RCAレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RCA Records, Inc.
親会社 ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)
設立 1901年
販売元 ソニー・ミュージックエンタテインメント
ジャンル ロックポップス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
本社所在地 ニューヨーク
公式サイト http://www.rcarecords.com/

RCAレコード(RCA Records, Inc.)はアメリカレコード会社。前身はビクタートーキングマシン

概要[編集]

1930年代から1960年代まで、コロムビア・レコードと並んでアメリカの二大レコード会社のひとつであった。45回転のEP盤を初めて実用化した会社として知られる。

本社はニューヨークだが、ナッシュビルにおいてカントリー・ミュージックの録音を盛んに行い、カントリーの隆盛に貢献した。同地のカントリーのことを俗に“RCAカントリー”と呼ぶこともある。また、1950年代にはエルヴィス・プレスリーハリー・ベラフォンテという二大スターを擁し、ロックカリプソを制した。

BMGの傘下で、現在はソニー・ミュージックエンタテインメントの事業部門である。

ビデオソフト事業はコロムビア映画との合弁企業、RCA Columbia Pictures International Videoで行っていたが、コロムビア映画のソニーによる買収により合弁は解消。日本法人のアール・シー・エー・コロンビア・ピクチャーズ・ビデオ株式会社は株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントとなった。

沿革[編集]

  • 1901年 ビクタートーキングマシンが設立される。
  • 1925年 電気録音を導入。
  • 1929年 RCA(Radio Corporation of America)がビクタートーキングマシンを買収し、RCAビクターが誕生。現在の日本ビクター (現・JVCケンウッド) も当時は、RCAの日本現地法人であった。
  • 1949年 初めてEP盤を発売。
  • 1953年10月6日 初めての2チャンネルステレオ録音を行う(ストコフスキー指揮の管弦楽団による演奏。曲目はエネスコ「ハンガリー狂詩曲第2番」ほか)。[1]
  • 1955年 2チャンネルステレオ・テープ・ソフト発売(ライナー指揮シカゴ交響楽団によるR・シュトラウス「英雄の生涯」「ツアラトゥストラはかく語りき」ほか)
  • 1956年 提携関係にあったイギリスEMIが米キャピトルを買収したため、同社との提携関係が切れる。このため、同社のヨーロッパでの発売は英デッカを通じて発売されることとなる。
  • 1958年6月 1本溝による45/45方式によるステレオ・レコードを発売(オッフェンバック「パリの喜び」(LSC-1817)ほか)。それらはLIVING STEREOと名付けて発売され、ステレオ初期の黄金時代のシンボルの1つとされた。
  • 1962年 LPレコードの音質向上効果を狙った「Dynagroove」を発表、商品化。
  • 1968年 RCAレコードと社名変更(RCAレーベルは、日本ビクターの音楽事業部(現・JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)よりライセンス販売されていたが、2008年9月にて解消した)
  • 1975年 RCAと日本ビクターが合弁し、RVCを発足。RCAレコードを引き継ぐ。
  • 1979年4月16日 米サウンド・ストリーム社のデジタル録音機を使って、同社初のデジタル録音を行う(オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団による、バルトーク作曲「管弦楽のための協奏曲」)
  • 1983年 コンパクト・ディスク・ソフトを発売する
  • 1986年 RCAレコードは親会社RCAの業績悪化によりベルテルスマンに売却され、BMGの一部となる。
  • 1987年 BMG Musicと日本ビクター株式会社の合弁会社としてBMGビクター株式会社を設立。RVCはBMGの傘下に入り解散、各種資産を継承。(1996年に日本ではJVCとの合弁解消以降、100%BMGの子会社となりBMGジャパン(1997年~1999年)、BMGファンハウス(1999年~2005年)、BMG JAPAN(2005年~2009年)と継承し、2009年には邦楽部門をアリオラジャパン、洋楽部門をRCA/JIVEグループに分割。同年10月1日に法人としてのBMG JAPANはソニー・ミュージックエンタテインメントに合併し、邦楽部門は新会社の株式会社アリオラジャパンとして発足、洋楽部門は株式会社ソニー・ミュージックジャパンインターナショナルに統合された)
  • 2004年 BMGとソニー・ミュージックエンタテインメント (アメリカ)が合併し、ソニーBMG・ミュージックエンタテインメントを発足。
  • 2008年、ソニーがBMGの持ち株分50%を買収して、完全子会社とする。同時に社名をソニー・ミュージックエンタテインメント (米国)に改める。
  • 2011年10月、アリスタジャイヴ、Jの3レーベルの閉鎖を発表。これらのレーベルの所属アーティストはすべてRCAへ転籍となる[2]

主なアーティスト[編集]

クラシック音楽[編集]

ポピュラー音楽[編集]

レーベル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 尚、同録音のオリジナル・テープはその後紛失した。ちなみに、同社が行ったステレオ録音で現存している最古の物は、その次のステレオ録音である同年12月2日にニューヨークのマッハッタン・センターにて録音された、ピエール・モントゥー指揮、ボストン交響楽団のピック・アップ・メンバーによる物で、その一部であるドリーブ作曲、バレエ音楽「コッペリア」第1幕「前奏曲とマズルカ」(別テイク)の部分は、1996年に初めてCDにて音源発売された。
  2. ^ RCA Folds Arista, Jive and J Records”. ローリング・ストーン (2011年10月7日). 2011年10月10日閲覧。

外部リンク[編集]