ポップ・パンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポップ・パンク
Pop punk
様式的起源 パンク・ロック
パワー・ポップ
文化的起源 1990年代前半にアメリカ合衆国イギリスカナダなどの国々で。
使用楽器 ヴォーカル - ギター - ベース - ドラム - (場合によっては、キーボードなどの楽器も用いる。)
流行時期 1990-2000年代
関連項目
オルタナティヴ・ロック
エモ
メロディック・ハードコア
テンプレートを表示

ポップ・パンク(Pop punk,Punk pop)は、オリジナルパンクに比べてメロディアスで聴き易いパンク・ロックと定義付けされる。1990年代前半のグリーン・デイの登場により広まった。その後、ブリンク182、など新世代ポップ・パンク勢によってより大衆化することになった。

グリーン・デイオフスプリングはそうではないが、パンク・ロックの原点である政治的主張やそれを伝えるための過激なパフォーマンスを排除したバンドも多い。

演奏自体はパンクと同じく、複雑なコード進行を用いないシンプルなものが多い。 音的には、70年代に流行したロンドンパンクを中心とするオリジナルパンクは音圧があまり大きくなく、スカスカな感じの印象を受ける曲が多いが、ポップ・パンクは大きな音圧に疾走感の伴う演奏がなされる場合が多い。またドラムには、4ビートや2ビートが好んで使われる傾向がある。

ポップパンクバンド[編集]

1990年~[編集]

2000年~[編集]

関連項目[編集]