スタンダード・ナンバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スタンダード・ナンバーstandard number )とは、音楽特に近代音楽の分野において広く世に知られ親しまれ、あるいは多くのアーティストカバーされるようになった楽曲のことを指す。「スタンダード曲」、「定番」などと称されることもある。

概要[編集]

音楽分野において、「スタンダード (a standard (複数/standards)」という用語は、もっぱらjazzジャズ)やpopsポップス)などの20世紀来の近代音楽分野において用いられることがほとんどであり、たとえ広く周知されている楽曲であっても、国歌・各国の伝統的な古典楽曲や宮廷楽曲・宗教楽曲・民謡・伝承楽曲などに関して用いられることは洋の東西を問わずほとんど見られない。

これは、国歌・宮廷・宗教・古典・民謡・伝承楽曲が、その演奏・歌唱において規格化された旋律を再現することが有形無形に求められており、わざわざ「スタンダード」という形容をしなくても聴衆の皆が題目ないし曲名を聞くだけで画一的にその内容を認識できるのに対し、近代音楽分野における演奏・歌唱アーティストが先人の楽曲を先人へのトリビュートの念を込めて独自解釈の演奏・歌唱を展開したり、逆にあえて逆説的な主張を行うために自分なりの解釈・アレンジを加えて楽曲をリニューアルすることによってオリジナリティを発揮することに価値観を見出しているために、その有名楽曲を素材として規格化する意味合いをもって「スタンダード」と呼称する習慣が広く大衆に伝播したためである考えられる。

このため、ポップス分野における「スタンダード・カバー」に対する聴衆の興味は、原曲奏者・歌唱者のそれの再現ではなく、いかに「カバー奏者・歌唱者」がその曲を解釈・発展させているかに向けられるのが常である。

殊に、一定のコード進行を自分なりのインプロビゼーションで表現するビバップと呼ばれる所謂モダンジャズや、自己の歌唱力を独特に展開するジャズ・ヴォーカルなど、ジャズ分野のアーティストにおいては、舞台音楽・映画音楽・ポップス・先人ジャズメンによるオリジナル曲を問わず、自分の感性を表現できると感じたコード進行やメロディーラインに対して競ってカバーする傾向が顕著であり、近年に至るまで幾多の「ジャズ・スタンダード」が生まれている。

和製英語[編集]

日本では一般に英語由来の外来語のように解されているが、本来の英語においてこの意味を表現する際には、単に a standard (複数/standards)が用いられることが非常に多く、これは音楽分野に限らずあらゆる分野において、広く周知された事象や標準化・規格化された事象に対して汎用される用語である。また、 a popular song (複数/popular songs) あるいは a standard song (複数/standard songs) ないし a standard music (複数/standard musics)を用いることもある。

音楽の「曲」という意味で「ナンバー (number )」を用いるのは日本独特の用法で、これを用いた「スタンダード・ナンバー」という用語は和製英語であり、むしろ「スタンダード曲」や「定番」のほうが本来の英語での用法に近い和訳である。

また、演歌など旧来の日本の音楽分野では特定歌手の「持ち歌」や「十八番(おはこ)」というようなしきたりが強く、 誰でもがカヴァーできる「スタンダード」曲は定着しにくかったが、近年ポップスやジャズなどの隆盛により、演歌歌手がジャズのスタンダード・ナンバーに挑戦したり、名曲を持った先輩歌手をトリビュートしそれをカヴァーする風潮も広まって来ている。