ReFS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ReFS
開発者 マイクロソフト
正式名 Resilient File System
導入 2012年9月 (Windows Server 2012)
パーティション識別子 0x07 (MBR)
EBD0A0A2-B9E5-4433-
87C0-68B6B72699C7
(GPT)
構造
ディレクトリ B+木
限度
最大ファイル サイズ (実装上)256 TiB[1]
最大ファイル名長 255文字
特徴
タイムスタンプ アクセス、作成、修正、変更
日付分解能 100ナノ秒
フォーク 可能[2]
属性 読み取りのみ (R)、隠し (H)、システム (S)、アーカイブ (A)、インデックスサービス非対象 (I)、オフライン (O)、テンポラリ (T)、スクラビング非対象 (X)、整合性ストリーム (V)
パーミッション ACL
透過的圧縮 無し
透過的暗号化 無し
重複排除 無し
対応OS Windows 8.1[3]Windows Server 2012Windows Server 2012 R2
テンプレートを表示

ReFS (Resilient File System) はWindows Server 2012で導入されたファイルシステムである。開発コードはProtogon

特徴[編集]

Windows NT 3.1での導入以来長年使われてきたNTFSでは賄えなくなった要求に応えるためReFSは次の目標を掲げ設計された。

信頼性
ReFSではメタデータでは常に、ユーザーデータでは任意に(これを整合性ストリームと呼ぶ)、書き込み時割り当てCRC-64を用いたチェックサムを用いてデータ破損を防いでいる。またビット腐敗英語版やあまり読み書きされないデータが知らないうちに破損することを防ぐためにスクラブと呼ばれる冗長コピーも含む全データの読み取りを定期的に実行している。
可用性
ミラー記憶域またはパリティ記憶域[4]上で使用している時にデータ読み取り時にチェックサムミスマッチが起きた場合は自動的に冗長コピーからの読み取りを実行し修正を行う。この工程においてアプリケーションからの介入は一切必要ない。上記の冗長記憶域を使用していなかった場合、また使用していてもすべての冗長データが破損していた場合、サルベージと呼ばれる該当する破損データの削除を行い、読み取り失敗を通知する。スクラブ、自動修正、サルベージ、いずれにおいてもボリュームはオンラインのまま行われる。
拡張性
ReFSはディスクの割り当てを大、中、小、プライベートの四層に分け競合を避けている。またNTFSにおける最大ボリュームサイズ 256TB をはるかに超えるサイズのボリュームをサポートする。
互換性
ReFSはNTFSにおいてよく使われる機能をサポートし、Windows APIレベルでの互換性を保っている。

サポートされる機能[編集]

サポートされない機能[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 5 Appendix A: Product Behavior”. マイクロソフト (2013年8月8日). 2013年10月3日閲覧。
  2. ^ a b Windows Server 2012では不可
    6 Appendix B: Product Behavior”. マイクロソフト (2013年8月8日). 2013年10月3日閲覧。
  3. ^ ReFS is available on client operating systems”. マイクロソフト (2013年8月21日). 2013年10月3日閲覧。
  4. ^ Windows Server 2012では不可
    Corruptions on parity spaces”. マイクロソフト (2013年8月21日). 2013年10月3日閲覧。
  5. ^ Windows Server 2012 PreviewではサポートされていなかったがRTM版ではサポートされた。ただしWindows Server 2012では整合性ストリームと排他。
    6 Appendix B: Product Behavior”. マイクロソフト (2013年8月8日). 2013年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]