Microsoft Windows 2.0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイクロソフト > Microsoft Windows > MS-DOS > Microsoft Windows 2.0
Windows 2.x
Microsoft Windows ファミリー
Windows logo and wordmark - 1985.svg
開発者
マイクロソフト
ウェブサイト www.microsoft.com/windows/
リリース情報
リリース日 1987年11月1日   [info]
最新版 2.11 1989年3月13日   [info]
ソースモデル Closed Source
ライセンス Microsoft EULA
カーネル 無し
サポート状態
サポート終了:2001年12月31日

Microsoft Windows 2.xは、マイクロソフトから1987年に発売されたMS-DOS上に動作するオペレーティング環境 (Operating Environment) である。Microsoft Windows 1.0に比べるとオーバーラップウィンドウが採用されるなどの改善があった。

履歴[編集]

Windows 2.01
最初のバージョン。英語版は1987年12月9日に発売。 のちに2.03が発売されている。
Windows/286 2.1
バージョン2.0からメモリ管理関係を大幅に向上させたものであり、Intel 80286バグを利用したHMA(XMSの機能の一つ)やEMSを駆使することで、メモリ環境を改善したものである。このときからWindows 2.xは後述するWindows/386にあわせてWindows/286という名称になった。ただし日本語版では名称変更は行われていない。
Windows/286 2.11
2.x系列の最終版。

Windows/386[編集]

Windows 2.xではIntel 80386以降の32bitCPU搭載マシン向けに、Windows/386という別のバージョンが平行して販売されていた。 これは、仮想86モードを利用してWindows上のDOS環境をマルチタスクで動作できるようにしたものである。バージョンもWindows(/286) とあわせて変更されており、2.01, 2.03, 2.1, 2.11などがあった。