渡辺貞夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渡辺貞夫
Sadao Watanabe jazz musician.jpg
基本情報
出生 1933年2月1日(81歳)
学歴 栃木県立宇都宮工業高等学校
バークリー音楽院
出身地 日本の旗 日本 栃木県宇都宮市
ジャンル ジャズボサノヴァフュージョン
職業 ミュージシャン作曲家
担当楽器 サックスフルート
活動期間 1951年 -
公式サイト 公式サイト

宮沢昭
守安祥太郎

渡辺 貞夫(わたなべ さだお、1933年2月1日 - )は、日本ミュージシャン作曲家栃木県宇都宮市出身。

ナベサダの愛称でジャズフュージョンサックスプレーヤーフルート奏者として活動し、CMにも出演している。

来歴[編集]

父親は薩摩琵琶奏者。ビング・クロスビー主演の映画「ブルースの誕生」を観て、クラリネットを始める。栃木県立宇都宮工業高等学校を卒業後、1951年に上京。銀座のクラブ等で演奏活動を始める。その後宮沢昭守安祥太郎と出会い影響を受ける。1953年穐吉敏子率いるコージー・カルテットに加入。1956年に穐吉が渡米してからは、渡辺がバンド・リーダーとなる。コージー・カルテット解散後の1958年にはジョージ川口ビッグ4に加入。1961年初リーダーアルバム『渡辺貞夫』を発表。

1962年に、アメリカボストン市バークリー音楽院に留学した。在学中にチコ・ハミルトンゲイリー・マクファーランドガボール・ザボ等と共演。ゲイリー・マクファーランドを通じてボサノヴァの魅力を知る[1]1965年に帰国後[1]、多くの内外ミュージシャンと共演し、日本ジャズ界のリーダーとして活動する一方、ボサノヴァの演奏にも熱心に取り組んだ[1]1968年にはニューポートジャズ祭に出演。

1969年に発売されたアルバム『PASTORAL』からはいわゆる“ジャズ”を超えた音作りに取り組み[2]1977年発売のアルバム『渡辺貞夫リサイタル』では芸術祭大賞を受賞した。デイヴ・グルーシン等を従えて制作したフュージョン・アルバム『カリフォルニア・シャワー』(1978年)はジャズ界では空前の大ヒット作となり、フュージョン・サウンドをポピュラー音楽として広めることになった。「California Shower 」は同年の千葉真一主演テレビドラマ十字路』にも劇中で流されており[3]、このドラマにはCMで渡辺と共演していた草刈正雄も出演していた。

アフリカ音楽等ワールド・ミュージックエッセンスを逸早く吸収し、自身の音楽世界を創造して来た先見性は、目を見張るものがあった。そして、チャーリー・パーカーに影響された彼のアルト・サックス奏法は、現在まで変わることはない。

1984年4月、第1回宇都宮市民栄誉賞受賞。

1988年5月ロサンゼルス名誉市民賞受賞。

1995年11月紫綬褒章受章。

1996年、米国バークリー音楽大学より名誉音楽博士号授与。

2002年6月、第1回栃木県民栄誉賞受賞。

2005年に行われた2005年日本国際博覧会“愛・地球博”では政府出展事業の総合監督を務め、「Share the World〜こころつないで〜」の作曲を担当した。その功績を認められて11月に旭日小綬章を受章した。

2011年4月国立音楽大学で設置される「ジャズ専修」の招聘教授に就任。

近年は青少年への音楽の普及に取り組んでいる。また、JFN加盟ラジオ局の番組「渡辺貞夫 Nightly Yours」のパーソナリティーを勤め、TOKYO FMの番組審議委員会の委員でもある。

ディスコグラフィ[編集]

リーダー作のみ掲載(ベスト盤及びシングルを除く)。

  • SADAO WATANABE(渡辺貞夫)
  • SADAO WATANABE PLAYS
  • GOIN' HOME
  • JAZZ&BOSSA(ジャズ&ボッサ)
  • BOSSA NOVA '67
  • MY ROMANCE
  • JAZZ SAMBA
  • BOSSA BEAT COLLECTION
  • NABESADA & CHARLIE
  • IBERIAN WALTZ
  • BOSSA NOVA CONCERT
  • MUSIC BREAK
  • ENCORE!! JAZZ & BOSSA (SADAO MEETS SHARPS & FLATS)
  • WE GOT A NEW BAG
  • SADAO MEETS BRAZILIAN FRIENDS
  • SADAO PLAYS BEATLES AND BACHARACH
  • SWING JOURNAL JAZZ WORKSHOP2(チャーリー・パーカーに捧ぐ)
  • PASTORAL
  • SONG BOOK
  • SADAO WATANABE LIVE AT THE JUNK
  • SADAO WATANABE AT MONTREUX JAZZ FESTIVAL
  • ROUND TRIP
  • COLLABORATION
  • PAYSAGES(ペイサージュ)
  • SADAO WATANABE
  • OPEN ROAD
  • KENYA YA AFRICA
  • MBALI AFRICA
  • SADAO WATANABE AT “PIT INN”(アット・ピット・イン)
  • SWISS AIR
  • PAMOJA
  • I'M OLD FASHIONED(アイム・オールド・ファッション)
  • SADAO WATANABE RECITAL(渡辺貞夫リサイタル) - 渡辺貞夫(as)、福村博(tb)、峰厚介(ts)、渡辺香津美(g)、本田竹曠(p)、岡沢章(b)、岡田勉(b)、富樫雅彦(prc)、守新治(ds)
  • MY DEAR LIFE(マイ・ディア・ライフ)
  • BIRD OF PARADISE(バード・オブ・パラダイス)
  • AUTUMN BLOW
  • CALIFORNIA SHOWER(カリフォルニア・シャワー) - テレビドラマ十字路』のBGMで使用[3]
  • MORNING ISLAND(モーニング・アイランド)
  • HOW'S EVERYTHING(ハウズ・エブリシング)
  • ORANGE EXPRESS(オレンジ・エクスプレス)
  • FILL UP THE NIGHT
  • RENDEZVOUS(ランデヴー)
  • MAISHA(マイシャ)
  • PARKER'S MOOD
  • TOKYO DATING
  • GOOD TIME FOR LOVE
  • BIRDS OF PASSAGE(バーズ・オブ・パッセージ)
  • ELIS
  • MADE IN CORACAO TOQUINHO
  • FRONT SEAT(フロント・シート)
  • SWEET DEAL
  • A NIGHT WITH STRINGS
  • EARTH STEP
  • IN TEMPO
  • A NIGHT WITH STRINGS Vol.2
  • A NIGHT WITH STRINGS Vol.3
  • GO STRAIGHT AHEAD'N MAKE A LEFT
  • 黒い瞳
  • VIAJANDO
  • REMEMBRANCE(リメンブランス)
  • SADAO 2000
  • MINHA SAUDADE
  • SADAO WATANABE MY DEAR LIFE 50th ANNIVERSARY COLLECTION
  • WHEEL OF LIFE
  • SKETCHES OF NATURE
  • ONE FOR YOU
  • Stella by Starlight(星影のステラ)
  • Broadcast Tracks '69-'72
  • Sadao & Charlie Again
  • BASIE'S AT NIGHT
  • INTO TOMORROW

TV出演[編集]

主なCM[編集]

出演CMの大半は自身の曲がCMソングとして起用されている。

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c アルバム『BOSSA NOVA '67』に収録されている音楽評論家・岩浪洋三の解説文より。
  2. ^ 『DISC GUIDE SERIES 01 FUSION』170-173頁に掲載されている音楽ライター・熊谷美広が執筆した『History of Domestic』より。
  3. ^ a b 十字路 第二部”. テレビドラマデータベース. 2013年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]