スムーズジャズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スムーズジャズまたはスムースジャズ (smooth jazz) とは、1980年代アメリカのラジオ局が使い始めたフュージョンのスタイルの一つで、フュージョン、ポップ・ジャズの流れから派生したスタイルであるフュージョンにR&Bのテイストを混ぜたものが多い。フュージョンに比べ、アドリブパートが少なく、またワン・コードで演奏されることが多い。

目次: 0-9 A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
主なレーベル / 脚注 / 関連項目 / 外部リンク

概要[編集]

特に聞き心地が良いことから、テレビやラジオのBGMとして使用されることも多い。このことから、イージーリスニングの発展系でもあるともいえる。アメリカには、専門のラジオ局がある。

アメリカのビルボード誌によれば、フュージョンと共にコンテンポラリー・ジャズに属され、近年のラジオ・ステーションではNAC(ニュー・アダルト・コンテンポラリー)というフォーマットで呼ばれていることもある。

1970年代後半にサックスプレイヤーグローヴァー・ワシントン・ジュニアがフュージョンの分野にクワイエット・ストームを用いだしたのが起源といわれている。初期の名作としては、この分野においては珍しい、カリプソの音楽を取り入れたスパイロ・ジャイラの「モーニングダンス」などが挙げられる。インストゥルメンタル・ミュージック部門においては、ギネス記録を持っているサックス・プレイヤーのケニー・Gが代表として挙げられる。

主なアーティスト[編集]

0–9[編集]

A[編集]

B[編集]

C[編集]

D[編集]

E[編集]

F[編集]

G[編集]

H[編集]

J[編集]

K[編集]

L[編集]

M[編集]

N[編集]

O[編集]

P[編集]

以下は彼のプロジェクト。

R[編集]

S[編集]

T[編集]

U[編集]

W[編集]

Y[編集]

主なレーベル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]