シドニー・ポワチエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シドニー・ポワチエ
Sidney Poitier
Sidney Poitier
生年月日 1927年2月20日(87歳)
出生地 フロリダ州マイアミ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Juanita Hardy (1950-1965)
ジョアンナ・シムカス (1967-)

サー・シドニー・ポワティエ KBESir Sidney Poitier KBE, 1927年2月20日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州マイアミ出身の映画俳優監督黒人俳優としての先駆者的存在のひとりで、男優としては初めてアカデミー主演男優賞を受賞した。

人物[編集]

生い立ち[編集]

両親はバハマトマト栽培で生計を立てる農夫であった[1]。出荷先のマイアミで母の妊娠がわかり、そこで生まれたのがポワチエである[2]。予定日より2か月早く生まれたため、育つかどうか心配した両親はマイアミに3カ月滞在する[3]。アメリカで生まれたため、アメリカの市民権を有することとなる[3]。15歳のとき、生活の事情で単身で再び渡米。17歳の時にニューヨークに移り、あらゆる種のアルバイトを転々とし、年齢を詐称してアメリカ軍に入隊。生年月日に諸説があるのはこのためである。

俳優デビュー[編集]

除隊後は、アメリカン・ニグロ・シアターに入団し[4][5]、俳優を志し始めるが、故郷バハマの訛りが取れなかったため、裏方での仕事に終始していたといわれる。1945年頃に映画デビューを飾り、1946年には黒人俳優だけの舞台でブロードウェイに初出演。1955年『暴力教室』の生徒役で注目されてからは知名度が上がり、続く1958年に公開された『手錠のままの脱獄』では主演のトニー・カーティスと共にアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、その後は順調にキャリアを重ねた。1950年代のハリウッドで、黒人が主要なスター俳優を務めたのはポワチエ唯一人だった。ポワチエは「当時MGMのスタジオには、黒人は私一人しかいなかった」とコメントしている。

評価[編集]

ポワチエが映画に進出し始めた時期は、以前の黒人俳優には労働者のような端役や悪役程度にしか活躍の場が与えられていなかった時期から、公民権運動の活発化を受けて徐々に待遇が改善されていた一方で、そういった気風も抜け切ってはいないという、いわば黒人俳優の黎明期であった。その中にあって、黒人俳優の最古参の一人とも言える人物で、当時人気を博していたウディ・ストロードのようなパワフルで逞しい肉体を擁したアクション系の黒人俳優の個性が定着しつつあったなかで、ポワチエはあえて肉体のパワーではなく演技と「知」のイメージでの活躍を意識したという。

こうした一見、地道な個性が1963年の社会派作品『野のユリ』におけるアカデミー主演男優賞及びゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)受賞という歴史的快挙に結実するのである。この授賞式でポワチエは「私一人で貰ったとは思っていない。これまで努力した何百人もの黒人映画人の努力が実ったものだと思っている」とコメントしている。

一方、同胞である黒人たちからは、「ショーウィンドウの中の黒人」とも揶揄された。ポワチエの演じる「黒人」像とは、あくまで白人が望む「素直でおとなしく、礼儀正しい黒人」だった。

ポワチエが演じる男たちは、教養があり、きちんとした英語を話し、マナーを身につけ地味な服装をし、中性的でおとなしい、扱いやすく無害なものばかりだった。彼の出演作に「Who's Coming to Dinner(「今日のディナーに(悪い意味で)誰が来ると思う?」。邦題「招かれざる客」)」があるが、簡単に言えば、ポワチエが各作品で演じる黒人男性たちは、進歩的な白人なら「夕食の席に招きたい」と思わせるような、非の打ちどころのない理想的な黒人だった[6]

1950年代からの公民権運動の高まりの中、「白人にとって理想的な黒人」を演じ続けたポワチエだが、1965年、ついにワッツ暴動によって、今まで白人から暴力を受け続けてきた黒人が、白人に対して暴力をふるう時代がやってきた。こうしたポワチエの演じる黒人像は、時代に合わないものとなっていく[7]

1964年(昭和39年)10月、『野のユリ』の公開のため来日。

功績[編集]

しかし、こういった制限の中であっても、黒人スター俳優として、それまでのハリウッド映画における黒人俳優の地位を向上させたポワチエの功績は大きい。1968年『招かれざる客』、『夜の大捜査線』など社会的かつ人種差別問題を真正面から提起する重い題材に挑みつづけ、多くのファンの支持を獲得した。こうして、黒人俳優というひとつの道を開拓したのである。同年、かつて生徒役で登場した『暴力教室』のリメイク版『いつも心に太陽を』に主演。サッカレー先生役で登場し、日本でも広く知られた。

公民権運動が公民権法の制定という形で一段落を見せると、ハリウッドの白人資本は、白人映画の脇役扱いしかされない黒人スターに不満を持っていた黒人観客向けに「ブラックスプロイテーション」を濫作するようになった。これらは黒人がヒーローを演じ、白人は悪人か脇役として扱われるもので、ポワチエの時代とはまったく別次元のものだった。そしてこれらは黒人たちの圧倒的な人気を得るようになるのである。次第にポワチエの演じる黒人は古いものとなり、スクリーンでの活躍は激減していく。ハリウッド白人資本下での黒人俳優の扱われ方が変わるとともに、ポワチエの役割は終わったのである。

1970年代以降はポール・ニューマンらとプロダクションを設立し、監督業にも挑んでいる。その後、ポワチエの拓いた黒人スターの道を継承して、多くの演技派の黒人俳優が台頭。その第一人者が知的な演技で高い評価を受け続けるデンゼル・ワシントンであり、いつしかスクリーンでは違和感なく黒人ヒーローが活躍するようになった。2001年に贈られたアカデミー名誉賞は、こうしたポワチエの功績に対するアメリカ白人映画界の敬意を象徴している。

また、2009年には大統領自由勲章を受章した。彼以外の受章者にはアメリカ初の女性最高裁判事サンドラ・オコーナーや理論物理学者のスティーブン・ホーキングデズモンド・ツツ元大主教など人種や性別、身体障害などでハンディを負ったマイノリティの人々が選ばれており、授章者であるバラク・オバマ大統領は「人の気力は、人種や性別、身体の強弱で制限されるものではない」と賞賛しており、社会的ハンディを克服した偉人の一人に数えられている。

現在[編集]

近年の主な代表作は1988年の主演作『リトル・ニキータ』や『影なき男』でのタフガイ刑事、豪華スターが結集した1997年『ジャッカル』でのFBI副長官役、2001年に主演したTV作品『希望の大地』での知的で温厚なレンガ職人などが名高い。1990年代後半から2000年代以降はTVドラマでの活躍を軸に演技を披露、更なる新境地を開いている。中でも南アフリカアパルトヘイト時代の終焉を描いた1997年の大型TVドラマ『マンデラとデクラーク』で、主人公ネルソン・マンデラを演じた。また1998年主演作『デビッド&リサ~心の扉~』では、心に傷を持つ少年と少女を優しくかげながら見守るミラー医師役で抑制のきいた演技をみせた。

一方で、愛娘シドニー・ターミア・ポワチエとは、製作・主演の異色スリラー『フリー・オブ・エデン』で父娘共演を果たしている。2010年代以後も、数多くのTV作品に精力的に出演を続けている。

バハマ駐日特命全権大使を歴任した経験もあり(日本への在住はしていない)、人望を買われて政界への進出を請われたが、本人は拒んだともいわれる。

プライベート[編集]

1950年に結婚、4人の娘がいるが1965年に離婚。

1976年には女優のジョアンナ・シムカスと再婚し二女がいる。そのうちのシドニー・ターミア・ポワチエは女優。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題原題 役名 備考
1950 復讐鬼
No Way Out
ルーサー・ブルックス
1951 泣け!愛する祖国よ
Cry, the Beloved Country
Msimangu
1955 暴力教室
Blackboard Jungle
グレゴリー・W・ミラー
1957 暴力波止場
Edge of the city
トミー・テイラー
黒い牙
Something of Value
Kimani Wa Karanja
南部の反逆者
Band of Angels
ラウル
1958 手錠のままの脱獄
The Defiant Ones
ノア・カレン 英国アカデミー賞 男優賞(国外) 受賞
ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (男優賞) 受賞
1959 ボギーとベス
Porgy and Bess
ボギー
ヴァージン・アイランド
Virgin Island
マーカス
1960 戦う若者たち
All the Young Men
エディ
1961 レーズン・イン・ザ・サン
A Raisin in the Sun
ウォルター・リー・ヤンガー
パリの旅愁
Paris Blues
エディ・クック
1963 野のユリ
Lilies of the Field
ホーマー・スミス アカデミー主演男優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 受賞
ベルリン国際映画祭 銀熊賞 (男優賞) 受賞
長い船団
The Long Ships
エル・マンスー
1965 偉大な生涯の物語
The Greatest Story Ever Told
キレネのシモン
駆逐艦ベッドフォード作戦
The Bedford Incident
マンスフォード
いつか見た青い空
A Patch of Blue
ゴードン
いのちの紐
The Slender Thread
アラン・ニューウェル
1966 砦の29人
Dual at Diablo
トラー
1967 いつも心に太陽を
To Sir, With Love
マーク・サッカレー
夜の大捜査線
In the Heat of the Night
バージル・ティッブス
招かれざる客
Guess Who's Coming to Dinner
ジョン・プレンティス
1968 愛は心に深く
For Love of Ivy
ジャック・パークス
1969 失われた男
The Lost Man
ジェイソン・ヒッグス
1970 続・夜の大捜査線
They Call Me Mister Tibbs!
バージル・ティッブス
1971 夜の大捜査線/霧のストレンジャー
The Organization
バージル・ティッブス
1972 ブラック・ライダー
Buck and the Preacher
バック 監督/出演
1973 12月の熱い涙
A Warm December
マット・ヤンガー 監督/出演
1975 ケープタウン
The Wilby Conspiracy
Shack Twala
シドニー・ポワチエ/ 一発大逆転
Let's Do It Again
クライド・ウィリアムズ 監督・主演
1977 シドニー・ポワチエ/ピース・オブ・アクション
A Piece of Action
マニー 監督・主演
1980 スター・クレイジー
Stir Crazy
N/A 監督
1982 ハンキー・パンキー
Hanky Panky
N/A 監督
1984 ファスト・フォワード
Fast Forward
N/A 監督
1988 影なき男
Shoot to Kill
ウォーレン・スタンティン
リトル・ニキータ
Little Nikita
ロイ
1990 ゴースト・パパ
Ghost Dad
N/A 監督
1991 裁かれた壁~アメリカ・平等への闘い~
Separate But Equa
サーグッド・マーシャル テレビ映画
1992 スニーカーズ
Sneakers
ドナルド・クリース
1995 いつも心に太陽を2
To Sir, With LoveII
マーク テレビ映画
1997 マンデラとデクラーク
Mandela and de Klerk
ネルソン・マンデラ テレビ映画
ジャッカル
The Jackal
カーター・プレストン
1998 フリー・オブ・エデン
Free of Eden
ウィル テレビ映画
出演/製作総指揮
デビッド&リサ~心の扉~
David and Lisa
ジャック・ミラー博士 テレビ映画
2001 希望の大地
The Last Brickmaker in America
ヘンリー テレビ映画

脚注[編集]

  1. ^ Davis Smiley interviews Sidney Poitier[リンク切れ]
  2. ^ Sidney Poitier Film Reference biography
  3. ^ a b Adam Gourmand, Sidney Poitier: Man, Actor, Icon (2004), p.8.
  4. ^ Poitier, Sidney. The Measure of a Man. (2000). New York: HarperCollins Publishers
  5. ^ Chenrow, Fred; Chenrow, Carol (1974). Reading Exercises in Black History. Elizabethtown, PA: The Continental Press, Inc.. p. 46. ISBN 08454-2105-5. 
  6. ^ 『Toms, Coons, Mulattoes, Mammies and Bucks: An Interpretative History of Blacks in Films』(Donald Bogle著、Viking Press 1973年)
  7. ^ 『ブラック・ムービー アメリカ映画と黒人社会』(井上一馬著、講談社現代新書)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]