スタンドアローン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

 スタンドアローン/スタンドアロン (英:stand-alone) とは、他の機器に依存せず単独で動作する環境を意味する。直訳だと『孤立』を意味する。

 典型的な例として、ワープロが挙げられる。例えば、多くの PC Software(ソフトウエア) は、コンピュータ(機体)や、特定のOSに依存しなければ文章を作成できないが、Word Processor(俗称で、ワープロ)は、その機器が単体で動作することが可能である。

 また、コンピュータを他のコンピュータと接続せずに、単独で動作(稼動)させている状態を意味する。

昔と今[編集]

 昔は、企業内の個々におけるコンピュータが、基本的にスタンドアローンの状態であった。

 今時代だと、LAN(無線通信などを含む)の普及により、社内 LAN、Intranet(イントラネット)形式などを構築しつつ、HUB(ハブ )などの中継器を介して、情報の共有や並列化が可能と成っている事が多く、一般の家庭内でも LAN を構築している事もあるが、そうした Network(ネットワーク) へ常時接続を行うことで、Virus(ウイルス)などの感染が安易と成ることから、重要な部分に付いては、別途にスタンドアロン可能な PC へ Backup(バックアップ:複製)を作っておく事も有る。


関連項目[編集]