Aimer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Aimer
基本情報
別名 aimerrhythm(作詞時の名義)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPジャズ
職業 歌手
担当楽器 ボーカルギターピアノ
活動期間 2011年 -
レーベル DefSTAR RECORDS
事務所 FOURseam
共同作業者 agehasprings澤野弘之
公式サイト www.aimer-web.jp
アヴリル・ラヴィーン

Aimer(エメ)は、日本女性歌手。プロフィール非公開。所属レーベルは、DefSTAR RECORDS、所属事務所はFOURseam。アーティスト名は、自身の長年の愛称である「エメ」に由来し、フランス語で「好き」の意でもある[1]

経歴[編集]

メジャーデビュー前 - Your favorite things[編集]

バンドを組んでいた父親の影響で音楽が身近な環境で育つ。小学校でピアノを習い始め、中学からはアヴリル・ラヴィーンに傾倒してギターでの音楽活動を開始する一方、英語での作詞にも力を入れる過程で海外での生活経験も持つ。15歳の頃、歌唱による酷使が原因で声帯を痛め、治療のために沈黙療法を選択したことで発声が出来ない期間を約半年間経験するが、回復後に現在の声質と歌唱法を確立する[2][3]。このときの声帯の傷はデビュー後の現在も完全に治癒していないが、完治すると今の声は出せなくなるとの主治医の忠告もあり、声質を維持するために現在の状態を保っている[4]日本音響研究所所長の鈴木松美は、この声質を「振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生している、非常に稀な声の持ち主です」と分析している[5]

2011年より、FOURseamに所属[6]し、agehaspringsプロデュースの下で音楽活動を開始。2月、J-WAVEの番組『HELLO WORLD』内で企画された新人発掘オーディション『SPIDER SOUNDS』において、元気ロケッツのリミキサー発掘コンペティションの課題曲として制作された楽曲「SPIDER SOUNDS」のフィーチャリングボーカルとして、agehasprings feat. Aimer名義で客演[7]。4月、コアミックス刊行の月刊漫画雑誌月刊コミックゼノン』とのコラボレーションで、同名義で楽曲「キズナ」をCMソングとして提供[8]

5月11日、FOURseamによる公式サイトが開設され、洋邦10曲のヒット曲をジャズアレンジでカバーした配信限定アルバム『Your favorite things』をiTunes Storeにて発表。リード曲の「Poker Face」(原曲はレディー・ガガ)は、iTunes Storeのジャズチャート初登場1位を獲得し、アルバムとしても最高4位を記録する[9]6月6日9月7日にDefSTAR RECORDSからのメジャーデビューを発表。

メジャーデビュー以降 - Sleepless Nights[編集]

9月7日、シングル六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR」を発表し、メジャーデビュー。デビューに際し、agehaspringsの代表で音楽プロデューサー玉井健二[10]映画監督廣木隆一[2]がコメントを寄せた。以降、12月に2枚目のシングル「Re:pray/寂しくて眠れない夜は」、2012年2月に3枚目のシングル「雪の降る街/冬のダイヤモンド」、5月に配信限定シングル「星屑ビーナス」を、それぞれ発表。シングル「星屑ビーナス」購入特典として、初の招待制ライブ『Aimer Premier Live』を6月8日に開催[11]。7月には、シングル「Re:pray/寂しくて眠れない夜は」のジャケットアートワークが、パリで開催された写真コンペティション「PX3」の音楽部門で銀賞を受賞[12]

8月に4枚目のシングル「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス」を発表したのち、10月に初のオリジナルアルバム『Sleepless Nights』を発表。オリコンチャートでは発売日のデイリーチャートで5位、週間でも11位を記録し、「第5回CDショップ大賞 2013」の後期ノミネート作品にも選出された。発売時には、シンガーソングライター阿部真央阿部芙蓉美、kz(livetune)、やなぎなぎら多数の著名人がコメントを寄せた[13]。10月14日には、大阪で行われた「MINAMI WHEEL 2012」に参加し、ライブ出演時には入場規制がかけられる盛況となった[14]

Bitter & Sweet - Midnight Sun[編集]

11月に、タワーレコード渋谷店リニューアルオープン記念として、カバーアルバム『Your favorite things』にも収録された「Viva La Vida」(原曲はコールドプレイ)を、同店舗限定でシングルカット発売[15]。12月に、カバーアルバム『Bitter & Sweet』を発表。『Your favorite things』の収録内容に加え、「星屑ビーナス」が主題歌に起用されたドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』劇中で使用された「L-O-V-E」(原曲はナット・キング・コール)等を新録。これに伴い、『Your favorite things』の配信は終了となった。

2013年3月、5枚目のシングル「RE:I AM EP」を発表。表題曲「RE:I AM」はOVA機動戦士ガンダムUC』シリーズの主題歌として、作曲家澤野弘之から提供およびプロデュースを受け、週間オリコンチャートで最高6位を記録し、自身初のトップ10入りとなった。また、本作の発売を記念し、恒例となったCD購入者を対象とした招待制ライブ『Aimer Premier Live』は、初めて教会を会場として『Aimer Premium Live in Church』と題して行われたほか、タワーレコードおよび山野楽器での店舗購入者対象にインストアライブを、HMVでの店舗購入者対象にジャズクラブでのシークレットライブを、それぞれ特典として招待制ライブが開催された。

7月、写真コンペティション「PX3」の音楽部門にて、シングル「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス」のジャケットアートワークで入選し、2年連続での選出となった[16]。8月、「星屑ビーナス」以来の配信限定作品となるシングル「眠りの森」を発表。11月、ミニアルバム『After Dark』を発表。リードトラック「ポラリス」の他、阿部真央が初の楽曲提供として書き下ろした「words」、『Aimer Premium Live in Church』の東京公演のライブ音源などを収録した。また、同月には渋谷WWWで行われた澤野弘之のワンマンライブ『[nzk]001』にゲストボーカリストとして参加したほか、2014年1月に日本武道館で行われた『リスアニ! LIVE-4』でも澤野弘之出演パートでのゲストボーカリストとして出演、5月にZepp Tokyoで行われた阿部真央のライブツアー『5th Anniversary 阿部真央らいぶ "お力添え、願います。"ツアー2014』の初日公演での共演など、他アーティストの公演にも参加を始める。

5月、6枚目のシングル「StarRingChild EP」を発表。2度目の澤野弘之とのコラボレーション作となった表題曲「StarRingChild」は『機動戦士ガンダムUC』最終章の主題歌として起用され、週間オリコンチャートで自己最高の3位を記録。また、澤野弘之による音楽プロジェクトである[nzk]、および『機動戦士ガンダムUC』とのコラボレーション企画として、SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer名義での活動を開始。企画ワンマンライブ『UnChild』を大阪・東京2公演を開催。

6月、2枚目のオリジナルアルバム『Midnight Sun』と、SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer名義でのコラボレーションアルバム『UnChild』を同時発表した。週間オリコンチャートで前者は最高9位、後者は10位をそれぞれ記録し、アルバム2タイトルのトップ10入りとなった。また、コナミデジタルエンタテインメントが配信しているiOS音楽ゲームアプリjubeat plus』『REFLEC BEAT plus』にて「Aimerパック」の配信が開始され、「StarRingChild」「RE:I AM」「AM02:00」「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜」の4曲が収録された。8月からはワンマンライブとしては初の有料興行となる『Aimer 1st LIVE Midnight Sun』を大阪・東京2公演を開催[17]し、チケットは即日完売となった[18]

2014年 - 現在[編集]

9月、ミニアルバム『誰か、海を。 EP』を発表。表題曲「誰か、海を。」は、音楽家菅野よう子がプロデュースと作曲、シンガーソングライターの青葉市子が作詞を手掛け、菅野が音楽を担当したテレビアニメ『残響のテロル』のテーマソングに起用された[19]。作品には、Galileo GalileiAPOGEEの永野亮がそれぞれリミキサーとして制作に参加した他、阿部真央の楽曲「for ロンリー」のカバーでは、Aimer自身が阿部とのコラボレーションを切望したことから阿部本人をゲストボーカルに迎えて制作された[20]。また、同月にはGalileo Galileiの楽曲「バナナフィッシュの浜辺と黒い虹 with Aimer」にゲストボーカルとしてコラボレーション参加し、デジタル配信の先行販売が開始された。

音楽性[編集]

小学校低学年の頃よりミュージカル『アニー』の劇中歌などに触れ、歌手になることに憧れる[2]。好きなアーティストとして、アヴリル・ラヴィーン、スピッツsyrup16g戸川純ザ・エックス・エックスラ・ルーマーカス・ミラーミシェル・ブランチビョークなどを挙げている[1][2]

ライブ活動においては、メジャーデビュー直後の2011年9月9日より、インターネットライブシリーズ『Live at anywhere』を、公式サイト上やUstreamニコニコ生放送などにおいて、不定期で開催している。「好きな場所で、好きな時に、好きなだけ」をコンセプトに様々な場所で開催され、2012年6月のVol.10までで、約10万人の視聴数を記録[11]し、2014年6月現在まで番外編を含め計26回開催・放送している。またゲスト出演も多く、過去には、キャンドルアーティストの内藤樹里[21]や、熊本県PRマスコットキャラクターくまモン[22]などが出演した。一方、観客を動員してのライブは比較的少なく、2011年11月5日に行われたアニメ『NO.6BDDVD第1巻購入者特典の発売記念招待制イベントでのミニライブで、観客の前での初公演を行って以降、主に作品の購入者を対象とした招待制という方式でライブを開催しているが、2014年からは、SawanoHiroyuki[nZk]:Aimerとしての企画ライブと、単独名義でのワンマンライブで、いずれも有料による興行を行っている。

著名人では阿部真央[23]をはじめ、西川貴教[24]モデル松井美緒[25]EGOISTのchelly[26]などがファンを公言している。桑田佳祐は自身のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』で、「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜」を2012年に発売された邦楽の中で、自身の選ぶトップ20の中の5位に選ぶほか、写真家の加藤アラタ[27]漫画家久保帯人[28]声優安野希世乃[29]FLiPのサチコ[30]歌手藍井エイル[31]などにも評価を受けている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
1st 2011年9月7日 六等星の夜/悲しみはオーロラに/TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR 12cmCD DFCL-1794 28位
2nd 2011年12月14日 Re:pray/寂しくて眠れない夜は 12cmCD DFCL-1821 41位
3rd 2012年2月23日 雪の降る街/冬のダイヤモンド 12cmCD DFCL-1881 72位
2012年5月11日 星屑ビーナス デジタル・ダウンロードmora
着うた着うたフル着うたフルプラスレコチョク
DFXX-0000[32]
SNY-1694[33]
4th 2012年8月15日 あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス 12cmCD+DVD(初回限定盤)
12cmCD(通常盤・期間限定盤)
DFCL-1916/17(初回限定盤)
DFCL-1918(通常盤)
DFCL-1919(期間限定盤)
26位
2012年11月21日 Viva La Vida 12cmCD FSAR-1109
5th 2013年3月20日 RE:I AM EP 12cmCD+DVD(初回限定盤)
12cmCD(通常盤・期間限定盤)
DFCL-1985/86(初回限定盤)
DFCL-1987(通常盤)
DFCL-1988(期間限定盤)
6位
2013年8月14日 眠りの森 デジタル・ダウンロード DFXX-00177806A[34]
6th 2014年5月21日 StarRingChild EP 12cmCD+DVD(初回限定盤)
12cmCD(通常盤・期間限定盤)
DFCL-2060/61(初回限定盤)
DFCL-2062(通常盤)
DFCL-2063(期間限定盤)
3位

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
1stフル 2012年10月03日 Sleepless Nights 12cmCD+DVD(初回限定盤)
12cmCD(通常盤)
DFCL-1930/31(初回限定盤)
DFCL-1918(通常盤)
11位
1stミニ 2013年11月20日 After Dark 12cmCD DFCL-2046 23位
2ndフル 2014年6月25日 Midnight Sun 12cmCD+DVD(初回限定盤)
12cmCD(通常盤)
DFCL-2068/69(初回限定盤)
DFCL-2070(通常盤)
9位
2ndミニ 2014年9月3日 誰か、海を。 EP 12cmCD(通常盤)
12cmCD+DVD(期間限定盤)
DFCL-2079(通常盤)
DFCL-2080(期間限定盤)
18位

企画アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位
カバー 2011年5月11日 Your favorite things デジタル・ダウンロード
カバー 2012年12月12日 Bitter & Sweet 12cmCD DFCL-1960 53位
コラボ 2014年6月25日 UnChild 12cmCD DFCL-2071(通常盤)
DFCL-2072(期間限定盤)
10位

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
六等星の夜 テレビアニメ『NO.6』エンディングテーマ
悲しみはオーロラに 北海道文化放送ミニョン・ヌーボー 里田まいのしゃかりき!』2011年8月度エンディングテーマ
東日本放送『ピカピカ☆チョイス!』2011年8月度エンディングテーマ
RKB毎日放送チャートバスターズR!』2011年9月度エンディングテーマ
熊本県民テレビ『ROCKET COMPLEX』2011年9月度エンディングテーマ
TWINKLE TWINKLE LITTLE STAR 『STARS 4 TOKYO SKY PROJECT』テーマソング
Re:pray テレビアニメ『BLEACH』エンディングテーマ
寂しくて眠れない夜は 関西テレビミュージャック』2011年11月度エンディングテーマ
中京テレビPS』2011年11月度エンディングテーマ
九州朝日放送気ままにLB』2011年12月度エンディングテーマ
雪の降る街 テレビドラマ『ゴースト 〜天国からのささやき シーズン3』前期エンディングテーマ
日本テレビハッピーMusic』2012年2月度POWER PLAY
冬のダイヤモンド とちぎテレビRock to the Future』2012年3月度エンディングテーマ
星屑ビーナス テレビドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』主題歌
あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜 テレビアニメ『夏雪ランデブー』エンディングテーマ
レコチョクTVCMソング
日本テレビ『ハッピーMusic』2012年8月度POWER PLAY
日音制作全国30局ネット『Music B.B.』2012年8月度POWER PLAY
Breaking Up Is Hard To Do テレビドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』挿入歌
夜行列車 〜nothing to lose〜 東日本放送『ピカピカ☆チョイス!』2012年9月度エンディングテーマ
笑顔 J:COM『TOGGYの清く正しくテキトーチャンネル』2012年9月度エンディングテーマ
AM02:00 中京テレビ『PS』2012年9月度エンディングテーマ
L-O-V-E テレビドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』挿入歌
マツモトキヨシ『ARGELAN』CMイメージソング
Calendar Girl テレビドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』挿入歌
Baby Love テレビドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』挿入歌
RE:I AM OVA『機動戦士ガンダムUC』episode 6「宇宙と地球と」主題歌
After Rain PLANTE SYSTEM『ミセラークレンジング水』CMソング
StarRingChild OVA『機動戦士ガンダムUC』episode 7「虹の彼方に」主題歌
レコチョクTVCMソング
小さな星のメロディー A.T.brides『すぐ婚navi』CMソング
誰か、海を。 テレビアニメ『残響のテロル』エンディングテーマ
白昼夢 テレビ東京東京上級デート2』テーマソング
iOS・Androidアプリ『東京上級ゲーム』テーマソング
broKen NIGHT TYPE-MOON制作PS Vita用ゲームソフト『Fate/hollow ataraxia』主題歌[35]

ライブ[編集]

単独ライブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “アーティスト特集「Aimer」”. 歌詞GET. (2011年9月9日). http://www2.kget.jp/feature/aimer/ 2012年7月3日閲覧。 
  2. ^ a b c d “Power Push Aimer (2/2)”. ナタリー. http://natalie.mu/music/pp/aimer/page/2 2012年6月25日閲覧。 
  3. ^ 赤木まみ. “【インタビュー】Aimer、唯一無二の歌声を手に入れるまでの絶望と葛藤、そして希望”. BARKS. http://www.barks.jp/news/?id=1000083564 2014年6月3日閲覧。 
  4. ^ 「Aimer 暗闇に灯る光」『B-PASS』2014年10月号、シンコーミュージック・エンタテイメント、2014年8月31日。
  5. ^ 伊藤亜希 (2013年3月20日). “Aimer、ニュー・シングル「RE:I AM」EP をリリース”. EMTG MUSIC. http://music.emtg.jp/pickUp/20130302122abdbeb 2014年6月30日閲覧。 
  6. ^ “agehasprings - onetrap Aimer”. agehasprings. http://www.ageha.net/fourseam/5612/ 2014年9月3日閲覧。 
  7. ^ “J-WAVE SPIDER SOUNDS × agehasprings リミックスコンペ 2011”. myspace. http://www.myspace.com/spider-remix 2012年6月24日閲覧。 
  8. ^ “コミックゼノン|動画アーカイブ”. コミックゼノン. http://www.comic-zenon.jp/movie/ 2012年6月24日閲覧。 
  9. ^ 永堀アツオ (2011年9月5日). “アーティスト紹介 哀しくも甘い歌声でいま注目を集める女性アーティスト、Aimerの魅力とは?”. Yahoo!ミュージック. http://smash.music.yahoo.co.jp/top/repyjm00907/ 2012年6月24日閲覧。 
  10. ^ “Power Push Aimer (1/2)”. ナタリー. http://natalie.mu/music/pp/aimer/ 2012年6月25日閲覧。 
  11. ^ a b “Aimer ファンを前に初のライブパフォーマンス 8月8日リリースとなる新曲「あなたに出会わなければ〜夏雪冬花〜」を初披露!”. mFound. (2011年6月11日). http://mfound.jp/news/2012/06/012125.html 2012年6月24日閲覧。 
  12. ^ “Aimer(エメ) 2ndシングルが世界的写真コンペで銀賞に”. billboard JAPAN. (2012年7月4日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/5571 2014年6月30日閲覧。 
  13. ^ “The voice of stars 〜message for Aimer〜”. Sony Music. http://www.aimer-web.jp/the_voice_of_stars/ 2014年7月2日閲覧。 
  14. ^ “Aimer ビルボードライブ大阪で涙誘う感動ステージ”. billboard JAPAN. (2012年10月26日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/8001 2014年6月30日閲覧。 
  15. ^ “渋谷店改装記念!タワレコ限定CDを27タイトル一挙リリース”. ナタリー. (2012年11月22日). http://natalie.mu/music/news/80412 2014年7月2日閲覧。 
  16. ^ “Aimer 世界的写真コンペで2年連続の入選”. billboard JAPAN. (2013年7月1日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/13500 2014年6月30日閲覧。 
  17. ^ “Aimer 1stLive Midnight Sun”. FOURseam. http://www.ageha.net/aimer1stlive/ 2014年9月3日閲覧。 
  18. ^ 小野田雄 (2014年9月2日). “菅野よう子が引き合わせた若き才能、Aimer×青葉市子対談”. CINRA.NET. http://www.cinra.net/interview/201409-aimeraoba?page=3 2014年9月3日閲覧。 
  19. ^ 小野田雄 (2014年9月2日). “菅野よう子が引き合わせた若き才能、Aimer×青葉市子対談”. CINRA.NET. http://www.cinra.net/interview/201409-aimeraoba 2014年9月3日閲覧。 
  20. ^ “Aimer、最新作「誰か、海を。EP」にて再び阿部真央との共演が実現”. Musicman-NET. (2014年8月6日). http://www.musicman-net.com/artist/38254.html 2014年9月3日閲覧。 
  21. ^ “Aimer、デビュー記念しインターネットライブ配信”. ナタリー. (2011年8月28日). http://natalie.mu/music/news/55467 2012年6月24日閲覧。 
  22. ^ “スペシャルゲストに話題のくまモンが登場!? Aimerインターネットライブに2万人が感動と涙!”. mFound. (2011年12月16日). http://mfound.jp/news/2011/12/008940.html 2012年6月24日閲覧。 
  23. ^ “阿部真央、Aimerと一夜限りのスペシャルセッション!映画『小野寺の弟・小野寺の姉』主題歌の担当もサプライズ発表”. E-TALENTBANK. (2014年5月9日). http://e-talentbank.co.jp/news/3390/ 2014年6月30日閲覧。 
  24. ^ “Twitter / TMR15: 「機動戦士ガンダムUC ...”. Twitter. (2014年6月1日). https://twitter.com/TMR15/status/473049254357766144 2014年6月30日閲覧。 
  25. ^ 松井美緒 (2014年5月18日). “Aimer さん。”. Ameba. http://ameblo.jp/matsui-mio/entry-11853625518.html 2014年6月30日閲覧。 
  26. ^ Chelly / EGOIST (2013年1月7日). “Twitter / chelly_EGOIST: @Aimer_and_staff わわっ ...”. Twitter. https://twitter.com/chelly_EGOIST/status/288270530790965248 2014年6月30日閲覧。 
  27. ^ “Twitter / araataa: Aimerさんの新しいミニアルバム「After Dark」 ...”. Twitter. (2013年11月26日). https://twitter.com/araataa/status/405298477824884736 2014年6月30日閲覧。 
  28. ^ 久保帯人 (2011年12月3日). “Twitter / tite_kubo: いや、SMEさんのプッシュです。Aimerさんは声が凄く良い ...”. Twitter. https://twitter.com/tite_kubo/statuses/142968990967406592 2014年6月30日閲覧。 
  29. ^ 安野希世乃 (2012年7月16日). “aimerさんなう”. Ameba. http://ameblo.jp/kiyono-yasuno/entry-11304153823.html 2014年6月30日閲覧。 
  30. ^ Sachiko_FLiP (2013年5月22日). “Twitter / sachiko_FLiP: Aimerちゃんの言葉も声も透き通ってて好き。 ...”. Twitter. https://twitter.com/sachiko_FLiP/statuses/337076338106195968 2014年6月30日閲覧。 
  31. ^ 藍井エイル(あおいえいる) (2014年5月15日). “Twitter / eir_ruru: Aimerさん聴いてます。やばす…。 ...”. Twitter. https://twitter.com/eir_ruru/statuses/466922511783825408 2014年6月30日閲覧。 
  32. ^ “Sony Music Online Japan : Aimer(エメ) : 星屑ビーナス”. Sony Music. http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/DF/aimer/DFXX-0000/index.html 2012年6月24日閲覧。 
  33. ^ 着うた配信における規格品番。
  34. ^ “ディスコグラフィ”. Sony Music. http://www.sonymusic.co.jp/artist/aimer/discography/DFXX00177806A 2014年6月3日閲覧。 
  35. ^ 「Fate/hollow ataraxia」のプロモーションムービー第1弾が公開に。限定版に同梱される「ねんどろいどぷち【アヴェンジャー】」の原型も紹介”. 4Gamer.net (2014年6月27日). 2014年6月28日閲覧。
  36. ^ 内藤樹里がゲスト出演。
  37. ^ 『NO.6 VOL.1 BD/DVD発売記念イベント「聖なる祝日」』ミニライブ公演生中継。
  38. ^ くまモンがゲスト出演。
  39. ^ 中島ヒロトがゲスト出演。FM802THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS』スタジオライブ生中継。
  40. ^ 札幌市時計台より生中継。
  41. ^ 六本木ヒルズ森タワー東京シティビュー「MADO LOUNGE」より生中継。
  42. ^ 博多百年蔵より生中継。
  43. ^ ソニー・ミュージックスタジオより生中継。
  44. ^ 配信シングル「星屑ビーナス」ダウンロード購入者招待。
  45. ^ プラネタリウムより生中継。
  46. ^ 「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜」レコチョク着うたフルダウンロード購入者招待。
  47. ^ 新江ノ島水族館より生中継。
  48. ^ 松屋銀座ソラトニワ銀座より生中継。
  49. ^ a b シングル「あなたに出会わなければ 〜夏雪冬花〜/星屑ビーナス」CD購入者招待。
  50. ^ “Aimer 台風で開催を危ぶまれるも、幻想的なライブで魅了”. billboard JAPAN. (2012年10月1日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/7427 2014年6月30日閲覧。 
  51. ^ ソニー・ミュージックスタジオより生中継。
  52. ^ “1stアルバムヒット中のAimer、【MINAMI WHEEL】初出演で入場規制の大盛況”. GLOBAL PLUS INC.. (2012年10月17日). http://www.barks.jp/news/?id=1000083962 2014年7月3日閲覧。 
  53. ^ a b c d アルバム『Sleepless Nights』CD購入者招待。
  54. ^ “Aimer 仙台公演で感極まり、オーディエンスも思わず涙”. billboard JAPAN. (2012年11月9日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/8268 2014年6月30日閲覧。 
  55. ^ カバーアルバム『Bitter & Sweet』CD購入者招待。Live at anywhere Vol.16 Bitter & Sweet +として生中継。
  56. ^ シングル「RE:I AM EP」HMV店舗限定CD購入者招待。澤野弘之がゲスト出演。Live at anywhere Vol.17 Her Mind's Voiceとして生中継。
  57. ^ シングル「RE:I AM EP」タワーレコード店舗限定CD購入者招待。
  58. ^ シングル「RE:I AM EP」山野楽器CD購入者招待。
  59. ^ シングル「RE:I AM EP」CD購入者招待。
  60. ^ シングル「RE:I AM EP」CD購入者招待。
  61. ^ サマリスがゲスト出演。アイスランド「GREEN HOUSE STUDIO」より生中継。
  62. ^ YouTube Space Tokyoより『MUSIC FRIDAY』スタジオライブ生中継。
  63. ^ ミニアルバム『After Dark』CD購入者招待。Live at anywhere Vol.20 Dark After Darkとして生中継。
  64. ^ ミニアルバム『After Dark』タワーレコード店舗限定CD購入者招待。
  65. ^ 大雪の影響で内容が変更されて放送された。
  66. ^ a b SawanoHiroyuki[nZk]:Aimer名義。
  67. ^ シングル「StarRingChild EP」タワーレコード店舗限定CD購入者招待。
  68. ^ アルバム『Midnight Sun』タワーレコード店舗限定CD購入者招待。
  69. ^ アルバム『Midnight Sun』HMV店舗限定CD購入者招待。Live at anywhere Vol.24 Stardust August 〜playback〜として9月6日にストリーミング配信。
  70. ^ 福岡県内店舗限定CD購入者招待

外部リンク[編集]