プレイン・ホワイト・ティーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Plain White T's
2009年に、行われたライヴより。}
2009年に、行われたライヴより。
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,イリノイ州,ビラ・パーク
ジャンル ポップ・パンク
ポップ・ロック
エモ
活動期間 1997~現在
レーベル アメリカ合衆国の旗Atlantic/Fearless/Hollywood
日本の旗エイベックス
公式サイト plainwhitets.com
メンバー
トム・ヒッゲンソン
デイヴ・ティリオ
ティム・ロペス
マイク・レトンド
デマー・ハミルトン

プレイン・ホワイト・ティーズ (Plain White T's) とは、アメリカ合衆国イリノイ州出身の五人組ポップ・ロックバンドである。

メンバーの見た目は若いが、実は結成から15年以上も経つベテランバンドであり、現在も若い世代を中心に高い人気を誇っている。

2007年に発表した彼等の代表曲「Hey There Delilah」が、全米シングルチャートで1位をとった事から、一気にスターダムへとのし上がった。ちなみに、この曲は2008年に開催された「第50回グラミー賞」にて、「最優秀楽曲賞」と「最優秀ポップ・ディオ/グループ」の2部門にノミネートされている[1]

現在のメンバー[編集]

トム・ヒッゲンソン / Tom Higgenson - (ヴォーカルギター)

デイヴ・ティリオ / Dave Tirio - (ギター)

ティム・ロペス / Tim Lopez - (ギター)

マイク・レトンド / Mike Retondo - (ベース)

デマー・ハミルトン / De’Mar Hamilton - (ドラム)

旧メンバー[編集]

  • スティーヴ・マスト/Steve Mast - (元ギタリスト、2008年に脱退。)
  • ケン・フレッチャー/Ken Fletcher - (元ベーシスト、2005年に脱退。)

略歴[編集]

結成:アンダーグランド時代[編集]

1997年に、トム・ヒッゲンソンが高校時代の友人であった、デイヴ・ティリオ、ケン・フレッチャーと共に結成。それから、数年後にスティーヴ・マストもバンドに加わった。バンド名は、「純白のTシャツのような、クールなバンドになりたい」という思いから、「プレイン・ホワイト・ティーズ(純白のTシャツ)」と名付けられた。なお、結成時のメンバー構成は、トム(ヴォーカル)・スティーヴ・マスト(ギター)・ケン・フレッチャー(ベース)・デイヴ(ドラム)であり、現在のメンバーとは大きく異なっている。その後しばらくの間、熱心に地元のイリノイ州でのライヴ活動を行いながら、着実に知名度を上げていった。

しかし、1999年に入ると、トム・ヒッゲンソンが車での交通事故を起こし、腎臓と肺が破裂する重傷を負ってしまう[2]。彼が回復した後に、バンド活動を再開。

そして2001年に、初となる、自主制作音源アルバム「Come on Over」を発表。

写真手前トム、奥はティム。

それから約1年後の2002年には、2枚目となる自主制作音源アルバム「Stop」を発表している。その直後に、デイヴ・ティリオが、ドラム担当からギター担当へと変更。これに続く形で、この後、バンドメンバーの大幅なメンバーチェンジが行われた。まず、スティーヴ・マストがバンドから脱退した為、新たにティム・ロペスが加入。更には、ケン・フレッチャーがバンドから脱退した為に、新たにマイク・レトンドとデマー・ハミルトンが加入している。

その後、まもなくして、アメリカ大手インディーズレーベルのFearless recordsと契約を結び、2004年5月にデビューアルバムの制作を開始した。

そして2005年1月25日に、1stフルアルバム「All That We Needed」を発表。

2006-2007:"Hey There Delilah"の世界的大ヒット[編集]

2006年に入ると、モーション・シティ・サウンドトラック等人気バンドとのツアーを経て、大手メジャーレーベルのHollywood Recordsへと移籍。そして同年9月12日には、2ndアルバム「Every Second Counts」を発表し、全米アルバムチャートにて最高10位を記録。直後に、同アルバムからの1stシングル"Hate (I Really Don't Like You)"を発表し、全米シングルチャートにて、最高68位を記録した。

2007年に入ると、同アルバムから、2ndシングルとなる"Hey There Delilah"を発表。すると、全米シングルチャートにて、二週連続1位を記録する大ヒットを記録。またドイツカナダなど、各国のシングルチャートでも、1位を記録。同年7月には、アメリカの大手ラジオ局で「最も放送された楽曲」にも選ばれた。

この"Hey There Delilah"の大成功を受け、同曲を収録した2ndアルバム「Every Second Counts」の人気が再燃し、結果的に全米で50万枚以上を売り上げるヒットを記録。ゴールド・ディスクに認定された。

2008-2009:3rdアルバム「Big Bad World」[編集]

2008年2月10日に開催された「第50回グラミー賞」において、"Hey There Delilah"が「ベスト・ポップ・パフォーマンス・グループ」にノミネートされた。

2008年9月23日には、3rdアルバム「Big Bad World」を発表し、全米アルバムチャートにて33位を記録。このアルバムからは、"1, 2, 3, 4"と、"Natural Disaster"の二曲のヒットシングルが生まれている。

2010-現在:4thアルバム「The Wonders Of The Younger」[編集]

2010年に入ると、映画アリス・イン・ワンダーランドのサウンドトラック、「オールモスト・アリス」に "Welcome to Mystery" という楽曲を提供。その後、12月7日には、ニューアルバム「The Wonders Of The Younger」もリリースされた。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

発売日 アルバムのタイトル 販売レーベル 全米ビルボードアルバムチャート最高位[3]
2005年1月25日 All That We Needed Fearless records
-
2006年9月12日 Every Second Counts Hollywood Records
10位
2008年9月23日 Big Bad World Hollywood Records
33位
2010年12月7日 The Wonders Of The Younger Hollywood Records
149位

シングル[編集]

発表年 タイトル 収録アルバム 各チャート最高位
Hot 100 Pop 100 ドイツ イギリス オーストラリア
2004年 "All That We Needed"
All That We Needed
-
-
-
-
-
2005年 "Take Me Away"
-
-
-
-
-
2006年 "Hey There Delilah"
-
-
-
-
-
"Hate (I Really Don't Like You)"
Every Second Counts
68
61
-
-
-
2007年 "Hey There Delilah(再発)"
1
1
1
2
3
"Our Time Now"
90
66
-
114
37
2008年 "Natural Disaster"
Big Bad World
125
-
-
-
-
"1, 2, 3, 4"
51
48
-
-
-

ミニアルバム[編集]

  • Rip Off the Hits (2001)
  • Hey There Delilah(2007)

音楽性[編集]

1st - 2ndアルバム[編集]

マイケミフォール・アウト・ボーイに続くのは、こいつらだ!」と多くのメディアからも書かれている通り、一般的にはエモポップ・パンク系バンドだと紹介されることが多い彼等だが、実際には「親しみやすいポップなメロディを全面的に押し出した、ポップなパンクロック」であり、敢えてジャンルを述べるなら、いわゆるパワーポップに近い音楽性である。

また、彼らの作詞のセンスには目を見張るものがあり、遠回しな表現を一切せずストレートに感情を表現している所が、同系統のバンド群とは大きく異なる。例えば、「Hate (I Really Don't Like You)」という曲の、「Hate is a strong word,But I really really really don't like you」=「強い言葉で申し訳ないけど、君のことが大嫌いだ」という一節など。

3rdアルバム「Big Bad World」以降[編集]

2ndアルバムまでは、いわゆるポップ・パンクエモ系の楽曲を中心に作ってきた彼らだが、3rd以降は更にポップで落ち着いた楽曲が増えるようになる。同時期にリリースされた楽曲「"1, 2, 3, 4"」を筆頭に、ポップ・ロックフォーク・ロック辺りの影響が強く受けたサウンドが多く、以前のような疾走系の楽曲は少し影を潜めるようになる。

トム・ヒッゲンソンの交通事故[編集]

1999年に交通事故を起こし、腎臓と肺が破裂する瀕死の重傷を負ったトムだが、この出来事がバンドの成長に大きく繋がったと、本人は語っている。

「この事故で死ななかったことが、逆に僕に生の強さと尊さを与え、プレイン・ホワイト・ティーズの音楽性を内面から高めた」のだと。

ノミネート歴[編集]

開催年 授賞式名 ノミネートされた部門 結果
2003年 mtvU Woodie Award 「The Breaking Woodie(最優秀新人賞)」 授賞
2007年 Teen Choice Award 「Choice Summer Song」に、"Hey There Delilah"がノミネート。 授賞
2008年 グラミー賞 「Best Pop Performance by a Group」に、"Hey There Delilah"がノミネート。 ノミネート

来日公演記録[編集]

  • 2008年4月に、千葉の幕張メッセで行われた「PUNKSPRING2008」にて、初来日公演を果たしている。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

出典[編集]