ps (UNIX)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ほとんどの UNIX 系 OS で ps(ピーエス)は現在動作しているプロセスを表示するタスクマネージャーである。

ps にはたくさんのオプションがある。UNIX や POSIX 標準をサポートするオペレーティングシステムでは、ps はよく -ef オプションを付けて使われる。ここで、"-e" はすべて (every) のプロセスを選択し、 "-f" は完全な (full) 出力フォーマットを選ぶ。このようなシステムでよく使われる他のオプションには "-l" で、長い (long) 出力フォーマットを指定する。

BSD から派生したほとんどのシステムでは POSIX や UNIX 標準オプションをとることができない。これは歴史的なオプションの衝突によるもので、例えば "e" または "-e" オプションをつけると環境変数が表示される。そのようなシステムでは、ps は非標準のオプション aux をつけてよく使われる。ここで "a" は他のユーザの端末を含む端末上のすべてのプロセスをリストし、"u" は個々のプロセスの制御ユーザなどを追加し、"x" は制御端末をもたないすべてのプロセスをリストする。これらのオプションを使うときに互換性をできるだけ高めるには、"aux" の前に "-" をつけるべきではない。

Linux の ps は両方のオプションに対応している。Solaris の /usr/bin/ps は "-ef" に対応し、/usr/ucb/ps は "aux" に対応する。

top という他の UNIX ユーティリティは実行しているプロセスをリアルタイムで表示する。

[編集]

tux ~ # ps
  PID TTY          TIME CMD
 7431 pts/0    00:00:00 su
 7434 pts/0    00:00:00 bash
18585 pts/0    00:00:00 ps

ps コマンドは、あるプロセスについてプロセス id のような情報を得るために grep コマンドと組み合わせて使うこともできる。

tux ~ # ps -A | grep firefox-bin
11778 ?        02:40:08 firefox-bin
11779 ?        00:00:00 firefox-bin

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Manpage of PS JM Project
  • The ps Command - by The Linux Information Project (LINFO)(英語)
  • ps(1) man page(SunOS リファレンスマニュアル)
  • ps(1) man page(HP-UX リファレンス)