インクボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インクボール
対応機種 Microsoft Windows
開発元 マイクロソフト
人数 1人(シングルプレイ
対象年齢 ESRB: E
デバイス マウス/タッチパッドスタイラス
テンプレートを表示

インクボールは、一人用のコンピュータゲームである。Windows XP Tablet PC Edition及び、Windows Vistaの多くのモデルに付属している。

概要[編集]

ゲームの目的は色のついたボールを同じ色の穴に落とし点数を獲得することである。ペン(またはマウス)で線を引き、ボールを反射させて穴に導く。ボードにはブロック状の壁が配置されており、種類によってさまざまな仕掛けがある。難易度は5段階で、難易度が上がるほどボールの速度が上がり、仕掛けも複雑になる。(パズル式のステージなど。)

ルール[編集]

  • 各ボールの色によって点数が異なる。赤 200、青 400、緑 800、金色 1600。また、クリア時の残り時間も点数になる。
  • ボールが色の違う穴に入るか、残り時間がなくなるとゲーム終了となる。
  • 灰色は「中立の色」とされている。ボールが穴に入ったとき、ボールと穴のうち片方でも灰色ならば、たとえ色が合っていなくてもゲーム終了とならないが、点数は入らない。

仕掛け[編集]

  • ブロック

これにあたると、同角度で反射する。但し、斜めに当たった場合、はねかってくる。

  • ホール

同じボールの色のホールに入れなければならない。ただし、灰色の場合はどの色でもいい。

  • インクブロック

色のあるブロック。ブロックと同じだが、跳ね返る時、ボールがブロックに塗られている色になる。

  • ウィークブロック

色のあるもろいブロック。跳ね返るが、一度当たったら壊れてしまう。このなかにホールが隠れていることもある。

  • ハリー

ここをボールが通過すると、速度が速くなる。

  • キーブロック

この色が塗られているところ(ブロックのように、跳ね返らない。)は、同じいろのボールがホールに入ったら、ブロックになる。その後、さらに入ると、ブロックではなくなる。

  • タイムブロック

一定の時間で、ブロックになったり、ブロックにならなかったりする。

出典・外部サイト[編集]

関連項目[編集]