ドン・グルーシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドン・グルーシン
基本情報
出生 1941年4月22日(73歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 コロラド州 リトルトン
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ピアニスト
編曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ピアノ/キーボード
レーベル JVC
GRP
ビデオアーツ
共同作業者 アステカ、フレンドシップ

ドン・グルーシンDon Grusin, 1941年4月22日 - )はアメリカ合衆国音楽プロデューサーコンポーザーピアニスト。アーティストとして活動し始めるまでは経済学の教授を務めていた。

デイヴ・グルーシンは実兄にあたる。

バイオグラフィ[編集]

コロラド州デンバー生まれ。音楽一家の元で育ち、兄のデイヴと同様に幼少期よりピアノを習うが、バスケットボールや陸上競技を主としていた。コロラド大学では経済学を専攻し、修士号を取得。その後メキシコ ハリスコ州グアダラハラの自治大学でフルブライト・フェローシップを得る。アメリカに戻った後はフットヒル・カレッジで臨時講師をするが、少しずつ音楽活動にも費やすようになり、ピート・エスコヴェードPete Escovedoシーラ・Eの父親として知られる)、コーク・エスコヴェードCoke Escovedo:元サンタナ)のエスコヴェード兄弟が率いるアステカに参加。クインシー・ジョーンズに見出され、1975年に彼の日本ツアーに参加。以後ロサンゼルス(L.A.)を中心に活動。

クラーク・テリーズート・シムズカール・フォンタナゲイリー・バートン等と共演し、名を上げ始める。1978年にはリー・リトナー等とグループ、フレンドシップを結成しエレクトラで録音。兄のデイヴやクインシー・ジョーンズビリー・エクスタインBilly Eckstine)、ペギー・リートム・スコットリー・リトナーセルジオ・メンデス渡辺貞夫ミルトン・ナシメントジルベルト・ジルドリ・カイミDori Caymmi)、パッティ・オースティン等と共演。プロデューサー、コンポーザーとしても活躍しフュージョンシーンを盛り上げていった。

1981年に初リーダー作Don Grusinを日本のレーベルJVCより発表。1984年には"10k-LA"を発表。 2枚のアルバムを残した後、兄デイヴが立ち上げたレーベルGRPレコードに移り、定期的にアルバムを発表。

2003年9月ロサンジェルスにてかつての仲間達(LAオールスターズ)とライヴを行い録音し、その模様を翌年The Hangにて発表。このアルバムはグラミー賞にノミネートされた。2005年には彼の初となるピアノ・ソロアルバムOld Friends & Relativesをビデオアーツミュージックよりリリース。2006年にはシャカタクのピアニスト ビル・シャープGeographyをJVCより発表。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
Don Grusin 1981 JVC
10k-LA 1984 JVC
Sticks and Stones 1988 GRP
Raven 1990 GRP
Zephyr 1991 GRP
No Borders 1992 GRP
Native Land 1993 GRP
Banana Fish 1994 GRP
Laguna Cove 1998 Award
The Hang 2004 Sovereign Artists
Old Friends & Relatives 2005 Video Arts Music
Geography with Bill Sharpe 2006 JVC
Piano in Venice 2009 JVC

DVD[編集]

タイトル 発売年 注釈
The Hang 2004 Sovereign Artists

外部リンク[編集]