スキャンディスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スキャン ディスクとは、MS-DOS v6.2Windows 9x系に付属するディスクユーティリティプログラム。Windows NT系では、チェック ディスク等と呼ばれている。

概要[編集]

Windows 95時代から存在するディスク検査ツール。ハードディスクフロッピーディスクなどの物理ディスク内の構造をチェックし、状況によって修復を行う。ディレクトリファイルを格納する位置はクラスタと呼ばれる。クラスタ内部を検査できるため、問題のあるクラスタの早期発見やそれに伴うエラーの予防、ディスクの寿命維持が期待できる。

Windows 9x系では(初期設定では)スタートメニュー内に存在するが、Windows NT系では存在せずディスクのプロパティから選ぶ。Windows 9x系列とWindows NT系では別のプログラムである。

操作について[編集]

Windows 9x系列 (Windows 95/98/Me) の場合[編集]

  • チェック方法には短時間で検査する標準モードと、ディスク内の全クラスタを確認する完全モードの2種類がある。簡単なチェックであれば標準モードで構わないが、念のため完全モードで点検しておくと良いだろう。但し、幾分時間も掛かる。「エラーの自動修復」の項目はエラーの詳細を確認したい場合には有効で構わないが、少しでも短時間で終わらせたい場合は無効にすると良い。
  • より詳細な設定を行いたい場合は、詳細ボタン内から細かい設定ができる(ログの書き出し方や破損ファイルの始末等)。

Windows NT系列 (Windows 2000/XP/Vista等) の場合[編集]

  • 「マイコンピュータ」内に登録されているディスクを選択し、プロパティ内の項目から選択する。
  • Windows 9x系列よりも設定できる項目が制限されており、操作性も大幅に異なる。
  • エラーの自動修復や不良セクタの回復が選択肢として用意されているが、選択した場合にはそれなりに時間がかかる。

注意事項[編集]

ハードディスクが物理的に問題を起こしている可能性のある場合は、スキャンディスクを行わない方が良い。特に「修復」は機械的に行われるため、安易に実行するとデータ損失を招く可能性がある。「検査」であれば読み出し行為のみでありそれほど問題はない。問題を抱えているドライブに対して「修復」で書き込みを行う事は危険を伴う。

「修復」の前に健全なファイルは別のドライブに複製しておき、破壊されているファイルにはサードパーティー製のデータサルベージツールの使用も検討するべきである。サルベージツールは読み出しのみ行うため「修復」とは比較にならないほどに安全である。

  • 常駐プログラム(ウイルス対策ソフトスクリーンセーバー等)はできる限り停止するのが望ましい。検査中に常駐プログラムが実行された際に動作が不安定になることがある。
  • ノートパソコンは電源を接続した状態で使用する。デスクトップパソコン無停電電源装置を併用することが望ましい。
  • スキャンディスクを定期的に行う方ことで、連鎖的な論理エラー拡大を防止できる。
  • 32GBを超えるファイルシステム上でスキャンディスクを実行するとエラーが生じる環境がある。その場合はパーティションをより小さいサイズで区切る必要がある。
  • 検査時にボリュームへ排他アクセス権を取得していない場合、報告された異常は実際には問題が無い場合が多い。他のソフト(例えばOS自身を含む)のアクセスによって、スキャンディスクが想定している検査の始めと終わりの間の一貫性が壊れる為である。

コマンドラインからの実行[編集]

  • コマンドプロンプト上からのスキャンディスクも可能で、Windows 9x系列の場合はMS-DOSプロンプト上で実行するとUIのスキャンディスクが起動する。MS-DOSモード(または起動ディスクから立ち上げた場合)で実行した場合にはテキスト画面での実行となる。
  • Windows NT系列の場合もコマンドプロンプト上から行える。詳細なオプションを指定し、且つ特に起動用のディスクの場合は、次回のシステム起動途中に実行をスケジュールするために再起動が必要なことがある。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]