grep

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

grep(グレップ)は、UNIXおよびUnix系オペレーティングシステムにおけるコマンド。テキストファイル中から、正規表現に一致する行を検索して出力する。

概要[編集]

grepの名の由来は、ラインエディタedのコマンド g/re/p であり、その意味するところは「ファイル全体から (global) 正規表現 (regular expression) に一致する行を表示(print)する」である。

姉妹コマンドとして、固定パターンのみを扱うfgrep (fixed grep[1])、拡張正規表現が使えるegrep (extended grep) がある。POSIX では fgrep、egrep を旧形式としていて、それぞれ grep -F、grep -E を使うことが標準とされている。 

使用法[編集]

grepコマンドの基本的な使い方は

grep オプション パターン ファイル

である。

ファイルは複数指定することができ、また省略して標準入力から検索することもできる。

オプションには次のようなものがある:

  • -i : アルファベットの大文字小文字の区別をしない。
  • -v : パターンに一致しない行を出力する。
  • -r : ファイルとしてディレクトリを指定し、その中の全てのファイルと、再帰的に下位ディレクトリに対して検索する。
  • -E : 拡張正規表現を使用する。egrep コマンドと同じ動作をする。
  • -F : 固定文字列を使用する。fgrep コマンドと同じ動作をする。

移植[編集]

テキストから文字列を検索するプログラムとして、MS-DOSWindowsに有志により多数移植されている。また、テキストから文字列を検索するプログラムのことをgrepと呼ばれることもある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SunOS 5.6(Solaris)のマニュアル・ページには、fgrep は「高速 grep(fast grep)」と説明している。