UNICORN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UNICORN
基本情報
別名 ユニコーン
出身地 日本の旗 日本 広島県広島市
ジャンル ロック[1]
ポップ・ロック[1]
活動期間 1986年 - 1993年
2009年 -
レーベル CBS/SONY RECORDS
(1987年 - 1991年
Sony Records
1991年 - 1993年)
Ki/oon Records
(2009年 - 2012年)
Ki/oon Music
(2012年 -)
公式サイト UNICORN.JP
メンバー
奥田民生(ボーカル・ギター)
手島いさむ(ギター)
EBI(堀内一史)(ベース)
ABEDON(阿部義晴)(キーボード)
川西幸一(ドラムス)
旧メンバー
向井美音里 (キーボード)
(1987年 - 1988年

UNICORNユニコーン)は、日本のロックバンド1986年に結成し、1993年に解散。2009年に活動再開した。

概要[編集]

1986年広島県広島市にて結成。バンド名は、イギリスのロックバンドT・レックスのアルバム『ユニコーン』に由来している[2]

1987年デビュー。所属事務所はCBSソニー・アーティスツ(現・ソニー・ミュージックアーティスツ)。契約レコード会社はCBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)。初期の音楽プロデューサー笹路正徳。「バンドブーム」の中心的グループ[3][4]THE BLUE HEARTSJUN SKY WALKER(S)と共にバンド御三家とも呼ばれた。またルックスの良さからチェッカーズJUN SKY WALKER(S)と並んで、当時の音楽雑誌で最もグラビアページを組まれるバンドであった。特に"ロックバンドのアイドル化"を招いたと言われる『PATi PATi』では、チェッカーズの後、度々表紙や特集を組まれる同誌の看板スターとなった[5]1993年9月に解散。解散後はソロや新たなバンドでの活動、他のミュージシャンのプロデュース等、各方面で活動していたが、2009年に再始動を発表。

デビュー当初は、ビートロックの一派とされていたが、アルバム『服部』以降は音楽性は何でもありになり、ライブにも独特の寸劇が組み込まれたりするなど、バンドブームの中でも独自の活動を行った。また、音楽性の違うメンバー全員が作詞と作曲とボーカルを担当できるバンドでもあり、解散直前には「EBI奥田阿部西川手島」名義で『UNICORN』というタイトルのミニアルバム(形態は8cmシングル)を発表している。

代表曲は『大迷惑』『スターな男』『働く男』『すばらしい日々』『服部』など。

メンバー[編集]

  • 奥田民生(おくだ たみお、1965年5月12日(49歳)、広島県広島市出身)
    ボーカルギター担当。
  • 手島いさむ(てしま いさむ、1963年8月27日(50歳)、愛知県生まれ広島県育ち)
    ギター、ボーカル担当。本名:手島勇(読み同じ)。愛称はTESSY(てっしー)、3623(さむにいさん)。
  • EBI(エビ、1965年10月2日(48歳)、広島県広島市出身)
    ベース、ボーカル担当。本名:堀内一史(ほりうち かずし)。バンド活動中にソロデビュー(ソロ名義でアルバムをリリース)している。
    デビューから1993年までの作品においては、作詞、作曲の名義は本名の堀内一史で統一されている。
  • ABEDON(あべどん、1966年7月30日(47歳)、山形県山形市出身)
    キーボード、ギター、ボーカル担当。現バンドリーダー[6]。本名:阿部義晴(あべ よしはる)。愛称は阿部B(あべびー)。
    1stアルバム『BOOM』、2ndアルバム『PANIC ATTACK』のレコーディングにサポートで参加し、『PANIC ATTACK』リリース前のTV出演にて正式加入が発表。
    解散まで、CX系『ダウンタウンのごっつええ感じ』ではミニコーナー「民生くんとアベくん」に奥田民生とレギュラー出演していた。
    2014年1月7日、アーティスト名を"ABEDON"に改名した。
  • 川西幸一(かわにし こういち、1959年10月20日(54歳)、広島県呉市出身)
    ドラムスボーカル担当。初代バンドリーダー[7]。89年頃から93年の脱退まで、西川幸一の名で活動、当時の愛称は西川くん。
    1993年、アルバム「スプリングマン」レコーディング中に、音楽的姿勢の相違を理由に脱退。2009年、ユニコーン再結成発表にてバンドメンバーに復帰。

上記は基本編成であり、レコーディングやライブでは各メンバーが状況に応じてさまざまな楽器を担当している。

旧メンバー
  • 向井美音里(むかい みどり、1965年4月27日(49歳) - 、広島県出身)
    キーボード担当。
    1988年、2度目のツアー終了後、健康上の理由で脱退。89年、EBIと結婚し2児の母となるが、98年に離婚。02年、音楽業界から離れる。

略歴[編集]

  • 1986年3月、川西、手島が中心となって「ユニコーン」を結成。手島が、ライブハウスの演奏で目をつけていたEBI(堀内)を勧誘し加入。2度の勧誘を経て最後に奥田が加入。12月、CBSソニーオーディション決勝にて合格。
  • 1987年10月、1stアルバム『BOOM』でデビュー。
  • 1988年1月、向井が健康上の理由から脱退。以後のレコーディングとライヴには、笹路正徳、阿部義晴がサポートメンバーとして参加。5月、阿部が正式加入。
  • 1989年7月10日、初の日本武道館でのライヴを行う。
  • 1990年、4thアルバム『ケダモノの嵐』が第32回日本レコード大賞アルバム賞を受賞する。
  • 1991年8月23日、 EBIがアルバム「MUSE`E」でソロデビュー。10月22日 、ユニコーンでは最長のツアー「舞監無き戦い」ツアー開始(1992年3月19日まで)。
  • 1992年 8月から10月にかけて、EBI、奥田、阿部、川西(西川)、手島の順で5人がそれぞれソロシングルをリリース。
  • 1993年1月21日、川西が脱退をファンクラブ号外にて発表。同年2月6日付で正式脱退。以後のレコーディングには河合マイケル、ライヴには古田たかしがサポートメンバーとして参加。9月21日、ニッポン放送「オールナイトニッポン」にて解散を発表。

活動再開[編集]

  • 2006年9月、 阿部、誕生40周年記念ツアー「阿部義晴音楽祭〜仲間とノリノリ40祭〜」開催。川西が在籍していたジェット機、奥田らが参加。アンコールセッションではユニコーンの楽曲を披露。
  • 2007年7月15日、 ユニコーン時代からのスタッフ(通称:Jメン)の結婚パーティーの余興で、川西を除いたメンバー4人が揃って数曲を演奏(川西は仕事のため披露宴欠席、ドラムは川西脱退後のライヴと同様、古田たかしが担当)。12月、 阿部が、川西に「5人での新曲作り」をもちかける。
  • 2008年1月、 メンバー全員が再結成を快諾。5月、新曲のレコーディング開始。
  • 2009年1月5日、 再始動が正式発表され、シングル、アルバムのリリース及び全国ツアーの開催を発表。2月、再始動後初のシングル「WAO!」、アルバム「シャンブル」発売。3月5日 山形より、全国ツアー「蘇える勤労」スタート。
  • 2011年10月25日26日、19年振りにJUN SKY WALKER(S)との対バンをGolden Circleとして日本武道館にて開催。[8]
  • 2012年2月、川西、手島、EBIの3人により新バンド電大が結成され、ミニアルバムの制作と全国ツアーの開催が発表される。
  • 以降、現在までアルバムリリースとライヴツアーを敢行。またツアーを敢行しない年はバンドは新曲リリースとイベント参加、メンバーそれぞれの活動に専念している。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高順位 タイアップ・備考
1 1989年4月29日 大迷惑 12位 -
2 1989年9月1日 デーゲーム 11位 坂上二郎とユニコーン」名義
3 1990年7月21日 働く男 3位 フジテレビ系『夢で逢えたら』主題歌
4 1990年10月21日 命果てるまで 10位 -
5 1991年1月21日 スターな男 6位 フジテレビ系『夢で逢えたら』主題歌
6 1991年6月21日 ブルース 4位 -
7 1991年10月25日 ヒゲとボイン 23位 -
8 1992年12月2日 雪が降る町 4位 -
9 1993年4月21日
2006年3月24日(再発)
すばらしい日々 6位
181位(再発)
映画『ヒナゴン』主題歌(2005)
SONY DHハンディカム『HC3』CMソング(2006)
企画 1996年11月1日 雪が降る町 "more bell mix" 38位 -
10 2009年2月4日 WAO! 3位 日本コカ・コーラアクエリアス」CMソン
11 2009年10月7日 半世紀少年 3位 スッキリ!!』10月度エンディングテーマ
12 2010年6月9日 裸の太陽 7位 日本コカ・コーラ「アクエリアス」CMソング
13 2011年4月27日 デジタルスープ/ぶたぶた 7位 「デジタルスープ」:三井のリハウスCMソング
「ぶたぶた」:映画「これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫」主題歌
14 2012年6月22日 Feel So Moon 5位 日本テレビ系「宇宙兄弟」オープニングテーマ
15 2013年8月(特典CD)
2013年8月12日(配信)
ゴジュから男 - 「手島いさむ50祭 ワシモ半世紀」 チケット購入者特典CD
配信リリース。


オリジナルアルバム[編集]

リリース日 タイトル 最高順位
1 1987年10月21日 BOOM 77位
2 1988年7月21日 PANIC ATTACK 18位
3 1989年6月1日 服部 3位
4 1990年10月1日 ケダモノの嵐 1位
MINI 1990年11月1日 おどる亀ヤプシ 2位
MINI 1990年12月1日 ハヴァナイスデー 2位
5 1991年9月30日 ヒゲとボイン 2位
6 1993年5月21日 SPRINGMAN 1位
7 2009年2月18日 シャンブル 1位
8 2011年5月25日 Z 2位
MINI 2011年8月31日 Z II 3位
9 2014年3月26日 イーガジャケジョロ 3位

再発版[編集]

リリース日 タイトル等
8 1995年12月13日 「BOOM」〜「SPRINGMAN」廉価盤再発
「おどる亀ヤプシ+ハヴァナイスデー」
「ユニコーンのゴールデン・ハーフ・スペシャル」発売
9 2007年12月19日 「BOOM」〜「SPRINGMAN」 紙ジャケット仕様再発(完全生産限定盤・リマスタリング無)

その他アルバム[編集]

リリース日 タイトル 備考
1992年2月21日 OLDIES BUT GOLDIES ユニコーン・メンバー選曲による洋邦オムニバスアルバム
1993年1月21日 UNICORN 「EBI奥田阿部西川手島」名義でのソロ楽曲集。箱型ケースによる8cmCD
1993年11月21日 THE VERY BEST OF UNICORN 解散後にリリースされた初のベストアルバム。
1994年4月21日 THE VERY RUST OF UNICORN 初のライブ盤とベスト盤の2枚組。
1995年12月13日 おどる亀ヤプシ + ハヴァナイスデー 再発シリーズ企画盤で2枚のミニアルバムを1枚にしたもの
1995年12月13日 ユニコーンの
ゴールデン・ハーフ・スペシャル
再発シリーズ企画のベスト盤。収録曲とそのカラオケバージョンが収録されている
1999年1月30日 STAR BOX ソニーのSTAR BOXシリーズの一環
2002年12月18日 ULTRA SUPER GOLDEN WONDERFUL SPECIAL ABSOLUTE COMPLETE PERFECT SUPREME TERRIFIC ULTIMATE... 15周年企画盤として完全生産限定。「ベスト盤」2枚 +「ソロ・UNICORN」+ DVDの4枚組。
2007年10月24日 ユニコーン・トリビュート 初のトリビュートアルバム。奥田民生 監修。
2009年3月18日 I LOVE UNICORN 〜FAN BEST〜 再結成後に発売されたファン投票によるベスト盤。
2009年7月22日 URMX 初の公式リミックス盤。
2009年12月23日 勤労ロードショー 〜LIVE IN JAPAN〜 "蘇える勤労"ツアーのライヴ盤。
2012年10月25日 Quarter Century Box デビュー25周年(実働10年)を記念したBOX。
完全生産限定盤、"4CD+DVD"、"4CD+Blu-ray"の2形態で発売。
2012年12月5日 UNICORN SME ERA
- remasterd BOX
解散までのオリジナルアルバム8枚のリマスター盤+
「URMX」+ DVDの10枚組。期間限定生産
2012年12月19日 Quarter Century Single Best 「Quarter Century Box」収録の
シングルリマスターコレクションの単品版。
Blu-spec CD2
2012年12月19日 Quarter Century Live Best 「Quarter Century Box」収録の
オールタイム・ライブベストの単品版。
Blu-spec CD2
2013年3月6日 ユニコーン・カバーズ トリビュートアルバム第二弾。再結成したため"カバー"となる。
Blu-spec CD2

映像作品[編集]

映像単体でのリリース
CD初回限定特典

ライブ・コンサートツアー[編集]

タイトルと日程
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
2009年
2011年
2013年
2014年

エピソード[編集]

結成の経緯[編集]

  • 川西と手島は「THE STRIPPER」というバンドで一緒に活動していたが、音楽性の違いにより2人そろって脱退した。その後、手島は本気でプロのミュージシャンになる事を志し、ライブハウスでアルバイトをしつつ多数のバンドを掛け持ちする。一方で川西は音楽を一度止め、就職する。
  • バンドを止めサラリーマンとなった川西だったが、当時奥田の所属していたバンド「READY!」の解散ライヴのサポートドラマーを頼まれ参加。バンド熱が戻った川西は新たなバンドを結成すべく手島に声をかけたが「サラリーマンと組む気は無い」と言われたため脱サラし、勧誘に成功した。次に手島が目をつけていたベーシスト堀内(EBI)を勧誘。実は川西、手島の大学の後輩だった。
  • READY!を解散した奥田は、友人のベーシストと新たなバンドを作ることを約束していた。そのため、川西からの最初のオファーを断ったのだが、そのベーシストが勝手に別のバンド(後のレプリカ)をやり始めたため、2度目のオファーでユニコーンへの加入を決意した。[9]

デビュー後[編集]

  • 1988年4月17日、名古屋公演中に奥田が腰を痛めてしまう(以後完治することなく、持病となっている)。翌日の大阪公演は、痛み止めを使って行われた。[10]
  • アルバム『服部』発売当時、全国の服部さんをライブに招待する企画があり、日本武道館の客席に「服部様ご一行」と垂れ幕がかかった一角を設け、服部姓のファンが集結した。[11]
  • 阿部はライブツアー『嵐の獣』の公演中(1991年1月8日、宇都宮市文化会館)、カンフーのパフォーマンスに失敗し、脱臼。すぐさま病院に運ばれ、公演は途中で中止となる。振替公演(同年2月28日、同会場)では、中止になった後の曲目から演奏された。[12]

影響[編集]

再始動後[編集]

  • アルバム「シャンブル」レコーディング中、川西が再始動にあたりバンド名を変えようと提案したところ、即却下された。ちなみに、バンド名候補として「ペガサス」「シリウス」「UNICoooooRN (GReeeeNのもじり)」などがあったという。[56]
  • Yahoo!インタビューではメンバーはユニコーンを存続させる旨の発言をしている。テレビ朝日ドスペ2・復活記念特番 蘇えるユニコーン」(2月15日放送)では「もはや解散なんてことはないと思う。やったりやらなかったりしていいわけだから(奥田)」との発言があり、また、フジテレビ僕らの音楽2009年2月20日放送分では「誰かが『やってくれ』といったらやる(奥田)」とも発言している。これらの発言から、今後は各々のソロ活動と並行してユニコーンとしての活動を行っていくものと思われる。
  • 新たに完成したMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島に1年間限定で「ユニコーーーーーーン」とかかれた40メートルの巨大看板を設置、それに伴って4月26日の広島対阪神戦にてユニコーンのメンバーが始球式をすることが決定。[57]始球式をEBIが担当したが、EBIの投げたボールが当時、腰痛であった阪神・赤星憲広の尻に直撃、EBI・奥田が謝罪するという事態となった。

関連項目[編集]

  • レピッシュ - メンバー同士音楽番組で共演するなど交流がある一方、奥田[58]、阿部[59]はレピッシュに対してライバル視していた面もあった。
  • JUN SKY WALKER(S) - メンバー同士が仲が良く音楽誌で度々合同取材を行ったり、プライベートでも良く遊んだ。
  • 井上陽水 - 陽水の長男がユニコーンの大ファンであり、陽水の長男が聴いていた『雪が降る町』を気に入った事から、奥田と陽水の交流が始まった。
  • ダウンタウン - 『夢で逢えたら』など、ダウンタウンの番組にたびたび出演。奥田とは現在も交友があり、1997年には浜田雅功に「春はまだか」を提供している。

脚注[編集]

  1. ^ a b キューブミュージック
  2. ^ T・レックスのファンだった手島の発案による。
  3. ^ WHAT's IN? (ワッツ・イン)2008MAY、p62
  4. ^ 音楽誌が書かないJポップ批評56、宝島社、2008年11月、p83
  5. ^ 音楽誌が書かないJポップ批評56、宝島社、2008年11月、p34、63-65
  6. ^ 再結成後のレギュラーラジオJ-WAVE「OH! MY RADIO」2009年7月29日の放送にて奥田民生が発言。
  7. ^ 再結成後のレギュラーラジオJ-WAVE「OH! MY RADIO」2009年7月29日の放送にて「肝心な時に居ないからリーダー失格」と奥田民生が発言。メンバーも正式に決まったと同じく発言。
  8. ^ Golden Circle HPより
  9. ^ THE VERY RUST OF UNICORN VIDEO Vol.1
  10. ^ 『ULTRA SUPER GOLDEN~』特典DVDより
  11. ^ MOVIE2 〜 WORLD TOUR 1989 服部より
  12. ^ THE VERY RUST OF UNICORN VIDEOより
  13. ^ THE M日本テレビ、2008年6月22日SP)
  14. ^ 別冊カドカワ 総力特集 ユニコーン角川書店、2009年6月、199頁
  15. ^ 別冊カドカワ角川書店、2008年1月、50、51頁
  16. ^ 09.08.01 コブクロ「ぼくたちの音楽ルーツをお話しましょう!」 - J-WAVE
  17. ^ a b c Musicnet -- CLOSE UP
  18. ^ アジカンLOCKS!
  19. ^ a b c d e f g h i j MUSICA2009年5月号 Vol.25 - MUSICA(ムジカ)、2009年5月号、FACT、28-31頁
  20. ^ 別冊カドカワ 総力特集 ユニコーン角川書店、2009年6月、153頁
  21. ^ ヒダカトオルは「僕らがまず目指したのはユニコーンみたいな感じ。」と発言している。
  22. ^ ORICON STYLE ジャンヌダルクの軌跡
  23. ^ Bana-Ten/西日本新聞社
  24. ^ Janne Da Arc : ジャンヌダルク、コピー・バンド大会を開催! / BARKS
  25. ^ FM802『MUSIC FREAKS』、2003年10月12日<FM802藤巻亮太ラジオ
  26. ^ 別冊カドカワ角川書店、2008年1月、52、53頁
  27. ^ 別冊カドカワ 総力特集 ユニコーン角川書店、2009年6月、58-61頁
  28. ^ 続けてきただけ -SEAMOの言葉-、SEAMO著、2008年6月、辰巳出版、45、54頁
  29. ^ a b c 特集 ユニコーン、CDジャーナル、掲載日:2009/02/25
  30. ^ トライセラトップス和田唱日記
  31. ^ キンモクセイの枝: ユニコーンについて
  32. ^ ミュージックステーションテレビ朝日系、2009年1月30日
  33. ^ ナタリー - ユニコーン復活記念ゆるふわ特番、テレ朝でオンエア
  34. ^ 12年06月20日 - YOMIMONO « THE BACK HORN OFFICIAL SITE
  35. ^ 常田真太郎(スキマスイッチ)の「気付けばターニングポイントになっていた
  36. ^ 別冊カドカワ 総力特集 ユニコーン角川書店、2009年6月、54-57、134-139頁
  37. ^ MONGOL800 - livedoor Blog(ブログ)
  38. ^ さるさる日記 - ナヲちゃんのときめき乙女日記
  39. ^ ROCKIN'ON JAPAN、2008年8月号、60頁
  40. ^ CDでーた、角川マガジンズ、2009年5月号、112頁
  41. ^ SPECIAL OTHERS/BARKS特集
  42. ^ MUSIC FREAKSFM802、2009年1月18日
  43. ^ ナタリー - Power Push monobright スペシャルコンテンツ
  44. ^ interview with Analogfish プロテスト・ソングは何処に ... - Dommune
  45. ^ felicity Music GO Roundインタビュー アナログフィッシュ【完全版】
  46. ^ フジタユウスケ スタッフブログ 9/25京都四十八茶百鼠弾き語り2マン
  47. ^ 別冊カドカワ 総力特集 ユニコーン角川書店、2009年6月、204頁
  48. ^ ナタリー - Power Push サカナクション「sakanaction」インタビュー3
  49. ^ サカナクション Official Site > Blog > 2009.01.06
  50. ^ ナタリー - Power Push Scott & Rivers「スコットとリバース」インタビューpage2
  51. ^ TOKYO FM『RIP SLYME SHOCK THE RADIO powered by G-SHOCK』4月18日放送
  52. ^ FISH OR DIE、1999年5月、角川書店、89-91頁
  53. ^ Golden Circle大阪公演に新ユニット ミスターテラダレン現る | Musicman-net
  54. ^ 音楽サイト・バークス Mr.Childrenインタビュー
  55. ^ 別冊カドカワ 総力特集 奥田民生角川書店、2004年10月、119頁
  56. ^ ミュージックステーション 2009年1月30日放送分、雑誌「ROCKIN'ON」より
  57. ^ 広島東洋カープ公式サイト 2009年4月1日 ユニコーン 看板完成&4.26 始球式決定!
  58. ^ THE VERY DUST OF UNICORN 66頁
  59. ^ COMPLETE UNICORN 1987-1993 234頁

外部リンク[編集]