chmod

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

chmod(change mode、チェンジモード)は、UNIXおよびUNIX系オペレーティングシステムにおけるシェルコマンドの一種である。ファイルディレクトリのファイルモード(ファイルパーミッションなど)を変更するのに使われる。

歴史[編集]

chmod コマンドは、AT&T の最初の UNIXResearch Unix V1)に既に備わっており、今も UNIX 系オペレーティングシステムで使われている。

使用法[編集]

chmod コマンドのオプション形式は次の通り。

$ chmod [options] mode file1 ...

現在のパーミッション設定を見るには、次のように入力する。

$ ls -l

オプション[編集]

主なオプションとして、次のものがある。

  • -R: 再帰的にディレクトリとその配下のファイル群のモードを変更する。
  • -v: Verbose(冗長)モード。処理中の全ファイル名をリスト表示する。

文字列によるモード指定[編集]

chmod では、全パーミッションと特殊モードを mode パラメータで表現する。ファイルやディレクトリのモードを指定する1つの方法としてシンボリックモードがある。シンボリックモードは、3つの部分からなる文字列で表される。

$ chmod [references][operator][modes] file1 ...

references はクラス(ユーザ、グループ、その他)を指定するのに使われる。references が指定されない場合、全クラスを意味する。以下の文字を使って指定する。

Reference クラス 説明
u ユーザ ファイルの所有者
g グループ 所有者が属するグループ
o その他 グループ以外の全ユーザ
a 全て 上記3つ全て。ugo と指定するのと同じ

operator はモードの処理方法を指定する。

Operator 説明
+ 指定されたモードを指定されたクラスに追加する。
- 指定されたモードを指定されたクラスから削除する。
= 指定されたモードが指定されたクラスの正確な内容となる。つまり、指定されなかったモードは削除され、指定されたモードだけが付与される。

modes はモードを指定する。基本パーミッションに対応して3つの基本モードがある。

Mode 名称 説明
r リード ファイルを読み出し可能、ディレクトリ内容を参照可能
w ライト ファイルやディレクトリに書き込み可能
x 実行 ファイルを実行可能、ディレクトリに移動可能
X 特殊実行 パーミッション自体ではないが、x の代わりに使うことができる。ディレクトリについては現在のパーミッションに関係なく実行パーミッションを付与するが、ファイルについては(クラスに関係なく)現在のパーミッションで実行パーミッションが設定されている場合のみ実行パーミッションを付与する。operator が '+' で、-R オプションを使う場合のみ便利である。
s setuid/gid 後述
t sticky 後述

これら3要素で構成される文字列がシンボリックモードでのパーミッション指定として認識される。複数の変更があるときは、それらをカンマで連結して指定すればよい。

[編集]

次の例は、sample という名前のファイルまたはディレクトリについて、ユーザクラスおよびグループクラスのリードパーミッションとライトパーミッションを付与するものである。

$ chmod ug+rw sample
$ ls -ld sample
drw-rw----   2 unixguy  unixguy       96 Dec  8 12:53 sample

次の例は、全パーミッションを削除するもので、sample は読み出すことも書き込むことも実行することもできなくなる。

$ chmod a-rwx sample
$ ls -l sample
----------   2 unixguy  unixguy       96 Dec  8 12:53 sample

次の例は、ユーザおよびグループのパーミッションをリードと実行だけに設定する(ライトは不可とする)。

コマンド実行前の sample のパーミッション
$ ls -ld sample
drw-rw----   2 unixguy  unixguy       96 Dec  8 12:53 sample
$ chmod ug=rx sample
$ ls -ld sample
dr-xr-x---   2 unixguy  unixguy       96 Dec  8 12:53 sample

八進数によるモード指定[編集]

chmod コマンドは、三桁か四桁の八進数でモードを指定できる。これを絶対モード指定と呼ぶ。例えば、次のように指定する。

$ chmod 0664 sample

sample というファイルの setuidsetgidsticky ビットが設定されていない場合、これは以下と等価である。

$ chmod 664 sample

あるいは

$ chmod +r,-x,ug+w sample

特殊モード[編集]

chmod コマンドは、ファイルやディレクトリの追加パーミッション(あるいは特殊モード)も変更可能である。シンボリックモードでは ssetuidsetgid モードを表し、tsticky モードを表す。それぞれ、特定のクラスでのみ有効である。詳しくはファイルパーミッションを参照されたい。

多くのオペレーティングシステムでは絶対モードでの特殊モード指定が可能だが、一部では不可能なOSもあり、その場合はシンボリックモードでしか指定できない。

[編集]

  • chmod +r file – 全てのリードパーミッションを付与
  • chmod -x file – 全ての実行パーミッションを削除
  • chmod u=rw,go= file – 所有者にはリード/ライトパーミッションをセットし、グループおよびその他については全パーミッションを削除
  • chmod +rw file – 全てのリード/ライトパーミッションを付与
  • chmod -R u+w,go-w docs/ – ディレクトリ docs とその配下の全ファイルについて、ユーザ(所有者)にはライトパーミッションを付与し、それ以外からはライトパーミッションを削除するよう変更
  • chmod 666 file – 全てのリード/ライトパーミッションを付与
  • chmod 0755 fileu=rwx (4+2+1),go=rx (4+1 & 4+1) と等価。0 は特殊モードを指定しないことを意味する。
  • chmod 4755 file4setuid を意味する。
  • find path/ -type d -exec chmod a-x {} \; – path/ 配下の全ディレクトリについて、a-x を設定する(ファイルのみの場合は '-type f')
  • find path/ -type d -exec chmod 777 {} \; – path/ 配下の全ディレクトリについて、全パーミッションを付与する
  • chmod -R u+rwX,g-rwx,o-rwx <directory> – 所有者パーミッションはディレクトリについては rwx、ファイルについては rw を設定し、それ以外のパーミッションは --- とする。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]