岩手県民会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩手県民会館
Iwate Prefectural Hall
Iwate Kenmin Kaikan 2012.JPG
情報
通称 県民会館
正式名称 岩手県民会館[1]
完成 1973年3月25日
開館 1973年4月1日
客席数 1,991席(大ホール)
602席(中ホール)
延床面積 18,566m²
設備 オーケストラピット、照明、ピアノ、音響反響板、大迫り2基/小迫り1基、花道スッポン迫り
用途 音楽・演劇・舞踊・式典・大会など
運営 公益財団法人岩手県文化振興事業団(指定管理者[2]
所在地 020-0023
岩手県盛岡市内丸13番1号
位置 北緯39.703679度 東経141.154766度 / 北緯39.703679度 東経141.154766度 / 39.703679; 141.154766座標: 北緯39.703679度 東経141.154766度 / 北緯39.703679度 東経141.154766度 / 39.703679; 141.154766
アクセス 東日本旅客鉄道(JR東日本)盛岡駅から徒歩30分、バス・タクシーで15分
公式サイト 岩手県民会館

岩手県民会館(いわてけんみんかいかん)は、岩手県盛岡市にある岩手県立の多目的ホールである。指定管理者制度に基づき、公益財団法人岩手県文化振興事業団が管理・運営を行っている。

概要[編集]

所在地は、岩手県盛岡市内丸13番1号。主な使用用途はコンサート演劇ミュージカル・講演会・大会など。1970年(昭和45年)に盛岡市で開催された第25回国民体育大会(みちのく国体)の開催記念事業として建築された[3]1973年(昭和48年)4月に開館して以来、岩手県の芸能文化の拠点施設として利用されている。総工費は22億9,400万円[3]。設計は、株式会社佐藤武夫設計事務所[3]。施工は、鹿島建設株式会社ほか[3]。大ホール1階の階段を上った付近に橋本八百二の原画による壁面レリーフで岩手県の郷土芸能「鹿踊」が描かれ、会館正面の右手には舟越保武によるブロンズ像「はばたき」が設置されている。

施設[編集]

鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)/地上5階、地下1階[4]

  • 大ホール - 1991席(1~3階)、間口20メートル
  • 中ホール - 602席、間口11.5メートル
  • 展示室(2室)
  • リハーサル室・ミーティングルーム
  • 会議室(5室)、和室(2室)
  • レストラン「くらぼっこ」(労働者協同組合ワーカーズコープ)

主な受賞[編集]

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 県民会館条例
  2. ^ 指定管理者制度導入施設一覧
  3. ^ a b c d 岩手県民会館HP > 岩手県民会館について 2012年6月5日閲覧。
  4. ^ 岩手県民会館HP > 施設のごあんない 2012年6月5日閲覧。
  5. ^ 第15回BCS賞受賞作品 岩手県民会館 - 社団法人 日本建設業連合会HP 2012年6月5日閲覧。

外部リンク[編集]