Microsoft Windows 1.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイクロソフト > Microsoft Windows > MS-DOS > Microsoft Windows 1.0
Windows 1.0
Microsoft Windows ファミリー
Windows logo and wordmark - 1985.svg
開発者
マイクロソフト
リリース情報
リリース日 1985年11月20日   [info]
最新版 1.04 1987年4月8日   [info]
ソースモデル Closed Source
ライセンス Microsoft EULA
サポート状態
サポート終了:2001年12月31日

Microsoft Windows 1.0(マイクロソフト ウインドウズ 1.0)とはマイクロソフト1985年11月18日に発売したMS-DOS上に動作するオペレーティング環境である。

概要[編集]

日本ではMS-DOS Ver. 3.1と共にバンドルOSとしてNEC製パソコンPC-9801VX4/WNに採用され、1986年12月に発売された。

スタイルは現行Windows製品の原型となったWindows 95や、その前身であるWindows 3.1とは大きく異なっている。擬似マルチタスクオペレーティング環境で、各ウィンドウはタイル状に展開され、現在のように「ウィンドウを重ね合わせて利用する」ということができず不評であった。また、Intel 80286で搭載されたプロテクトモードには対応していなかったために、メモリ利用の上限サイズが640KBになっている。結果として米国での発売発表当時(1983年)の騒ぎとは逆に、発売後の評判はあまり思わしくなかった。

ちなみにタイル状のウインドウについては、当時のハードウェア的な制約によるものとも見られる(Windows 1.0が動作する最低限の環境では仕組みが重荷すぎる)が、開発者は「重なったウインドウは複雑なので、ユーザーインターフェースの観点からあえてそうした」と主張している[1]Windows 95以降でもアプリケーション単位で画面に最大化される頻度が多いので、この主張はそれなりの整合性がある[独自研究?]

なお、テレビコマーシャルではスティーブ・バルマーが熱狂的にWindows 1.0を宣伝し大きな印象を与えた[2]

2014年4月現在、Windows 1.0は歴代のクライアント向けのWindowsの中で最も長期に渡ってサポートされたバージョンでもある。Windows XPは約12年半の間サポートが継続されていたが、本製品は発売から約16年の間サポートが継続されていた[3][要出典]

1987年にマイクロソフトのロゴが変更されたため、起動画面のマイクロソフトのロゴがバージョン1.03までは旧ロゴ、バージョン1.04以降は新ロゴとなっている。

出荷本数の推移[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ダイアログやプルダウンメニューといった要素を見て分かる通り、ウィンドウを重ねる機能が全く存在しないわけではない。Windows 1.0開発者の一人であり、ゼロックス出身のスコット・マクレガーは、PARC時代の実験から「複数のウィンドウを用いる場合、それらを重ねるより並べて扱う方が移動の効率が良い」という実験結果を得ていたという[要出典]。現在においても研究所レベルの内製システムなどでは意図的にタイリングを採用する例はあり[要出典]Windows 1.0の設計が(少なくともUI的に)必ずしも低レベルというわけではない[独自研究?]。 しかしデスクトップメタファーの観点からは、新たな書類が前の書類を覆い隠すのは至極当然の現象であり、タイリングの方が多少効率が良くとも、初めてコンピュータに触れるような一般ユーザーに対して自然に、或いはエレガントに感じられるかは大いに疑問が残る。Macintoshが大きな支持を勝ち得たのはまさにその点であり、Windows 1.0が「劣化Mac」としか見られなかったのは歴史の示す通りである。開発チームにはMac派のメンバーもおり、タイリングにするか重ねるかで対立があったとされている[要出典]
  2. ^ Ballmer sells windows 1.0 - YouTube
  3. ^ それとは逆にサポート期間が最も短いのはWindows Meの約5年10ヶ月であり、次いで、Windows 95 日本語版の約6年1ヶ月(同英語版は約6年4ヶ月)である。また、サーバ用を含めた場合ではWindows Home Server 日本語版がサポート期間が最も短く、約4年4ヶ月(同英語版は約6年3ヶ月)である。

参考文献[編集]

マーリン・エラー、ジェニファー・エズトロム 『ビル・ゲイツの罪と罰』三浦明美(訳)、アスキー、1999年。ISBN4-7561-3075-5。

外部リンク[編集]