トム・スコット (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トム・スコット
基本情報
出生 1948年5月19日(66歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ウェストコースト・ジャズフュージョン
担当楽器 サックス

トム・スコット(Tom Scott 1948年5月19日-)はアメリカ合衆国ロサンゼルス出身の、ウェスト・コースト・ジャズフュージョンを代表するサックス奏者で作曲家、編曲家。10回以上グラミー賞にノミネートされており、3度受賞してもいる。

バイオグラフィ[編集]

作曲家で編曲家のネイザン・スコットを父に、ピアニストの母を持つ。9歳の時ベニー・グッドマン等の影響でクラリネットを演奏し始める。12歳の時にスクール・バンドに入り、バリトン・サックスを担当、独学で作曲、編曲を学ぶ。伝説的なサックス奏者ジョン・コルトレーンに影響され自己スタイルを築く。1968年に初ソロ作"Honeysuckle Breeze"インパルス!レコードより発表。1970年になるとボブ・シールBob Thiele)創立ののフライング・ダッチマン(Flying Dutchman Records)に移籍。

1973年に自己バンドL.A.エクスプレスを結成、翌年にはビートルズのメンバー、ジョージ・ハリスンのツアーに参加。このようにジャズに拘らず、ロックやポップの分野にも範囲を広く持つ。この他ジャズ以外での分野では、ホイットニー・ヒューストンバーブラ・ストライサンドジョニ・ミッチェルスティーリー・ダンクインシー・ジョーンズ等と共演している。

1978年にはブルース・ブラザーズのオリジナルメンバーとして参加。1981年には若い頃のマーカス・ミラーリチャード・ティー等ニューヨーク勢のミュージシャンと共演したライヴアルバム"Apple Juice"コロムビア・レコードより発表。1980年代後半になるとGRPレコードに移籍、1992年にGRP創設10周年記念として結成したGRPオールスタービッグバンドに参加。1994年にGRPの創設者デイヴ・グルーシンラリー・ローゼンLarry Rosen)が離れ、レーベルの方針が変わってきたためにウィンダム・ヒル・ジャズに移籍、しかしウィンダム・ヒルはジャズ部門を閉鎖する事になり、ハイアー・オクターヴに移籍する。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

タイトル 発売年 注釈
"Honeysuckle Breeze" 1968 Impulse
"Rural Still Life" 1969 Impulse
"Hair To Jazz" 1970 Flying Dutchman
"Paint Your Wagon" 1971 Flying Dutchman
"Great Scott" 1972 A&M
"Tom Scott & L.A. Express" 1974 Ode
"Tom Cat" 1975 Ode
"New York Connection" 1976 Ode
"Blow It Out" 1977 Epic/Ode
"Intimate Strangers" 1978 Columbia
"Street Beat" 1979 Columbia
"Apple Juice" 1981 Columbia
"Desire" 1982 Electra Musician
"Target" 1985 Atlantic
"One Night, One Day" 1986 Soundwings
"Streamlines" 1987 GRP
"Flashpoint" 1988 GRP
"Them Changes" 1990 GRP
"Keep This Love Alive" 1991 GRP
"Born Again" 1992 GRP
"Reed My Lips" 1994 GRP
"Night Creatures" 1995 GRP
"Bluestreak (with L.A. Express)" 1996 GRP
"Priceless Jazz" 1997 GRP
"Smokin Section" 1999 Windham Hill Jazz
"Newfound Freedom" 2003 Higher Octave
"BeBop United" 2006 MCG Jazz
"The Very Best of Tom Scott" 2006 GRP
Cannon Re-Loaded 2006 Concord Jazz

TV出演[編集]

  • 『東京JAZZ2011』 (NHK BSプレミアム)2011年10月15日

外部リンク[編集]