Template:Infobox OS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Documentation icon テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュ破棄]

使い方[編集]

{{Infobox OS
| name                   = 
| logo                   = 
| screenshot             = 
| caption                = 
| website                = 
| developer              = 
| family                 = 
| source_model           = 
| released               = 
| latest_release_version = 
| latest_release_date    = 
| latest_test_version    = 
| latest_test_date       = 
| frequently_updated     = 
| marketing_target       = 
| language               = 
| kernel_type            = 
| userland               =
| ui                     = 
| license                = 
| working_state          = 
| supported_platforms    = 
| updatemodel            = 
| package_manager        = 
}}


name以外の引数は省略可能です。

引数[編集]

name 
オペレーティングシステムの名称
logo 
オペレーティングシステムのロゴ画像。[[ファイル:example.png|50px]]のように記述する。ただし、フリーコンテントでない画像の使用は禁止されている。また、サムネイル指定(thumb)はしないこと。
screenshot 
オペレーティングシステムのスクリーンショット。logoの注意点に加え、フリーコンテントでないテキストや画像が写り込んでいないか注意。
caption 
screenshotの説明文。
website 
オペレーティングシステムの情報があるウェブサイト。[http://ja.wikipedia.org ja.wikipedia.org] のように記述する
developer 
開発者または企業の名前。
family 
オペレーティングシステムが何の系列に属するか。例:Debian であれば GNU/Linux 、Solaris であれば UNIX と記述する。
source_model 
ソースコードの取り扱いについて。例:Fedora であればフリー/オープンソフトウェアと記述する。
latest_release_version 
最新安定版のバージョン
latest_release_date 
最新安定版が公開された日付
latest_test_version 
最新開発版のバージョン
latest_test_date 
最新開発版が公開された日付
frequently_updated 
頻繁に更新されている場合は yes と記述する。その他の場合は空欄にしておく。
marketing_target 
対象とする利用者または機器。例:一般ユーザ向け・サーバ用・組み込み用など。
language 
利用できる自然言語。例:英語・日本語など。
kernel_type 
カーネルの構造。例:モノリシックカーネル(UNIX系の大多数やWindows9x系など)、マイクロカーネル(BeOSなど)、ナノカーネル(MacOS9など)、ハイブリッドカーネル(WindowsNT系など)。
userland 
ユーザランドの種類。例:
ui 
デフォルトのユーザーインターフェース。例:GNOMEKDEなど。
license 
どのライセンスで配布されているか。例:GNU General Public Licenseなど。
working_state 
開発状況。開発中か開発終了か。
supported_platforms 
どのプラットフォームで開発されているか。x86、PowerPC など。
updatemodel 
アップデート方式。例:yumAPTなど。
package_manager 
パッケージ管理システム。例:RPMdpkgなど。

使用例[編集]

Debian
Debian-OpenLogo.svg
Debian Etch-ja.png
Debian v4.0 ("Etch")
開発元企業 / 開発者 Debian Project
OSの系統 Unix-like
開発状況 Current
ソースモデル Open source
初リリース 1993年8月16日 (1993-8-16)
最新安定版リリース 4.0r2 Etch / 2007年12月27日(6年前) (2007-12-27
アップデート方式 APT (several front-ends available)
パッケージ管理 dpkg
対応プラットフォーム i386 (x86), amd64 (x86-64), PowerPC, SPARC, DEC Alpha, ARM, MIPS, HPPA, S390, IA-64
カーネル種別 Monolithic (Linux, FreeBSD), Micro (Hurd)
ユーザランド GNU
既定のユーザインタフェース GNOME, KDE, Xfce, and LXDE
ライセンス Free software, mainly the GNU GPL, and other licenses[1]
ウェブサイト www.debian.org
{{Infobox OS
| name                   = Debian
| logo                   = Debian-OpenLogo.svg
| logo_size              = x64px
| screenshot             = Debian Etch-ja.png
| developer              = Debian Project
| family                 = [[Unix-like]]
| working state          = Current
| source model           = [[Open source]]
| released               = {{Start date|df=yes|1993|08|16}}
| latest release version = 4.0r2 Etch
| latest release date    = {{start date and age|2007|12|27}}
| kernel type            = [[monolithic kernel|Monolithic]] ([[Linux kernel|Linux]], [[FreeBSD]]), [[microkernel|Micro]] ([[GNU Hurd|Hurd]])
| userland               = [[GNU Core Utilities|GNU]]
| ui                     = [[GNOME]], [[KDE]], [[Xfce]], and [[LXDE]]
| license                = [[Free software]], mainly the [[GNU GPL]], and other licenses<ref>{{cite web|url=http://www.debian.org/legal/licenses/|title=License information|publisher=Debian|accessdate=2009-02-28}}</ref>
| supported platforms    = [[IA-32|i386 (x86)]], [[x86-64|amd64 (x86-64)]], [[PowerPC]], [[SPARC]], [[DEC Alpha]], [[ARM architecture|ARM]], [[MIPS architecture|MIPS]], [[PA-RISC family|HPPA]], [[IBM eServer zSeries|S390]], [[IA-64]]
| updatemodel            = [[Advanced Packaging Tool|APT]] (several front-ends available)
| package manager        = [[dpkg]]
| website                = {{URL|www.debian.org}}
}}

脚注

  1. ^ License information”. Debian. 2009年2月28日閲覧。