高雄港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高雄港
Shipping-container Kaohsiung Harbour.jpg
高雄港
所在地
Flag of the Republic of China.svg中華民国
所在地 高雄市
座標 北緯22度21分00秒 東経120度10分23秒 / 北緯22.3501度 東経120.1730度 / 22.3501; 120.1730
詳細
開港 1858
運営者 高雄港務局
統計
年コンテナ数 947万TEU (2005)
公式サイト http://www.khb.gov.tw
1番入り口
2番入り口

高雄港(カオシュンこう 英語: Port of Kaohsiung中国語: 高雄港)は、世界第12位(2012年現在)の取扱量[1]、おおよそ1000万の20フィートコンテナを扱う台湾でもっとも大きい港[2]。台湾の南端に位置しており、鼓山区塩埕区苓雅区前鎮区小港区旗津区に囲まれて高雄市に隣接している。中華民国行政院中華民国交通部から分割された高雄港湾局によって管轄されている。

歴史[編集]

この港は、人々が近代的な港に開発する前は自然のラグーンであった。16世紀当時、いくつかの村が現代の高雄(当時"Takau" ターカウと呼ばれていた)の海岸に形成された。オランダ東インド会社の植民地の住民が1620年にTakauへ到着し、その後ラグーンの開発を始めた。港は"Takau Port"(打狗港)と呼ばれ、オランダ統治時代鄭氏政権時代、初期の時代にだんだんと成長していった。

1858年に清はフランスイギリスの連合軍にアロー戦争で破れ、天津条約に調印した。条約によると、清政府は外国との貿易のために台湾の5つの港を開くよう要求された。5つの港のうちの一つとして1864年打狗港は公式に開かれた。その後、日清戦争に負けた清政府は1895年に台湾を日本へ譲渡した。

初期の日本統治時代 (台湾)、植民地政府は打狗港を近代的な港へ開発するつもりで大きなプロジェクトを引き受けることを決めた。日本は3段階に港を拡張し、最初の工事は1908年、2番目は1912年に終了し、3度目は第二次世界大戦によって中断された。この間、1920年に打狗(ターカウ)は高雄(たかお)に改称された。第二次世界大戦中、高雄港は連合国により酷く爆撃された。

戦争後、中華民国政府は港の開発を再度始め、ラグーンの内部で臨海工業地区を開発した。第二の港口となる"second port"が1975年小港区旗津区の間にかかる橋を壊すことで建設された。

地図[編集]

Port of Kaohsiung map.svg

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高雄港がUNCTAD「世界の港湾別コンテナ取扱量」ランキングで第12位 - 台北駐日経済文化代表処 台北駐日經濟文化代表處
  2. ^ 應用統計分析報告: 七港營運實績分析”. Keelung Harbor Bureau. 2008年6月3日閲覧。

画像ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

  • 台湾国際造船

外部リンク[編集]