第40回グラミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第40回グラミー賞(40th Grammy Awards)は1998年2月25日ニューヨークラジオシティ・ミュージックホールで開催された。

概要[編集]

ショーン・コルヴィンの「サニー・ケイム・ホーム」が年間最優秀レコード賞と年間最優秀楽曲賞を受賞。大ベテランのボブ・ディランが年間最優秀アルバム賞など2部門、息子のジェイコブ・ディランザ・ウォールフラワーズ名義で2部門を受賞した。

主要部門受賞者[編集]

当節の記述のうち、特記していない項目の出典は[1]である。

主要4部門[編集]

年間最優秀レコード賞
Sunny Came Home - ショーン・コルヴィン
年間最優秀アルバム賞
Time Out Of Mind』 - ボブ・ディラン
年間最優秀楽曲賞
Sunny Came Home - ジョン・リヴェンサール & ショーン・コルヴィン
最優秀新人賞
ポーラ・コール

ポップ[編集]

最優秀女性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Building A Mystery - サラ・マクラクラン
最優秀男性ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
Candle In The Wind 1997 - エルトン・ジョン
最優秀ポップ・パフォーマンス賞デュオ/グループ
Virtual Insanity - ジャミロクワイ
最優秀ポップ・コラボレーション賞
Don't Look Back - ジョン・リー・フッカー & ヴァン・モリソン
最優秀ポップ・インストゥルメンタル賞
Last Dance - サラ・マクラクラン
最優秀ダンス・レコーディング賞
Carry On - ドナ・サマー & ジョルジオ・モロダー
最優秀ポップ・アルバム賞
『Hourglass』 - ジェームス・テイラー
最優秀トラディッショナル・ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞
『Tony Bennett On Holiday』 - トニー・ベネット

ロック[編集]

最優秀女性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Criminal - フィオナ・アップル
最優秀男性ロック・ボーカル・パフォーマンス賞
Cold Irons Bound - ボブ・ディラン
最優秀ロック・パフォーマンス・デュオ/グループ
One Headlight - ザ・ウォールフラワーズ
最優秀ハードロック・パフォーマンス賞
The End Is The Beginning Is The End - スマッシング・パンプキンズ
最優秀メタル・パフォーマンス賞
Aenema - トゥール
最優秀ロック・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Block Rockin' Beats - ケミカル・ブラザーズ
最優秀ロック楽曲賞
One Headlight - ザ・ウォールフラワーズ
最優秀ロック・アルバム賞
『Blue Moon Swamp』 - ジョン・フォガティ
最優秀オルタナティヴ・ミュージック・パフォーマンス賞
Ok Computer』 - レディオヘッド

R&B[編集]

最優秀女性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
On & On - エリカ・バドゥ
最優秀男性R&Bボーカル・パフォーマンス賞
I Believe I Can Fly - R・ケリー
最優秀R&Bパフォーマンス・デュオ/グループ
No Diggity - ブラックストリート
最優秀R&B楽曲賞
I Believe I Can Fly - R・ケリー
最優秀R&Bアルバム賞
『Baduizm』 - エリカ・バドゥ

ラップ[編集]

最優秀ラップ・ソロ・パフォーマンス賞
Men In Black - ウィル・スミス
最優秀ラップ・パフォーマンス・デュオ/グループ
I'll Be Missing You - パフ・ダディ & フェイス・エヴァンス featuring 112
最優秀ラップ・アルバム賞
『No Way Out』 - パフ・ダディ

カントリー[編集]

最優秀女性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
How Do I Live - リアン・ライムス
最優秀男性カントリー・ボーカル・パフォーマンス賞
Pretty Little Adriana - ヴィンス・ギル
最優秀カントリー・パフォーマンス・デュオ/グループ
Looking In The Eyes Of Love - アリソン・クラウス・アンド・ユニオン・ステーション
最優秀カントリー・コラボレーション賞
In Another's Eyes - ガース・ブルックス & トリーシャ・イヤウッド
最優秀カントリー・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞
Little Liza Jane - アリソン・クラウス・アンド・ユニオン・ステーション
最優秀カントリー楽曲賞
Butterfly Kisses - ボブ・カーライル & ランディ・トーマス
最優秀カントリー・アルバム賞
『Unchained』 - ジョニー・キャッシュ
最優秀ブルーグラス・アルバム賞
『So Long So Wrong』 - アリソン・クラウス・アンド・ユニオン・ステーション

ニューエイジ[編集]

最優秀ニューエイジ・アルバム賞
『Oracle』 - マイケル・ヘッジス

ジャズ[編集]

最優秀コンテンポラリー・ジャズ・パフォーマンス賞
『Into The Sun』 - ランディ・ブレッカー
最優秀ジャズ・ボーカル・パフォーマンス賞
『Dear Ella』 - ディー・ディー・ブリッジウォーター
最優秀ジャズ・インストゥメンタル賞-奏者
『Stardust』 - ドク・チータム & ニコラス・ペイトン
最優秀ジャズ・インストゥメンタル・パフォーマンス賞-インディビデュアル/グループ
『Beyond The Missouri Sky』 - チャーリー・ヘイデン & パット・メセニー
最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス賞
『Joe Henderson Big Band』 - ジョー・ヘンダーソン
最優秀ラテン・ジャズ・パフォーマンス賞
『Habana』 - ロイ・ハーグローヴ

ラテン[編集]

最優秀ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
Romances - ルイス・ミゲル
最優秀ラテン・ロック/オルタナティヴ・パフォーマンス賞
Fabulosos Calavera - ロス・ファブローソス・カディラクス
最優秀トロピカル・ラテン・ポップ・パフォーマンス賞
Buena Vista Social Club - ライ・クーダー
最優秀メキシカン-アメリカン/テハーノ・ミュージック・パフォーマンス賞
En Tus Manos - ラ・マフィア

レゲエ[編集]

最優秀レゲエ・アルバム賞
『Fallen Is Babylon』 - ジギー&ザ・メロディ・メイカーズ

ポルカ[編集]

最優秀ポルカ・アルバム賞
『Living On Polka Time』 - ジミー・スター

ワールド[編集]

最優秀ワールドミュージック・アルバム賞
『Nascimento』 - ミルトン・ナシメント

プロデューサー[編集]

プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(ノンクラシカル)
ベイビーフェイス
プロデューサー・オブ・ザ・イヤー(クラシカル)
スティーヴン・エプスタイン

特別賞[編集]

パーソン・オブ・ザ・イヤー
ルチアーノ・パヴァロッティ[2]

脚注[編集]

  1. ^ Past Winners Search”. GRAMMY.com. 2011年10月12日閲覧。
  2. ^ John Swenson (2002年10月8日). “Rock News: Music's high and low notes”. UPI.com. 2011年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]