Microsoft Windows Server 2012

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows ファミリー
Windows Server 2012 logo.svg
開発者
マイクロソフト
リリース情報
リリース日 2012年09月5日(2年前) (2012-09-05 [info]
最新版 6.2 (Build 9200) (2012年09月5日(2年前) (2012-09-05 [info]
ソースモデル プロプライエタリ
ライセンス マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項
カーネル ハイブリッド カーネル
対応プラットフォーム x64
サポート状態
メインストリーム フェーズ
メインストリーム サポート終了日: 2018年1月9日
延長サポート終了日: 2023年1月10日[1]

Windows Server 2012(ウィンドウズ サーバー にせんじゅうに)は、マイクロソフトが発売しているサーバー向けオペレーティングシステムである。クライアント用オペレーティングシステムであるWindows 8のサーバー向けの位置づけであり、同社 Windows Server 2008 R2 の後継である。

概要[編集]

Windows 2000以降、初めて Itanium のサポートがない Windows Server である。開発コードネームは「Windows Server 8」だった。2011年9月9日にデベロッパープレビュー、2012年2月29日にβ版、6月1日Release Candidate が公開され、2012年夏にRTMが完成した。2012年9月5日よりボリュームライセンスの販売を開始、パッケージはWindows 8に先行し、9月26日より発売された。

新機能[編集]

ユーザーインターフェース[編集]

サーバーマネージャーが再設計され複数サーバーの管理が容易になった[2]。Windows 8 のように、Server Core モードでインストールしない限り、Modern UI が利用可能になった[3]。Windows Server 2008 R2 では 200 程度だった[4] Windows PowerShell のコマンドレット数は 2300 に増加し、自動補完もついた[4]

エディション[編集]

Windows Server 2012よりWindows 8と同様、エディション構成がシンプル化されている。

  • Windows Server 2012 Datacenter
    • 「Standard」の上位版。機能面では大きな違いはない。
  • Windows Server 2012 Standard
    • プロセッサライセンスとCALが提供され、1つのプロセッサライセンスで2基までのCPUをカバーする。
  • Windows Server 2012 Essentials
    • 中小企業向けエディション。機能を統合させるため、「Windows Home Server」の新バージョンの開発は行わず、2013年12月31日で提供を終了する。
  • Windows Server 2012 Foundation
    • OEM専用エディション。

インストールオプション[編集]

Windows Server 2008 R2 とは異なり、Windows Server 2012 は Server Core と GUI インストールを再インストールすることなく切り替えることが出来る。[5]さらに第3のインストールオプションとして Microsoft 管理コンソール (MMC) とサーバーマネージャーは走らせることができるが、Windows Explorer や他の GUI シェルなしという選択肢がある。[6]

IP アドレス管理 (IPAM)[編集]

IPアドレス管理の新しいロールが搭載された。IPv4 と IPv6 の両方がサポートされている[6]

ReFS[編集]

ReFSResilient File System、元の開発コードは "Protogon")は元々はファイルサーバー向けだった、新しいファイルシステムであり、NTFS を改良したものになっている[7]

システム要件[編集]

32ビットや Itanium のサポートがない。

  • CPU - x64、1.4GHz以上
  • メモリ - 512MB以上
  • ストレージ - 32GB以上

Windows Server 2012 R2[編集]

Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows ファミリー
Windows Server 2012 logo.svg
開発者
マイクロソフト
ウェブサイト [1]
リリース情報
最新版 6.3 (Build 9600) (2013年10月17日(米国時間)) [info]
ソースモデル プロプライエタリ
ライセンス マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項
カーネル ハイブリッド カーネル
対応プラットフォーム x64
サポート状態
メインストリーム フェーズ
メインストリーム サポート終了日:2018年1月9日
延長サポート終了日:2023年1月10日[8]

2013年10月17日、Windows Server 2012 R2 がリリースされた。2013年6月3日に TechEd North America で発表された[9]。Windows 8.1をベースとしている。

2013年5月31日に発行された Windows Server 2012 R2 データシートによれば、このOSには Essentials、Standard、Datacenter の3つのエディションがある[10][11]。Windows Server 2012 と同様に、Datacenter と Standard エディションは機能的には同一であるが、ライセンスにより仮想化権限の違いがある。Essentials エディションはいくつかの制限付きで Datacenter と Standard 製品と同じ機能を備えている。[12]

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ Windows Server 2012 サポート ライフサイクル
  2. ^ WIndows Server 8 Screenshot Leak Shows New UI
  3. ^ Wilhelm, Alex (2011年9月9日). “Windows Server 8 Screenshot leaks”. Leaked Windows Server 8 screenshot shows off Metro-infused UI. The Next Web. pp. 1. 2012年1月1日閲覧。
  4. ^ a b Thurott, Paul (2011年11月2日). “Windows Server "8" Preview (Unedited, Complete Version)”. Paul Thurott's Supersite for Windows. pp. 1. 2012年1月1日閲覧。
  5. ^ (Stanek 2012, pp. 40-42, 55-57)

    Windows Server 2012は、完全な施設と最小限のインターフェースとのServer Coreをサポートしています。

  6. ^ a b Bisson, Simon (2011年9月14日). “Windows 8 Server Developer Preview”. ZDNet. pp. 2. 2012年1月1日閲覧。
  7. ^ Verma, Surendra (2012年1月16日). “Building the next generation file system for Windows: ReFS”. Building Windows 8 Blog. 2012年3月2日閲覧。
  8. ^ サポート ライフサイクル検索
  9. ^ Damien Caro (2013年6月10日). “Windows Server 2012 R2–First look - Damien Caro's Blog - Site Home - TechNet Blogs”. Blogs.technet.com. 2013年6月25日閲覧。
  10. ^ Cloud Optimize Your Business”. Microsoft. 2013年8月2日閲覧。
  11. ^ Windows Server 2012 R2 ライセンス データシート”. Microsoft. 2013年11月23日閲覧。
  12. ^ Mackie, Kurt (2013年6月20日). “Microsoft Enhancing Windows Server 2012 R2 Essentials for SMBs”. Redmondmag.com. 2013年6月25日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]