第43回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第43回グラミー賞(43rd Grammy Awards)は2001年2月21日ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

概要[編集]

ベテランのU2が最優秀レコード賞など3部門、再結成したスティーリー・ダンが最優秀アルバム賞など3部門を受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Beautiful Day - U2
年間最優秀アルバム賞
Two Against Nature』 - スティーリー・ダン
年間最優秀楽曲賞
Beautiful Day - U2
最優秀新人賞
シェルビィ・リン

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
I Try - メイシー・グレイ
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
She Walks This Earth (Soberana Rosa) - スティング
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Cousin Dupree - スティーリー・ダン
最優秀ポップ・コラボレーション賞
Is You Is, Or Is You Ain't (My Baby) - B.B.キング & ドクター・ジョン
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
Caravan - ブライアン・セッツァー
最優秀ダンス・レコーディング賞
Who Let The Dogs Out - バハ・メン
最優秀ポップ・インストゥメンタル・アルバム賞
『Symphony No. 1』 - ジョー・ジャクソン
最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Two Against Nature』 - スティーリー・ダン
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・アルバム賞
『Both Sides Now』 - ジョニ・ミッチェル

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
There Goes The Neighborhood - シェリル・クロウ
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Again - レニー・クラヴィッツ
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
Beautiful Day - U2
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
Guerrilla Radio - レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Elite - デフトーンズ
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
The Call Of Ktulu - メタリカ
最優秀ロック楽曲賞
With Arms Wide Open - マーク・トレモンティ & スコット・スタップ
最優秀ロック・アルバム賞
『There Is Nothing Left To Lose』 - フー・ファイターズ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞
『Kid A』 - レディオヘッド

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
He Wasn't Man Enough - トニー・ブラクストン
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
Untitled (How Does It Feel) - ディアンジェロ
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
Say My Name - デスティニーズ・チャイルド
最優秀R&B楽曲賞
Say My Name - デスティニーズ・チャイルド
最優秀R&Bアルバム賞
『Voodoo』 - ディアンジェロ
最優秀トラディッショナルR&Bボーカルアルバム賞
『Ear-Resistible』 - テンプテーションズ

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
The Real Slim Shady - エミネム
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
Forgot About Dre - ドクター・ドレー & エミネム
最優秀ラップ・アルバム賞
The Marshall Mathers LP』 - エミネム

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Breathe - フェイス・ヒル
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Solitary Man - ジョニー・キャッシュ
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
Cherokee Maiden - アスリープ・アット・ザ・ホイール
最優秀カントリー・コラボレーション賞
Let's Make Love - フェイス・ヒル & ティム・マッグロウ
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Leaving Cottondale - アリソン・ブラウン & ベラ・フラック
最優秀カントリー楽曲賞
I Hope You Dance - マーク・D・サンダース & ティア・シラーズ
最優秀カントリー・アルバム賞
『Brathe』 - フェイス・ヒル
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『The Grass Is Blue』 - ドリー・パートン

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Thinking Of You』 - 喜多郎

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞
『Outbound』 - ベラ・フレック・アンド・フレックトーンズ
最優秀ジャズ・ボーカル・アルバム賞
In The Moment - Live In Concert』 - ダイアン・リーヴス
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『(Go) Get It』 - パット・メセニー
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・アルバム賞-インディビデュアル/グループ
『Contemporary Jazz』 - ブランフォード・マルサリス
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・アルバム賞
『52nd Street Themes』 - ジョー・ロヴァーノ
最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞
『Live At The Village Vanguard』 - チューチョ・バルデース

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞
『Shakira - MTV Unplugged』 - シャキーラ
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・アルバム賞
『Uno』 - ラ・レイ
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・アルバム賞
『Alma Caribena』 - グロリア・エステファン
最優秀サルサ・アルバム賞
『Masterpiece/Obra Maestra』 - エディ・パルミエリ & ティト・プエンテ
最優秀メレンゲ・アルバム賞
『Olga Viva, Viva Olga』 - オルガ・タニョン
最優秀メキシカン/メキシカン-アメリカン・アルバム賞
『Por Una Mujer Bonita』 - ペペ・アギラール
最優秀テハーノ・アルバム賞
『¿Qué Es Música Tejana?』 - The Legends

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Art And Life』 - ビーニー・マン

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Touched By A Polka』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
『Joao Voz E Violao』 - ジョアン・ジルベルト

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
ドクター・ドレー
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
スティーヴン・エプスタイン

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
ポール・サイモン[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]