Microsoft Windows Neptune

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Microsoft Windows Neptune
開発元企業 / 開発者 Microsoft
OSの系統 Microsoft Windows NT
開発状況 開発中止
ソースモデル Shared source
最新安定版リリース 5.50.5111 / 1999年12月27日
対応プラットフォーム x86
カーネル種別 ハイブリッドカーネル
既定のユーザインタフェース GUI
ライセンス Microsoft EULA
ウェブサイト 日本マイクロソフト

Microsoft Windows Neptune(マイクロソフト ウインドウズ ネプチューン)は、マイクロソフトのベータ版オペレーティングシステム(OS)のコードネームである。当時はまだビジネス向けと位置づけられていたWindows 2000をベースにWindows NT系のカーネルで、一般家庭向けOSを作る計画であったが頓挫し、代わりに9x系列カーネルでWindows Meがリリースされた。

バージョン5.1として開発されていたが、2000年1月頃に、Microsoft Neptune開発チームとWindows Odyssey(後述)開発チームが結合し、Whistler(Windows XP)へと方針転換された。

機能[編集]

ログイン画面
Welcome(ようこそ)と共にユーザーの画像と名前を表示するログイン画面。
Internet Connection Firewall(後のWindows Firewall)
ファイアーウォールが搭載されており、ネットワークに安全に接続できるような対策が施されている。

コンセプト[編集]

スタイル
GUIのコンセプトはWindows XPというよりも、Windows Vistaに近い。
UI設計
ユーザインタフェースの設計は、NeptuneではHTMLベースのマークアップ言語で構築できるような構想であった。
Windows VistaではXAMLXML)でユーザインタフェースを構築できる。

ビルド番号[編集]

Windows NeptuneはWindows 2000の正式リリースの約2ヶ月前にすでに5000番台になっていた(Windows 2000はBuild 2195)。

また、初版であるビルド5000と後に発表されたビルド5111ではインターフェースが異なっている。

Microsoft Windows Odyssey[編集]

Microsoft Windows Odyssey
開発元企業 / 開発者 Microsoft
OSの系統 Microsoft Windows NT
開発状況 開発中止
対応プラットフォーム x86
カーネル種別 ハイブリッドカーネル
既定のユーザインタフェース GUI
ライセンス Microsoft EULA
ウェブサイト 日本マイクロソフト

Microsoft Windows Odyssey(マイクロソフト ウィンドウズ オデッセイ)は、マイクロソフトのベータ版オペレーティングシステム(OS)のコードネームである。1999年頃に開発中止した。ビルド番号は5154。