Multiple Document Interface

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

MDIMultiple Document Interface (マルチ・ドキュメント・インタフェース)とは親ウィンドウ内に複数の子ウィンドウを表示して管理するグラフィカルユーザインタフェースである。SDI方式が複数のアプリケーションウィンドウを立ち上げなければならない問題を解決するために開発された。Microsoft OfficeなどがSDIからMDI化したアプリケーションの一例である。しかし、MDI化するには既存のアプリケーションのシステムに変更を加える必要がある。

一般的にMDIは開かれたウィンドウの管理が問題だとされる。SDIアプリケーションであればタスクバーなどで開かれたウィンドウの情報を一覧できるが通常MDIでウィンドウの一覧を確認するためにユーザーがメニューなどからウィンドウ一覧を選ばなければならない。そのため近年のMDIアプリケーションはこの問題を解決するためタブ機能やタスクバー機能を装備することでこの問題を解決するようになった。多くのMDIアプリケーションは親ウインドウとの結合・子ウインドウ分離を一括で管理される。1つをMDI化しようとすれば全てがMDI化され、ひとつを親ウインドウと結合しようとすれば全てが親ウインドウと結合される。分離・結合を個別に管理するのはOperaなどごく一部のアプリケーションのみである。タブ方式のアプリケーションと一緒くたにされる場合もあるようであり、実際タブ方式のアプリケーションと同じように使えるアプリケーションもあるが、通常タブ方式でウィンドウを管理するアプリケーションは個々を子ウィンドウ化してその大きさを変更するようなことは出来ない。

マイクロソフトはMDI形式のアプリケーションを推奨しておらず、また、Windows Presentation FoundationではMDIがサポートされていない(今後サポートされる可能性はある)。

ちなみに、タブ方式のインターフェースのことはTabbed Document Interface (TDI) と言うのだが、日本国内でこの言葉はあまり浸透していない。

また、SDIに似ているが、1つのアプリケーションプロセス中で、親ウィンドウを持たない複数のトップレベルウィンドウを表示する形態をMultiple Top-level Interface (MTI) という。

MDIを使用したアプリケーションの例[編集]

関連項目[編集]