rmdir

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

rmdir (または rd) とは、UnixDOSOS/2またはMicrosoft Windowsオペレーティングシステムにおいて、空のディレクトリを削除するコマンドである。Unixではこのコマンドは大文字にはできないが、DOS、OS/2とWindowsではできる。通常の使用では、単に以下のように打つ。

rmdir name_of_directory

ここでname_of_directoryは削除したいディレクトリ1つの名前に対応する。Unixではこのコマンドに-pのようなオプションがあり、これはもし親ディレクトリも空なら親ディレクトリも削除する。

例として、

rmdir -p foo/bar/baz

は最初にbaz/を、その後bar/を、そして最後にfoo/を削除する。つまりコマンド引数で指定したディレクトリツリー全体を削除する。

rmdirはUNIXにおいては空ではないディレクトリを削除しない。ディレクトリとその内容すべてを再帰的に削除する正しい方法はrmコマンドを使う。例えば、

rm -r foo/bar/baz

DOSでこのコマンドと同じなのはdeltree、またはMicrosoft Windowsでは

rd /s directory_name

関連項目[編集]

参照文献[編集]

外部リンク[編集]