date (UNIX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UNIXdateコマンド

UNIXdateとは、日時を表示するコマンドである。スーパーユーザーはこのコマンドを利用してシステム時刻を設定できる。

利用法[編集]

オプションなしで実行した場合、dateコマンドは現在日時を表示する。より正確には、標準Cライブラリ関数gettimeofday()を用いて秒単位またはマイクロ秒単位[1]オペレーティングシステムが保持するシステム時刻を呼び出し、「タイムゾーン情報」(Unix系OSではtz databaseが良く使われる)を用いて設定された標準時(タイムゾーン)に変換して表示する[2]。表示の形式は、月・曜日は省略形となり、日付と月、コロン区切りの時刻、標準時、年の順番で表示される。システム時刻EDTに設定済みの上でdateコマンドを実行した例を挙げる。

$date
Fri Jul 27 14:12:06 EDT 2007

dateコマンドの実装はUnix系のバリエーションによって違いがあることには注意しておきたい。とりわけ、GNUcoreutilsをベースとするコマンドは、その他POSIX実装とはかなり異なっている。

フォーマット[編集]

dateコマンドに+で始まる以下の文字列をオプションとして与えることで表示形式(フォーマット)を変更することができる。表の通り、dateコマンドの出力結果はロケールによって変化する(混乱しないよう述べると、本稿の表において、出力結果はウィキペディアシステム時刻であり、それはUTCと一致している。また一部を除いてロケールは「日本」に設定したと仮定している)。

フォーマット指示子(フォーマット文字列は+から始まる)
指示子 記述 値/例 備考
%a 曜日(省略形。例: Sun.) ロケールによって結果は変わる
%A 曜日(完全な表記) 日曜日 ロケールによって結果は変わる
%d 日(ゼロ埋めされたdd表記) 31
%e 日(ゼロ埋めしないdd表記) 31
%j その年の経過日数(ゼロ埋め表記) 001-366
%u 月曜日を1日目とした時の1週間における経過日数(mtwtfss) 7
%w 日曜日を0日目とした時の1週間における経過日数(smtwtfs) 0
%U 日曜日を週の最初の日とみなしたときの、その年での経過週数(0から開始) 00–53
%W 月曜日を週の最初の日とみなしたときの、その年での経過週数(0から開始) 00–53
%V 月曜日を週の最初の日とみなしたときの、その年での経過週数(1から開始) 01–53
%m 月数(mm表記) 08
%h 月名 8月 ロケールによって結果は変わる
%b 月名(ロケールによっては省略系。例: Jan.) 8月 ロケールによって結果は変わる
%B 月名(%b指示子にて省略されたロケールでも、本指示子の場合は完全に表記されるが、可変長である) 8月 ロケールによって結果は変わる
%y 2桁年数(yy表記) 00–99
%Y 年数(ccyy表記) 2014
%g 2桁年数(%V指示子の週数に対応する表記)
%G 4桁年数(%V指示子の週数に対応する表記)
世紀
%C 世紀(cc表記) 00–99
日付
%D mm/dd/yy表記 08/31/14
%x mm/dd/yy表記(ただし、ロケール固有の表現) 08/31/2014
%F %Y-%m-%d 2014-08-31
%l (小文字のL) 12時間表記(ゼロ埋めせず) 10
%I (大文字のI) 12時間表記(ゼロ埋め) 10
%k 24時間表記(ゼロ埋めせず) 10
%H 24時間表記(ゼロ埋め) 10
%p AM/PM表記(ロケールによるが、大文字表記。空白をおいて「時」が表記されることが多い) AM
%P am/pm表記(ロケールによるが、小文字表記。) am
%M 分(MM表記) 39
%s 1970年1月1日0時0分0秒UTCからの秒数(UNIX時間 1409481550
%S 秒(SS表記) 00–60
(60というのは閏秒による)
%N ナノ秒 000000000–999999999
時刻
%r 時、分、秒(12時間表記) 10:39:10 AM
%R 時、分(24時間表記) hh:mm、例えば10:39
%T 時、分、秒(24時間表記) 10:39:10
%X %H:%M:%S(ロケール固有の表現)
日時
%c ロケール固有の日時表記 Sat Nov 04 12:02:33 EST 1989
標準時・タイムゾーン
%z RFC-822方式の数値表記(-zzzz) -0500
%Z 英字表記のタイムゾーン。未決ならば空白。 EST

文字出力: %n 改行      %% パーセント      %t 水平タブ

デフォルトではdateは数値フィールドをゼロ埋めする。

GNU date%と数値指定子の間にあるフィールドに対して、-(ハイフン)を置くと空白を埋めずフィールドを詰めないが、 _(アンダースコア)は空白でフィールドを埋める。この動作はBSDベースのdateコマンドには当てはまらない。

環境変数TZはタイムゾーンを指定する。ただしこの値はコマンドラインパラメータで上書きできる。TZに何も指定されていない場合、デフォルトでは/etc/localtimeの設定が利用される(詳細は記事"tz database"を参照)。

オプション[編集]

-d, -de=stringは、文字列stringに適応する日時を表示する。例えば-d two days agoならばコマンド実行時点から2日前の日時を表示する。ただし、nowは指定できない。

-e=datefileは、deで指定した文字列を記述したdatefileを一行ずつ読み込み処理する。

-s, --set=stringは、-d, -deと同様の形式の文字列stringを受け付け、時刻を設定する[注釈 1]

-nは、timed(8)ユーティリティを利用したマシンの時刻同期を行わない。デフォルトでは、timedが稼動している場合、dateコマンドはローカル・グループに含まれる全てのマシンの時刻を同一のものに設定する。-nオプションはこれを抑制する。

-uは、UTCに時刻を表示、もしくは設定する。

date [-u|--utc|--universal] [mmddHHMM[[cc]yy][[.SS]]というオプションでのみ、その出力結果はUTCを指定する適切な形式となる。

-uは、GMTに指定されたとみなす。出力結果例: Sat Feb 5 14:49:42 GMT 2005

--utc, --universalはTZを地方時の代わりにUTCに指定されたとみなす。出力結果例: Sat Feb 5 09:49:59 EST 2005

-ITIMESPEC, --iso-8601[=TIMESPEC]は、ISO 8601形式で出力する。TIMESPECには文字列hours, minutes, secondsのいずれかを指定でき、それぞれ時刻の精度を決定する。autoと指定すると時刻を表示しなくなる。

文字列を何も指定せず、ただ--iso-8601というオプションを指定した場合、 `date'コマンドのデフォルトの表示、すなわち、時刻を省略したISO 8601形式で出力する。

-R, --rfc-822は、出力をRFC-822準拠の日時文字列で出力する。例: Wed, 16 Dec 2009 15:18:11 +0100

--helpは、使用方法を表示する。

Single UNIX Specification (SUS)は、たった一つのオプション: -uのみを要求している。前述したとおり、これはタイムゾーンがあたかもUTC+0に指定したかのように日時を表示する。その他のUNIX並びにUnix系オペレーティングシステムでは追加のオプションが提供される場合もある。

実行例[編集]

date "+%m/%d/%y"
7/4/06
date "+%Y%m%d"
20060704

時刻に変数を割り当てる場合は、

START=`date '+%r'`
echo $START
03:06:02 PM
sleep 5
echo $START
03:06:02 PM

ただし、変数は時刻を割り当てた瞬間のものである。実行した瞬間ではない。

dateコマンド実行からちょうど昨日の日時を変数に割り当てる場合は、

DATE=$(date -d yesterday +"%Y%m%d")
echo $DATE
20060704

異なるタイムゾーンの時刻を表示したい場合は、環境変数TZの値を上書きする。 様々なタイムゾーンは/usr/share/zoneinfoディレクトリ以下に存在する(詳細は記事"tz database"を参照)。

OLDTZ=$TZ
export TZ=GMT; echo "GMT:               `date +\"%F %R (%Z)\"`"
GMT:               2008-10-31 12:30 (GMT)
export TZ=Europe/Stockholm; echo "Stockholm:    `date +\"%F %R (%Z)\"`"
Stockholm:    2008-10-31 13:30 (CET)
export TZ=Asia/Kuala_Lumpur; echo "Kuala Lumpur:        `date +\"%F %R (%Z)\"`"
Kuala Lumpur:        2008-10-31 20:30 (MYT)
export TZ=US/Central; echo "Dallas:             `date +\"%F %R (%Z)\"`"
Dallas:             2008-10-31 07:30 (CDT)
export TZ=$OLDTZ

その他の利用可能な時刻文字列の例。

date +"%Y%m%d" -d sunday # GNU date
20060709

date +"%Y%m%d" -d last-sunday # GNU date
20060702

date +"%Y%m%d" -d last-week # GNU date
date -v -1m +"%Y%m%d" # BSD date
20060627

date +"%Y%m%d" -d last-month # GNU date
date -v -1w +"%Y%m%d" # BSD date
20060604

date +"%Y%m%d" -d last-year # GNU date
date -v -1y +"%Y%m%d" # BSD date
20050704

date +"%Y%m%d" -d next-week # GNU date
date -v 1w +"%Y%m%d" # BSD date
20060711

date +"%Y%m%d" -d next-month # GNU date
date -v 1m +"%Y%m%d" # BSD date
20060804

date +"%Y%m%d" -d next-year # GNU date
date -v 1y +"%Y%m%d" # BSD date
20070704
date +"%Y%m%d" -d "2 days ago" # GNU date
date -v -2d +"%Y%m%d" # BSD date
20060702
date +"%Y%m%d" -d "2 months ago" # GNU date
date -v -2m +"%Y%m%d" # BSD date
20060504
date +"%Y%m%d" -d "2 years ago" # GNU date
date -v -2y +"%Y%m%d" # BSD date
20040704


UNIX時間を表示するには、

date +"%s" -d "Fri Apr 24 13:14:39 CDT 2009"
1240596879

UNIX時間から人間が可読な形式に変換するには、

date -d "UTC 1970-01-01 1240596879 secs"
Fri Apr 24 13:14:39 CDT 2009

または、

date -ud @1000000000
Sun Sep  9 01:46:40 UTC 2001

システム時刻の設定[編集]

SUSのX/Open System Interfaces(XSI)拡張仕様では、dateコマンドは、日時を設定するためにも利用可能であると指定されている。日時を変更したい場合は、dateと共に、MMddhhmm[[cc]yy]フォーマットのオプションを指定する。ここで、MMとは2桁表示での月数、ddは2桁表示での日数、hhは2桁表示での時間、mmは2桁表示での分を表す。以下は補足的に利用される。ccは年の先頭2桁、yyは年の後半2桁の数字を表す。

その他のUNIXやUnix系オペレーティングシステムでは、dateコマンドのオプションまたは日時フォーマットが異なっている可能性がある。例えば、Linuxなど幾つかのシステムでは、現在日時を2004年9月8日1時22分に設定する場合は、以下のようなコマンドラインで実行する。

date --set="20040908 01:22"

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 設定にはsettimeofday()が利用される。 Manpage of GETTIMEOFDAY”. JM Project. linuxjm.sourceforge.jp (2009年3月25日). 2011年8月12日閲覧。

出典[編集]

  1. ^ Manpage of GETTIMEOFDAY”. JM Project. linuxjm.sourceforge.jp (2009年3月25日). 2011年8月12日閲覧。
  2. ^ 大竹龍史 (2008年12月26日). “暗記に頼らずちゃんと理解 実践でも役立つLPICドリル - 第8回 Linux時刻管理の仕組みと設定”. アットマーク・アイティ. jibun.atmarkit.co.jp. 2011年8月12日閲覧。

関連項目[編集]

  • adjtimex - Linux環境下でdateとほぼ同じ用途に用いられるコマンド。ただしこちらは直接システムコールadjtimex()システム時刻を呼び出す。
  • hwclock英語版 - システム時刻だけではなくリアルタイムクロック(RTC)も操作できるコマンド。システムコールioctl()を使って/dev/rtcにアクセスし、カーネルのRTCデバイスドライバを利用してRTCにアクセスする。このコマンドを用いてシステム時刻をRTCに書き込める、またはその逆、システム時刻をRTCに同期できる。RTCは通常タイムゾーン情報を回路内に保持していない。そのためにRTCのタイムゾーンを定める設定ファイル(/etc/adjtime)が存在する。またシステム時刻のタイムゾーン情報(即ちtz database)の設定ファイルはこれと別に存在する(/etc/localtime)。これらを利用し、RTCとシステム時刻を互いに同期する場合に両者のタイムゾーンに相違が発生しないよう配慮する必要がある。
  • UNIXプログラムの一覧
  • UNIX時間、すなわち1970年1月1日0時0分0秒 UTCをエポック英語版とした経過秒。
  • timeとdate英語版
  • cronは与えられた日時に稼動するスケジューリング・ジョブを処理するデーモンである。

外部リンク[編集]