第50回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第50回グラミー賞(The 50th Grammy Awards)は2008年2月10日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。テレビ中継は例年どおりCBSで放送され、日本ではWOWOWで放送された。

概要[編集]

今回はエイミー・ワインハウスが授賞式直前にビザ発給を拒否したものの、年間最優秀レコード賞を含む主要部門を含む5部門を受賞した。ニューエイジ部門にノミネートされていた喜多郎は受賞を逃した。さらに朗読アルバム部門では大統領選挙で戦い、2009年に大統領に就任したバラク・オバマ大統領が受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Rehab - エイミー・ワインハウス
年間最優秀アルバム賞
『River: The Joni Letters』 - ハービー・ハンコック
年間最優秀楽曲賞
Rehab - エイミー・ワインハウス
最優秀新人賞
エイミー・ワインハウス

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Rehab - エイミー・ワインハウス
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
What Goes Around...Comes Around - ジャスティン・ティンバーレイク
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Makes Me Wonder - マルーン5
最優秀ポップ・コラボレーション賞
Gone Gone Gone (Done Moved On) - アリソン・クラウス & ロバート・プラント
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
One Week Last Summer - ジョニ・ミッチェル
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
『The Mix-Up』 - ビースティ・ボーイズ
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Back To Black』 - エイミー・ワインハウス
最優秀ダンス・レコーディング賞
LoveStoned/I Think She Knows - ジャスティン・ティンバーレイク
最優秀エレクトリック/ダンス・アルバム賞
『We Are The Night』 - ケミカル・ブラザーズ
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Call Me Irresponsible』 - マイケル・ブーブレ

ロック[編集]

最優秀ソロ・ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Radio Nowhere - ブルース・スプリングスティーン
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Icky Thump - ザ・ホワイト・ストライプス
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
The Pretender - フー・ファイターズ
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Final Six - スレイヤー
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Once Upon A Time In The West - ブルース・スプリングスティーン
最優秀ロック楽曲賞
Radio Nowhere - ブルース・スプリングスティーン
最優秀ロック・アルバム賞
『Echoes, Silence, Patience & Grace』 - フー・ファイターズ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
Icky Thump』 - ザ・ホワイト・ストライプス

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
No One - アリシア・キーズ
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Future Baby Mama - プリンス
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
Disrespectful - チャカ・カーン & メアリー・J. ブライジ
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
『In My Songs』 - ジェラルド・リバート
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
Daydreamin' - ジル・スコット & ワサル・ムハンマド・ジェイコ
最優秀R&B楽曲賞
No One - アリシア・キーズ、Dirty Harry & Kerry "Krucial" Brothers
最優秀R&Bアルバム賞
『Funk This』 - チャカ・カーン
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞
『Because Of You』 - ニーヨ

ラップ[編集]

最優秀ソロ・ラップ・パフォーマンス賞
Stronger - カニエ・ウェスト
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
Southside - カニエ・ウェスト & コモン
最優秀ラップ・コラボレーション賞
Umbrella - リアーナ & ジェイ・Z
最優秀ラップ楽曲賞
Good Life - Aldrin Davis、Faheem Najm、カニエ・ウェスト & Mike Dean
最優秀ラップ・アルバム賞
『Graduation』 - カニエ・ウェスト

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Before He Cheats - キャリー・アンダーウッド
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Stupid Boy - キース・アーバン
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
How Long - イーグルス
最優秀カントリー・コラボレーション賞
Lost Highway - レイ・プリンス & ウィリー・ネルソン
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Throttleneck - ブラッド・ペイズリー
最優秀カントリー楽曲賞
Before He Cheats - Chris Tompkins & Josh Kear
最優秀カントリー・アルバム賞
『These Days』 - ヴィンス・ギル
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『The Bluegrass Diaries』 - ジム・ローダーデイル

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Crestone』 - ポール・ウィンター・コンソート

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
『River: The Joni Letters』 - ハービー・ハンコック
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
『Avant Gershwin』 - パティ・オースティン
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Anagram』 - マイケル・ブレッカー
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞-インディビデュアル/グループ
『Pilgrimage』 - マイケル・ブレッカー
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
『A Tale Of God's Will (A Requiem For Katrina)』 - テレンズ・ブランチャード
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
『Funk Tango』 - パキート・デリヴェラ・クインテット

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『El Tren De Los Momentos』 - アレハンドロ・サンス
最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『No Hay Espacio』 - ブラック・グアヤバ
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム賞
『Residente O Visitante』 - カレ・サーティーン
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム賞
『La Llave De Mi Corazón』 - フアン・ルイス・ゲラ
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
『100% Mexicano』 - ペペ・アギラール
最優秀テハーノ・アルバム賞
『Before The Next Teardrop Falls』 - リトル・ジョー・イ・ラ・ファミリア

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Mind Control』 - スティーブン・マーリー

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Come Share The Wine』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀トラディッショナル・ワールドミュージック・アルバム賞
『African Spirit』 - ソウェト・ゴスペル・クワイア
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム賞
『Djin Djin』 - アンジェリーク・キジョー

朗読[編集]

最優秀朗読アルバム賞
The Audacity Of Hope: Thoughts On Reclaiming The American Dream』 - バラク・オバマ

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム賞
『The Distant Future』 - フライト・オブ・ザ・コンコルド

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
マーク・ロンソン
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
Judith Sherman

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
アレサ・フランクリン[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月21日閲覧。
  2. ^ Edna Gundersen (2008年2月10日). “MusiCares honors Aretha Franklin at pre-Grammy party”. USA TODAY. 2011年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]