クロスオーバー・スラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Crossover thrash
様式的起源 スラッシュ・メタル, ハードコア・パンク, パンク・ロック
文化的起源 1980年代前半、アメリカ合衆国にて。
流行時期 1980年代後半~1990年代前半
テンプレートを表示

クロスオーバー・スラッシュ (Crossover thrash) は1980年代中盤頃に現れた音楽ジャンルの1つ。スラッシュメタルよりさらに多くのハードコア・パンクの要素が含まれている、いわばパンクメタルを融合(クロスオーバー)してできたジャンルである。名前の由来は1987年にD.R.I.が発表したアルバム「クロスオーバー」からきている。 なお似たようなスタイルとしてスラッシュコア(ファストコア)というジャンルも存在するが境界線は非常に曖昧である。

歴史[編集]

1980年代、ハードコア・パンクとスラッシュメタルはまさに全盛期の時代にあり、元々スラッシュメタルもヘヴィ・メタルハードコア・パンクの過激さを加えたジャンルでもあったことから互いに刺激し合い生まれたジャンルと言える。しかし、もちろん中には双方のジャンルのクロスオーバー化を好まずただ純粋にハードコアのみ、スラッシュのみを支持する人たちもいたようだ。

ジャンルが明確に世に確立してきたのは80年代中盤、D.R.I.C.O.C.スイサイダル・テンデンシーズなどのハードコアバンドがパンク側から、そしてアンスラックスのスコット・イアンのサイドプロジェクトバンドS.O.D.などがメタル側から双方の音楽性を取り入れた始めたのがきっかけと言われている。なのでひとえにクロスオーバーと言ってもハードコア出身とメタル出身のクロスオーバーバンドでは音楽性における下地が違うため、曲構成やリフなどアプローチの仕方が若干異なっている。

また、ここ数年ミュニシパル・ウェイストらの台頭により若干ながら再燃しつつある。

主なバンド[編集]