestones Shared with Partners at WPC
  8. ^ Creating the Windows 8 user experience - Bilding Windows 8
  9. ^ 「Windows 8 Consumer Preview」でウィンドウを半透明にする機能を有効にする方法 - MS&Apple情報局
  10. ^ Metro スタイルとデスクトップが共存するデザイン - Building Windows 8
  11. ^ Windows 8 UI vision mockups from 2010 - iStartedSomething
  12. ^ ピクチャ パスワードを使ってサインインする - Building Windows 8
  13. ^ Windows 開発統括部 Blog Windows 8 の キーボード ショートカット
  14. ^ IE10のMetroスタイル版はプラグインフリーでFlash非対応に - ITmediaニュース
  15. ^ Metro スタイルのブラウジングとプラグイン フリーの HTML5 - Building Windows 8
  16. ^ Windows 8 Release PreviewのIE10はFlash統合、Do Not Trackデフォルトオン - Internet Watch
  17. ^ Flash in Windows 8
  18. ^ Windows エクスプローラーの進化 - Building Windows 8
  19. ^ 改良された基本的なファイル管理機能:コピー、移動、名前の変更、削除 - Building Windows 8
  20. ^ Windows 8 のタスク マネージャー - Building Windows 8
  21. ^ Windows 8 での Windows Media Center の利用 - Building Windows 8
  22. ^ a b 山市良 (2013年9月6日). “Windows 8.1で「クライアントHyper-V」はこう改善された”. ASCII.jp × TECH / KADOKAWA CORPORATION. 2013年10月24日閲覧。
  23. ^ “Windows 8” への Hyper-V 導入 - Building Windows 8
  24. ^ ISOファイルやVHDファイルのデータにアクセスする - Building Windows 8
  25. ^ 強力な USB 3.0 サポート体制の構築 - Building Windows 8
  26. ^ Windows Update による自動更新後の再起動回数を減らす - Building Windows 8
  27. ^ セットアップのエクスペリエンスを改良する - Building Windows 8
  28. ^ Windows の起動のエクスペリエンスを再構築する - Building Windows 8
  29. ^ Windows 8では「ブルースクリーン」が「ブラックスクリーン」に?”. CNET Japan. 2011年4月27日閲覧。
  30. ^ インストール時を除く
  31. ^ Windows 8 セキュリティ機能|Microsoft.com - セーフティとセキュリティセンター
  32. ^ http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/21/news107.html
  33. ^ http://news.mynavi.jp/special/2012/windows8/048.html
  34. ^ Windows 8 で IPv6 を使って接続する|MSDN Blogs - Building Windows 8
  35. ^ 「スタート」 メニューの進化 - Building Windows 8
  36. ^ 米Microsoft、Windows 8 Consumer Previewで「スタートボタン」を廃止か - パソコン - マイナビニュース
  37. ^ 「Windows 8」の最新ビルドではデスクトップのラジオボタンなども変更 - MS&Apple情報局
  38. ^ Microsoft、「Windows 8」のユーザーインタフェースで「Aero」を廃止 - PC Online
  39. ^ Microsoft reportedly killing off desktop gadget support in Windows 8 - THE VERGE
  40. ^ a b Windows 8.1 Enterprise Preview Now Available
  41. ^ ゼロからはじめる「Windows 8.1プレビュー」 - ISOインストール編 マイナビニュース パソコン 2013年6月29日閲覧。
  42. ^ 「Windows Blue」の開発者向けパブリックプレビューは6月のBUILDで公開へ - ITmedia
  43. ^ Julie Larson-Green at the Wired Business Conference - Blogging Windows
  44. ^ Microsoft:Windows Blue to be named Windows 8.1, will be free - Neowin.net
  45. ^ Continuing the Windows 8 vision with Windows 8.1 - Blogging Windows
  46. ^ 「Windows 8.1 Preview」のダウンロード提供開始
  47. ^ Microsoft、「Windows 8.1 Preview」のISOイメージファイルを公開
  48. ^ サポート ライフサイクル検索 Microsoft サポート
  49. ^ マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル
  50. ^ 文●山口健太 編集●KONOSU (2013年10月18日). “Windows 8.1発表会で盛り上がる小型タブレットとSurfaceの不在”. 週アスPLUS / KADOKAWA CORPORATION. 2013年11月23日閲覧。
  51. ^ 中島 省吾=メディアプラネット (2013年10月31日). “スタートボタンが復活したWindows 8.1にアップデートする”. 2013年11月23日閲覧。
  52. ^ 山口 健太 (2013年7月12日). “「Windows 8.1はサービスパックではない」MS COOが基調講演、次期更新の見通しにも言及”. 2013年11月24日閲覧。
  53. ^ What's new for Windows 8.1 display drivers (WDDM 1.3) (Windows Drivers)”. Microsoft Corporation (2013年10月14日). 2013年11月3日閲覧。
  54. ^ DirectX programming (Windows)”. Microsoft Corporation (2013年10月12日). 2013年11月3日閲覧。
  55. ^ 塩田紳二 (2013年7月6日). “Microsoftの開発者向けイベント「Build 2013」で見えたWindows 8.1。「DirectX 11.2」とUI面の改良がポイントに - 4Gamer.net”. 2000-2013 Aetas, Inc.. 2013年11月3日閲覧。
  56. ^ Windows 8.1製品説明会:「Windows 8.1」は、“8”意見のフィードバックに注力──スタートボタンも、デスクトップ起動も実装 - ITmedia PC USER 2013年10月11日。
  57. ^ Windows 8.1カウントダウン「発売直前。一般公開までに知っておきたいWindows 8.1」 - PC Watch(インプレス) 2013年10月16日。
  58. ^ 山市良の「企業ユーザーはここに注目しよう!Windows 8.1の新機能」 ― 第1回 コピー&ペースト、オーディオ再生/録音、USBデバイスなどホスト-ゲスト間の連携 Windows 8.1で「クライアントHyper-V」はこう改善された - ASCII.jp(KADOKAWA) 2013年9月6日。
  59. ^ Windows 8.1で消えたマシン性能測定機能、実はある? - ASCII.jp(KADOKAWA) 2013年10月18日。
  60. ^ プリペイド式の「Windowsストアギフトカード」発売 - ASCII.jp(KADOKAWA) 2013年10月21日。
  61. ^ Windows 8.1 を提供開始
  62. ^ 柳 英俊 (2013年10月23日). “「Windows 8.1」にぴったりの「Skype」、「Skype for Windows 8.1」が正式にリリース “Windows ストア”経由でv2.2へアップデート可能 - 窓の杜”. Impress Watch Corporation. 2013年12月18日閲覧。
  63. ^ 柳 英俊 (2013年8月1日). “Windows 8.1 徹底解剖 第1回 OSに統合された“SkyDrive” より密接でスムーズな連携を実現、“もっとも身近なオンラインストレージ”に - 窓の杜”. Impress Watch Corporation. 2013年12月18日閲覧。
  64. ^ Microsoft、Windows 8.1 Updateを4月8日に公開MSDNでは本日公開。スタートメニュー復活も予定”. PC Watch (2014年4月3日). 2014年4月4日閲覧。
  65. ^ “アップデート適用済みのDSP版Windows 8.1が発売 OS単品で購入可能”. AKIBA PC Hotline!. (2014年5月4日). http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20140504_647015.html 2014年5月8日閲覧。 
  66. ^ http://taisy0.com/2014/02/28/24932.html
  67. ^ http://jp.techcrunch.com/2014/03/07/20140306purported-registry-tweak-allows-windows-8-1-users-to-snag-update-1-before-its-public-release/
  68. ^ Windows 8 Release Preview のシステム要件を教えてください。 - Windows 8 Release Preview :よく寄せられる質問
  69. ^ Windows 8 のシステム要件
  70. ^ Microsoft社のCoreinfoツールでこれらの命令のサポート状況を確認できる。
  71. ^ いわゆるネットブックでは、縦方向の解像度が足りない。
  72. ^ 2005年頃から2008年頃までのワイド画面の主流だった1280×800では、横方向の解像度が足りない。
  73. ^ a b 古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia (2013年10月21日 13時30分). “Windows 8.1発売、アキバでの評判は? (1/4) - ITmedia PC USER”. ITmedia PC USER_ / ITmedia, Inc.. 2013年11月1日閲覧。
  74. ^ a b c 青木 大我 (2013/9/18 09:57). “「Windows 8.1」はアップグレード版廃止で119.99ドルから - INTERNET Watch”. INTERNET Watch / Impress Watch Corporation, an Impress Group company.. 2013年11月1日閲覧。
  75. ^ Announcing the Windows 8 Editions - Microsoft Store
  76. ^ Announcing the Windows 8 Editions - Blogging Windows
  77. ^ http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win8/01overview/01overview_01.html
  78. ^ a b Physical Memory Limits:Windows 8”. Microsoft Developer Network (2012年10月26日). 2013年4月17日閲覧。
  79. ^ 日本国内版においては商用利用ライセンスが別途不要なOffice RT 2013が搭載されている。Windows RT 版 Office の開発”. 2014年7月17日閲覧。なぜ日本のOffice 2013のライセンス形態が特別なのか”. 2014年7月17日閲覧。
  80. ^ Windows 8の予約が開始、アップグレードとDSP版のみ - PC Watch
  81. ^ 池田憲弘,ITmedia (2013年10月04日 16時30分). “窓辺ファミリー勢ぞろいの豪華特典:DSP版Windows 8.1が予約開始、特典付きの発売記念パックも“8001本”販売 - ITmedia PC USER”. ITmedia PC USER_ / ITmedia, Inc.. 2013年11月1日閲覧。
  82. ^ 林利明 (2013年10月18日). “開封の儀「DSP版Windows 8.1 Pro発売記念パック窓辺ファミリーバージョン」 - もちろん自腹です |マイナビニュース”. Mynavi Corporation. 2013年11月1日閲覧。
  83. ^ 「Windows 8 優待購入プログラムのご案内
  84. ^ Windows 8優待購入プログラム公式サイト
  85. ^ Upgrade to Windows 8 Pro for $39.99|Blogging Windows
  86. ^ Windows 8 からダウングレードする方法”. Microsoft (2013年8月21日). 2014年1月30日閲覧。
  87. ^ Windows 8.1 および Windows RT 8.1 ボリューム ライセンス ガイド (PDF)”. Microsoft. 2014年1月30日閲覧。
  88. ^ a b c Windows 8.1 Enterprise 評価版のダウンロード”. 2013 Microsoft. 2013年11月1日閲覧。
  89. ^ ああ勘違い、「報道が悪い」の声も Windows 8入れてもタッチパネルに「変身」しません”. J-CASTニュース (2012年10月26日). 2012年10月28日閲覧。
  90. ^ CNET Japan
  91. ^ “XP”サポート終了で注意呼びかけ NHKニュース、2014年4月13日閲覧。
  92. ^ DSP版Windows 7が単品購入OKに、ただし価格は値上がり、円安で”. Impress Watch(Akiba PC Hotline!) (2014年1月11日). 2014年1月22日閲覧。
  93. ^ Windows 7の販売終了に伴うWindows 8.1の下位互換性を確認する
  94. ^ Ouch:HP brings Windows 7 'back by popular demand' 2014年1月20日 2014年1月21日閲覧
  95. ^ PC Sales Plunge Due To Windows 8:Report2013年4月10日 2014年1月21日閲覧
  96. ^ Windows 8 causes most precipitous PC decline in history2013年4月11日 2014年1月21日閲覧
  97. ^ Windows 8 takes blame for 'brutal' PC sales slide - Microsoft's new OS hurts industry as PC shipments contract 14%2013年4月11日 2014年1月21日閲覧
  98. ^ “【build Windowsレポート】 Windows 8の詳細が明らかに”. Impress PC Watch. (2011年9月15日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/20110915_477441.htm 2012年5月14日閲覧。 
  99. ^ “米MicrosoftがMWC 2012に合わせカンファレンスを開催 - 「Windows 8 Consumer Preview」をアピール”. (2012年3月1日). http://news.mynavi.jp/articles/2012/03/01/mwc06/index.html 2012年5月31日閲覧。 
  100. ^ Microsoft、「Windows 8 Release Preview」の一般提供を開始|窓の杜
  101. ^ TechTargetジャパン運営事務局 (2013年10月25日 08時00分). “ホワイトペーパー:8.1 Previewで問い直す、Windowsトレンドと今、情シスが持つべき着眼点”. ITmedia, Inc.. 2013年11月1日閲覧。
  102. ^ 打越浩幸,デジタルアドバンテージ (2013年10月17日 18時02分). “Windows 8.1クロスロード:第3回 改善されたユーザー・インターフェイス (1/2) - @IT”. @IT / ITmedia, Inc.. 2013年11月1日閲覧。
  103. ^ 打越浩幸,デジタルアドバンテージ (2013年07月11日 17時18分). “Windows 8レボリューション:第21回 Windows 8.1 Previewの機能改善点 (1/2) - @IT”. @IT / ITmedia, Inc.. 2013年11月1日閲覧。
  104. ^ 速報:マイクロソフト、Windows 8 を公開。タッチ対応の Metro UI を標準採用 - engadget日本語版
  105. ^ Microsoftの「Windows 8」、製品エディションは4つに - ITmediaニュース
  106. ^ 「今年後半にWindows 8展開」--日本でチャンスを強調するMSバルマー氏 - Cnet Japan
  107. ^ Windows 8 Pro 予約開始 - The Official Microsoft Japan Blog
  108. ^ Windows 8 発売 「前夜祭」 開催決定 ! - Microsoft At Home
  109. ^ Windows 8ライセンスの累計販売本数が1億本を突破 “Blue”は年内に実施へ ITmedia 2013年5月25日閲覧。
  110. ^ 両者共に購入する際にあたっては64ビット版、または32ビット版のいずれかを選択する必要がある。
  111. ^ Windows 8の場合はアップグレード版のみが提供されていたのに対し、Windows 8.1ではクリーンインストール版のみが提供される(これまで通り64ビット版と32ビット版の各インストール用のDVD-ROMとプロダクトキーがセットで同梱)。
  112. ^ 窓辺ファミリー勢ぞろいの豪華特典:DSP版Windows 8.1が予約開始、特典付きの発売記念パックも“8001本”販売 ITmedia PC USER 2013年10月4日。
  113. ^ 日本マイクロソフト、Windows 8.1パッケージ版を18日に発売 ~Windows 8.1は13,800円、同Proは25,800円 - PC Watch(インプレス) 2013年10月3日。

外部リンク[編集]