リズム・アンド・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リズム・アンド・ブルース
様式的起源 ジャズ
ブルース
ゴスペル
文化的起源 1940-1950年代(アメリカ)
使用楽器 ドラムセットコントラバスサクソフォーンホルンピアノオルガンエレクトリック・ギターヴォーカルバックグラウンド・ヴォーカル
流行時期 1940-1960年代
派生ジャンル ファンクスカソウルロックンロールレゲエディスコハウス
サブジャンル
コンテンポラリー・R&Bスムーズジャズ
融合ジャンル
ロカビリー
テンプレートを表示

リズム・アンド・ブルース: Rhythm and blues[1]は、音楽ジャンルである。略称はR&B(アール・アンド・ビー)またはRnBRB

スイング感のあるリズムビートに乗りながら、叫ぶように歌うのが特徴。のちのロックンロールなどのジャンルにも影響を与えた[2]1940年代後半に、ジャズブルースゴスペルといったブラック・ミュージックが発展する形で生まれた。

概要[編集]

この用語は、1947年ビルボード誌ジェリー・ウェクスラーにより作り出された[3]。ウェクスラーが、名付けるまでは、アフリカンアメリカンの音楽を「レイス・ミュージック」と呼び、ビルボード誌でも順位を「レイス・ミュージック・チャート」として発表していた。しかし1947年の或る週末、「もう、こういう名前で呼ぶ時代ではないだろう」「何か違う名前で呼ぼう、週末の間に皆で考えよう」とビルボード誌編集部で話が出た。次の火曜日にウェクスラーが「リズム・アンド・ブルースっていうのはどう?」と提案した事から、これが採用された。

ロックンロールもこの音楽の影響により生まれたが、当初はリズム・アンド・ブルースとロックンロールの間に明確な区別はなかった。その後、リズム・アンド・ブルースはソウルミュージックなどへ発展していった。(分類として、ソウルミュージックも内包する場合がある)

1960年代アメリカで、黒人たちの地位向上によりさらなる彼等のアイデンティティを高揚し、アフリカンアメリカンとしてのルーツを誇示するための音楽として、よりモダンになったブラック・ミュージックの一つの形をリズム・アンド・ブルース(R&B)と呼ぶようになった。

1950〜1960年代のロックンロール(R&R)とともにリズム・アンド・ブルースは、ヨーロッパにも輸出され、流行に敏感な若者たちを虜にし、やがて彼らは自らリズム・アンド・ブルースを演奏すべくバンドを組むようになった。こうして結成されたローリング・ストーンズアニマルズは自らの曲をリズム・アンド・ブルース(R&B)、バンドを「R&Bバンド」と自称し、リズム・アンド・ブルースは米国内だけでなく世界に広がっていく。

やがてリズム・アンド・ブルースはより洗練された方向に発展していき、1970年代になるとソウル・ミュージック、1980年代以降はブラック・コンテンポラリー(ブラコン)と呼称され、19902000年代には再びリズム・アンド・ブルース(R&B)と呼ばれるようになった。呼称は1960年代と同じであるものの、リズムの変遷、洗練を加えており、まったく別の音楽といっても過言ではない。リズム・アンド・ブルース(R&B)という呼称がリアルタイムでの米国産ブラック・ミュージックの呼称に使われなくなった時期においても、1950〜1960年代のブラック・ミュージックや、それらにルーツを置いたローリング・ストーンズ等のバンドを愛好してきた層にとっては、「リズム・アンド・ブルース(R&B)」の呼称と現在そう呼ばれる音楽に違和感を覚えることも多い。

分類[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 英語の発音に忠実に発音すれば、リズム・アンド・ブルーズとなる
  2. ^ 松村明『大辞林』三省堂
  3. ^ Sacks,Leo(Aug. 29, 1993). "The Soul of Jerry Wexler". New York Times. Retrieved on Jan. 11, 2007.