明け方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香港坪洲島の夜明け

明け方(あけがた)は、1日のうちが明けて明るくなる時間帯。明け(あけ)・夜明け(よあけ)・(あかつき)・東雲(しののめ)・(あけぼの)・黎明(れいめい)・彼誰時(かわたれどき)などの語がある。

日の出頃の時間帯であるが、太陽が地平線より上に昇る前から大気中の塵による光の散乱により空が明るくなり始める。これを薄明といい、星が見え暗さが残る段階までを「明け方」、日の出前でも十分に空が明るい段階を「夜明け」として区別したりする。

漢語でこの時間帯を表すのは朝・旦・晨・早などである。これらは夕方を表す語とともに朝夕・旦暮・晨昏・早晩などと併用される。

日本の暦では古くは明け三つ時といわれ5時から7時くらいの時間帯であった。

また、(あかつき)という言葉は、現代語では「夜明け」「明け方」(太陽は出ていないが、空が明るくなり出している状態)を指すが、古語では「未明」(空が明るくなる前の状態)を表すので注意が必要である。古くはあかつき、しののめ、あけぼのという順に推移するものと区分された[1]


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
  1. ^ goo 国語辞書”. 2014年7月29日閲覧。