Microsoft Windows 1.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイクロソフト > Microsoft Windows > Microsoft Windows 1.0
Windows 1.0
Microsoft Windows ファミリー
Windows logo and wordmark - 1985.svg
開発者
マイクロソフト
リリース情報
リリース日 1985年11月20日 [info]
最新版 1.04 1987年4月8日 [info]
ソースモデル Closed Source
ライセンス Microsoft EULA
サポート状態
サポート終了:2001年12月31日

Microsoft Windows 1.0(マイクロソフト ウインドウズ 1.0)とはマイクロソフト1985年11月18日に発売したMS-DOS上に動作するオペレーティング環境である。

概要[編集]

IBM PCなどx86系のPCはもともとDOSやBASICなどのようにキャラクタユーザインターフェース (CUI) のOSを採用していたが、1984年に登場したAppleのMacintoshではOSが当初からグラフィカルユーザインターフェース (GUI) を備えていた。そのような中、マイクロソフトはMS-DOSにGUI環境を追加するアドオンの開発を1983年から進めており、1985年にリリースした。これがWindows 1.0である。動作には別途MS-DOS Ver. 3.1以上が必要であり、この制限はWindows 3.xまで続いた。

日本ではMS-DOS Ver. 3.1と共にバンドルOSとしてNEC製パソコンPC-9801VX4/WNに採用され、1986年12月に発売された。テレビコマーシャルではスティーブ・バルマーが熱狂的にWindows 1.0を宣伝し大きな印象を与えた[1]。しかしIntel 80286で搭載されたプロテクトモードには対応していなかったために、メモリ利用の上限サイズが640KBになっている。またウィンドウがタイル表示だったこともあり、結果として米国での発売発表当時(1983年)の騒ぎとは逆に、発売後の評判はあまり思わしくなかった。

1987年にマイクロソフトのロゴが変更されたため、起動画面のマイクロソフトのロゴがバージョン1.03までは旧ロゴ、バージョン1.04以降は新ロゴとなっている。

GUIの特徴[編集]

スタイルは現行Windows製品の原型となったWindows 95や、その前身であるWindows 3.1とは大きく異なっている。擬似マルチタスクオペレーティング環境で、各ウィンドウはタイル状に展開され、後年のように「ウィンドウを重ね合わせて利用する」ということができず不評であった。ただしコントロールパネルの個々の設定項目などのようにダイアログボックス程度の小さなウィンドウであれば重ねて表示されることもあった。

ちなみにタイル状のウインドウについては、当時のハードウェア的な制約によるものとも見られる(Windows 1.0が動作する最低限の環境では仕組みが重荷すぎる)が、開発者は「重なったウインドウは複雑なので、ユーザーインターフェースの観点からあえてそうした」と主張している[2]Windows 95以降でもアプリケーション単位で画面に最大化される頻度が多いので、この主張はそれなりの整合性がある[独自研究?]

個々のウィンドウはタイル表示のほかに最大化や最小化(アイコン化)も可能である。この意味ではアプリケーションにはアイコンが存在するが、あくまでタスクアイコンであり、後述のようにファイルとしてのアイコンは無い。アプリケーションのウィンドウは最大化しない限りは常に下部に隙間を残す形になり、デスクトップの一部が見えている状態になる。Windows 3.x以前のデスクトップは基本的にタスクアイコンの置き場であり、このデスクトップ下部領域はちょうどタスクバーの役割があった。

ウィンドウは上部にタイトルバーやメニューバーを備えており、これらはその後のWindowsと同様である。この頃から既にタイトルバーの左端の四角い部分(95以降では小さなアイコンが表示される個所)にもプルダウンメニューを備えており、そこをダブルクリックすることでウィンドウを閉じる機能も、この頃から搭載されている。

マウスの操作は当時のMacintoshに近いものだった。例えばプルダウンメニューを出してもマウスのボタンを離すと消えてしまうため、クリックしたまま移動(ドラッグ)させることで目的の選択肢を選び、ボタンを離すことで決定する必要があった。この操作方法はその後のWindowsでも一応可能である。

MS-DOS ウィンドウ[編集]

Windows 1.0から2.xまで使われたシェルプログラムが、MS-DOSウィンドウである。

「MS-DOS ウィンドウ」という名称だが、紛らわしいことにDOS窓とは別物であり、あくまで後のファイルマネージャエクスプローラに相当するユーザーインターフェースである。ただし表示される情報はMS-DOSのDIRコマンドの表示と大差なく、ドライブ名(アイコン)とボリュームラベル、カレントディレクトリのパスおよび、ファイル名が羅列されるだけのものだった。すなわちファイルにはアイコンが用意されておらず、ファイル名を直接ダブルクリックすることでプログラム(データファイルの場合は関連付けられたプログラム)が起動する。要するにMS-DOSにおけるコマンド入力の一部をマウス操作でも可能にした程度のものだった。なおメニューバーからはファイルやディレクトリ、ディスク関連の操作メニューがいくつか用意されているが、ファイルはドラッグすることができず、複雑なファイル操作にはキーボード入力が必要だった。

MS-DOSウィンドウの表示形式には、ファイル名だけの「ショート」と、タイムスタンプやファイルサイズの情報を含む「ロング」があり、前者はDIRコマンドで言うところの「/W」オプションでの表示に近い。これらは後のファイルマネージャの表示メニューで言うところの「名前のみ」と「すべての情報」に、エクスプローラの表示メニューでは「一覧」と「詳細」に、それぞれ相当する表示形式である。表示順は「名前」、「日付」、「サイズ」、「拡張子」でソート可能なほか、プログラムファイルのみの表示や、ワイルドカードによる指定ファイルのみを表示することもできた。

ディレクトリツリーを表示する機能は無いものの、複数のMS-DOSウィンドウを同時に立ち上げることができ、異なるドライブやディレクトリを同時に参照することができた。新しいウィンドウを立ち上げる実行ファイルは「MSDOS.EXE」で、名称こそEXE形式だが、バイナリはRET命令のみの1バイトというCOMファイル相当[3]でしかなく、MS-DOSウィンドウが呼び出されるショートカットのような存在だった。これはWindows 2.0でも同様だったが、Windows 2.11ではある程度のサイズを持つEXEファイルになっている。

MS-DOSウィンドウはシェルであるため自動で立ち上がり、すべてのMS-DOSウィンドウを閉じればWindowsも終了する。

付属アプリケーション[編集]

当時から搭載されていた主なアクセサリやツール類には以下のようなものがある。FD運用の場合にデスクトップアプリケーションディスクに含まれるプログラムを主として挙げる。実行前にはショートカットのようなタイトル名は表示されていないため、実行するファイル名を示した。括弧内はタイトルバーでのタイトル。

  • CALC.EXE (電卓
  • CALENDAR.EXE (カレンダー
  • CARDFILE.EXE (カードファイル) - カード型データベース
  • CLIPBRD.EXE (クリップボード
  • CONTROL.EXE (コントロールパネル
  • NOTEPAD.EXE (メモ帳
  • PAINT.EXE (ペイント
  • PIFEDIT.EXE (プログラム情報エディタ) - MS-DOSプログラム実行の際の個々の環境設定を行うPIFファイルを編集する。
  • REVERSI.EXE(リバーシ
  • SPOOLER.EXE (スプーラ) - プリンタスプーラ。
  • TERMINAL.EXE (ターミナル) - 通信ソフト。
  • TIME.EXE (時計)
  • WDSKCOPY.EXE (WDSKCOPY) - ディスクコピー。
  • WRITE.EXE (ライト) - Windows 95/NT4.0以降のワードパッドに相当するワープロソフト。
  • WSWITCH.EXE (スイッチ) - PC-9800シリーズ用の場合。メモリスイッチ設定ツール。
  • WUSKCGM.EXE (ユーザー定義文字保守ユーティリティ) - 外字エディタ。

備考[編集]

  • 2014年4月現在、Windows 1.0は歴代のクライアント向けのWindowsの中で最も長期に渡ってサポートされたバージョンでもある。Windows XPは約12年半の間サポートが継続されていたが、本製品は発売から約16年の間サポートが継続されていた[4][要出典]

出荷本数の推移[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ballmer sells windows 1.0 - YouTube
  2. ^ ダイアログやプルダウンメニューといった要素を見て分かる通り、ウィンドウを重ねる機能が全く存在しないわけではない。Windows 1.0開発者の一人であり、ゼロックス出身のスコット・マクレガーは、PARC時代の実験から「複数のウィンドウを用いる場合、それらを重ねるより並べて扱う方が移動の効率が良い」という実験結果を得ていたという[要出典]。現在においても研究所レベルの内製システムなどでは意図的にタイリングを採用する例はあり[要出典]Windows 1.0の設計が(少なくともUI的に)必ずしも低レベルというわけではない[独自研究?]。しかしデスクトップメタファーの観点からは、新たな書類が前の書類を覆い隠すのは至極当然の現象であり、タイリングの方が多少効率が良くとも、初めてコンピュータに触れるような一般ユーザーに対して自然に、或いはエレガントに感じられるかは大いに疑問が残る。Macintoshが大きな支持を勝ち得たのはまさにその点であり、Windows 1.0が「劣化Mac」としか見られなかったのは歴史の示す通りである。開発チームにはMac派のメンバーもおり、タイリングにするか重ねるかで対立があったとされている[要出典]
  3. ^ RET命令 (0xC3、テキストとして開けば半角カナの「テ」1文字) はCOMファイルにおいて、開始時のスタック状態であれば終了コードとして機能する。言わば最も短いCOMプログラムである。
  4. ^ それとは逆にサポート期間が最も短いのはWindows Meの約5年10ヶ月であり、次いで、Windows 95 日本語版の約6年1ヶ月(同英語版は約6年4ヶ月)である。また、サーバ用を含めた場合ではWindows Home Server 日本語版がサポート期間が最も短く、約4年4ヶ月(同英語版は約6年3ヶ月)である。

参考文献[編集]

マーリン・エラー、ジェニファー・エズトロム 『ビル・ゲイツの罪と罰』三浦明美(訳)、アスキー、1999年。ISBN4-7561-3075-5。

外部リンク[編集]