ミルトン・ナシメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルトン・ナシメント
}
基本情報
出生 1942年10月26日
出身地 ブラジルの旗 ブラジル リオデジャネイロ州リオデジャネイロ市
ジャンル MPBジャズ
職業 シンガーソングライターギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1963年-
レーベル A&Mレコード
EMI
ポリドール・レコード
コロムビア・レコード
ワーナー・ブラザーズ・レコード
公式サイト www2.uol.com.br/miltonnascimento

ミルトン・ナシメント(Milton Nascimento、1942年10月26日 - ) は、「ブラジルの声」の異名を持つMPBの代表的アーティスト。

来歴[編集]

リオデジャネイロ市で生まれ、幼い頃ミナスジェライス州トレス・ポンタスに移る。1963年より本格的に音楽活動を開始。1966年、ミルトンが作曲した「Canção do Sal(塩の歌)」が、エリス・レジーナの歌で大ヒットする[1]1967年インディーズのCodilからファースト・アルバム『TRAVESSIA(トラヴェシーア)』発表。同作は長い間廃盤だったが、2003年にCD化された[2]

その後クリード・テイラーに認められ、1969年A&Mレコードからメジャー・デビュー・アルバム『COURAGE(コーリッジ)』発表。1974年には、ウェイン・ショーターのアルバム『NATIVE DANCER』にゲスト参加し、幅広いファン層を得た。その後もジョージ・デュークサラ・ヴォーンと共演し、MPBの枠にとどまらない活躍を続ける。

1988年に初来日。1990年にはポール・サイモンのアルバム『リズム・オブ・ザ・セインツ』に参加。

1991年のアルバム『TXAI』は、ビルボード誌のワールドミュージック・チャートで1位を獲得。同年、ライブ・アンダー・ザ・スカイに出演の為2度目の来日を果たした。

1994年のアルバム『ANGELUS』には、ジャズ/フュージョン界からウェイン・ショーター、ハービー・ハンコックロン・カータージャック・ディジョネットパット・メセニーが、ロック界からジョン・アンダーソンピーター・ガブリエルジェームズ・テイラーがゲスト参加。

1998年には、アルバム『NASCIMENTO』で、グラミー賞のワールドミュージック部門を獲得。2000年ジルベルト・ジルとの連名によるアルバム『GIL E MILTON』発表。

2008年、ジョビン・トリオ(アントニオ・カルロス・ジョビンの息子パウロ・ジョビンが率いるグループ)との連名によるアルバム『NOVAS BOSSAS』発表。

脚注[編集]

  1. ^ 『コーリッジ』日本盤CD(UCCU-5223)ライナーノーツ(ケペル木村)
  2. ^ CDjournal.com ニュース

外部リンク[編集]