第44回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第44回グラミー賞(44th Grammy Awards)は2002年2月27日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

U2が2年連続最優秀レコード賞を受賞、アリシア・キーズが主要4部門中2部門を受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Walk On - U2
年間最優秀アルバム賞
O Brother, Where Art Thou?』(サウンドトラック) - アリソン・クラウス・アンド・ユニオン・ステーションクリス・シャープクリス・トーマス・キングエミルー・ハリスギリアン・ウェルチハーリー・アレンジョン・ハートフォードマイク・コンプトンノーマン・ブレイクパット・エンライトピーソール・シスターズラルフ・スタンリーサム・ブッシュスチュアート・ダンカンザ・コックス・ファミリーフェアフィールド・フォーザ・ホワイツ & ティム・ブレイク・ネルソン
年間最優秀楽曲賞
Fallin' - アリシア・キーズ
最優秀新人賞
アリシア・キーズ

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
I'm Like A Bird - ネリー・ファータド
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Don't Let Me Be Lonely Tonight - ジェームス・テイラー
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Stuck In A Moment You Can't Get Out Of - U2
最優秀ポップ・コラボレーション賞
Lady Marmalade - クリスティーナ・アギレラリル・キムマイア & ピンク
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
Reptile - エリック・クラプトン
最優秀ダンス・レコーディング賞
All For You - ジャネット・ジャクソン
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
『No Substitutions - Live In Osaka』 - ラリー・カールトン & スティーヴ・ルカサー
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Lovers Rock』 - シャーデー
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Songs I Heard』 - ハリー・コニック・ジュニア

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Get Right With God - ルシンダ・ウィリアムズ
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Dig In - レニー・クラヴィッツ
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Elevation - U2
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
Crawling - リンキン・パーク
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Schism - トゥール
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Dirty Mind - ジェフ・ベック
最優秀ロック楽曲賞
Drops Of Jupiter - チャーリー・コリンジム・スタフォードパット・モナハンロブ・ホチキス & スコット・アンダーウッド
最優秀ロック・アルバム賞
All That You Can't Leave Behind』 - U2
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
『Parachutes』 - コールドプレイ

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Fallin' - アリシア・キーズ
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
U Remind Me - アッシャー
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
Survivor - デスティニーズ・チャイルド
最優秀R&B楽曲賞
Fallin' - アリシア・キーズ
最優秀R&Bアルバム賞
『Songs In A Minor』 - アリシア・キーズ
最優秀トラディッショナルR&Bボーカルアルバム賞
『At Last』 - グラディス・ナイト

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
Get Ur Freak On - ミッシー・エリオット
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
Ms. Jackson - アウトキャスト
最優秀ラップ・コラボレーション賞
Let Me Blow Ya Mind - イヴ & グウェン・ステファニー
最優秀ラップ・アルバム賞
『Stankonia』 - アウトキャスト

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Shine - ドリー・パートン
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
O Death - ラルフ・スタンリー
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
The Lucky One - アリソン・クラウス・アンド・ユニオン・ステーション
最優秀カントリー・コラボレーション賞
I Am A Man Of Constant Sorrow - ダン・ティミンスキーハーリー・アレン & パット・エンライト
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Foggy Mountain Breakdown - アルバート・リーアール・スクラッグスゲイリー・スクラッグスグレン・ダンカンジェリー・ダグラスレオン・ラッセルマーティ・スチュアートランディ・スクラッグススティーヴ・マーティン & ヴィンス・ギル
最優秀カントリー楽曲賞
The Lucky One - ロバート・リー・キャッスルマン
最優秀カントリー・アルバム賞
『Timeless - Hank Williams Tribute』 - ボニー・ガーナー、ルーク・ルイス & メアリー・マーティン
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『New Favorite』 - アリソン・クラウス・アンド・ユニオン・ステーション

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『A Day Without Rain』 - エンヤ

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
『M2』 - マーカス・ミラー
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
『The Calling』 - ダイアン・リーヴス
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Chan's Song』 - マイケル・ブレッカー
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞-インディビデュアル/グループ
『This Is What I Do』 - ソニー・ロリンズ
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
『Homage To Count Basie』 - ボブ・ミンツァー・ビッグ・バンド
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
『Nocturne』 - チャーリー・ヘイデン

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『La Musica De Baldemar Huerta』 - フレディ・フェンダー
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム賞
『Embrace The Chaos』 - オゾマトリ
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム賞
『Dejame Entrar』 - カルロス・ビベス
最優秀サルサ・アルバム賞
『Encore』 - ロベルト・ブラデス
最優秀メレンゲ・アルバム賞
『Yo Por Tí』 - オルガ・タニョン
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
『En Vivo...El Hombre Y Su Musica』 - ラモン・アジャラ
最優秀テハーノ・アルバム賞
『Nadie Como Tu』 - Solido

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Halfway Tree』 - ダミアン・マーリー

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Gone Polka』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
『Full Circle - Carnegie Hall 2000』 - ラヴィ・シャンカル

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
T・ボーン・バーネット
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
マンフレート・アイヒャー

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
ビリー・ジョエル[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]