split

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

split(スプリット)はUNIXおよびUNIX系のシステムで、ファイルを複数の小さなファイルに分割するのに使われるユーティリティである。

使用法[編集]

構文は次の通り。

split [options] [input_filename [output_filename] ]

splitのデフォルトの動作では、最大1000行までの出力ファイルを生成する。生成されるファイルのファイル名は、output_filenameaaabac といった文字列を連結したものが使われる。output_filename を指定しない場合、デフォルトのファイル名として x が使われ、例えば xaaxab といった文字列が実際のファイル名となる。このため、デフォルトでは aa から zz までの676個のファイルまで生成できる。input_filename の代わりにハイフン (-) が指定された場合、標準入力からのデータを入力とする。

ファイル群を元の1つのファイルに戻すには、cat コマンドを利用する。

cat xaa xab xac > filename

または

cat xa[a-c] > filename

オプションを指定することで、分割後の各ファイルの行数制限を指定したり、最大文字数を制限したり、サフィックス(接尾辞)の長さを指定して生成するファイル数の制限を変更できる。

外部リンク[編集]