第46回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第46回グラミー賞(46th Grammy Awards)は2004年2月8日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

ルーサー・ヴァンドロスが最優秀楽曲賞をはじめ4部門を受賞したが、病気のため出席できず、ビデオでコメントを発表したのみだった。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Clocks - コールドプレイ
年間最優秀アルバム賞
『Speakerboxxx/The Love Below』 - アウトキャスト
年間最優秀楽曲賞
Dance With My Father - ルーサー・ヴァンドロス & リチャード・マークス
最優秀新人賞
エヴァネッセンス

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Beautiful - クリスティーナ・アギレラ
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Cry Me A River - ジャスティン・ティンバーレイク
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Underneath It All - ノー・ダウト
最優秀ポップ・コラボレーション賞
Whenever I Say Your Name - メアリー・J. ブライジ & スティング
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
Marwa Blues - ジョージ・ハリスン
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
『Mambo Sinuendo』 - マヌエル・ガルバン & ライ・クーダー
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Justified』 - ジャスティン・ティンバーレイク
最優秀ダンス・レコーディング賞
Come Into My World - カイリー・ミノーグ
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞
『A Wonderful World』 - トニー・ベネット & k.d.ラング

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Trouble - ピンク
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Gravedigger - デイヴ・マシューズ
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Disorder In The House - ブルース・スプリングスティーン & ウォーレン・ジヴォン
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
Bring Me To Life - エヴァネッセンス
最優秀メタル・パフォーマンス賞
St. Anger - メタリカ
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Plan B - ジェフ・ベック
最優秀ロック楽曲賞
Seven Nation Army - ジャック・ホワイト
最優秀ロック・アルバム賞
『One By One』 - フー・ファイターズ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
Elephant』 - ザ・ホワイト・ストライプス

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Dangerously In Love 2 - ビヨンセ
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Dance With My Father - ルーサー・ヴァンドロス
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
The Closer I Get To You - ビヨンセ & ルーサー・ヴァンドロス
最優秀トラディッショナルR&Bボーカル・パフォーマンス賞
『Wonderful』 - アレサ・フランクリン
最優秀アーバン/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
Hey Ya! - アウトキャスト
最優秀R&B楽曲賞
Crazy In Love - ビヨンセ、ジェイ・Z & リッチ・ハリスン
最優秀R&Bアルバム賞
『Dance With My Father』 - ルーサー・ヴァンドロス
最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞
『Dangerously In Love』 - ビヨンセ

ラップ[編集]

最優秀女性ラップ・パフォーマンス賞
Work It - ミッシー・エリオット
最優秀男性ラップ・パフォーマンス
Lose Yourself - エミネム
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
Shake Ya Tailfeather - マーフィー・リーネリー & ショーン・コムズ
最優秀ラップ・コラボレーション賞
Crazy In Love - ビヨンセ、ジェイ・Z
最優秀ラップ楽曲賞
Lose Yourself - エミネム、ジェフ・バス & L Resto
最優秀ラップ・アルバム賞
『Speakerboxxx/The Love Below』 - アウトキャスト

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Keep On The Sunny Side - ジューン・カーター・キャッシュ
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Next Big Thing - ヴィンス・ギル
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
A Simple Life - リッキー・スキャッグス・アンド・ケンタッキー・サンダー
最優秀カントリー・コラボレーション賞
How's The World Treating You - アリソン・クラウス & ジェームス・テイラー
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Cluck Old Hen - アリソン・クラウス・アンド・ユニオン・ステーション
最優秀カントリー楽曲賞
It's Five O'Clock Somewhere - ドン・ロリンズ & ジム・ブラウン
最優秀カントリー・アルバム賞
『Livin', Lovin', Losin' - Songs Of The Louvin Brothers』 - カール・ジャクソン
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『Live』 - アリソン・クラウス・アンド・ユニオン・ステーション

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『One Quiet Night』 - パット・メセニー

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
『34th N Lex』 - ランディ・ブレッカー
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
『A Little Moonlight』 - ダイアン・リーヴス
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Matrix』 - チック・コリア
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞-インディビデュアル/グループ
『Alegria』 - ウェイン・ショーター
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
『Wide Angles』 - マイケル・ブレッカー
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
『Live At The Blue Note』 - チャールズ・フローレスオラシオ・エルナンデス & ミッシェル・カミロ

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『No Es Lo Mismo』 - アレハンドロ・サンス
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム賞
『Cuatro Caminos』 - カフェ・タクーバ
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム賞
『Buenos Hermanos』 - イブライム・フェレール
最優秀サルサ/メレンゲ・アルバム賞
『Regalo Del Alma』 - セリア・クルーズ
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
『Afortunado』 - ジョン・セバスチャン
最優秀テハーノ・アルバム賞
『Si Me Faltas Tu』 - ジミー・ゴンザレス

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Dutty Rock』 - ショーン・ポール

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Let's Polka 'Round』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀トラディッショナル・ワールドミュージック・アルバム賞
『Sacred Tibetan Chant』 - Monks of Sherab Ling Monastery
最優秀コンテンポラリー・ワールドミュージック・アルバム賞
『Voz D'Amor』 - セザリア・エヴォラ

コメディ[編集]

最優秀コメディ・アルバム賞
『Poodle Hat』 - アル・ヤンコビック

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
ザ・ネプチューンズ
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
スティーヴン・エプスタイン

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
スティング[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ Sting - Charity Names Sting Person Of The Year”. Contactmusic.com (2004年2月9日). 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]