パパ・ローチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パパ・ローチ
2010年、オランダ・リヒテンフォールデ(英語版)にて
2010年、オランダ・リヒテンフォールデ英語版にて
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル オルタナティヴ・ロック
ハード・ロック
ニューメタル
ラップコア
活動期間 1993年-
レーベル ゲフィン・レコード
共同作業者 ブレンダン・オブライエン
メンバー
ジャコビー・シャディックス
ジェリー・ホートン
トビン・エスペランス
トニー・パレルモ
旧メンバー
ウィル・ジェイム
デイヴ・バックナー

パパ・ローチ (Papa Roach)は、アメリカ合衆国ロックバンド。

来歴[編集]

1993年カリフォルニア州ヴァカヴィルで結成された。当初のメンバーはジャコビー・シャディックス、ジェリー・ホートン、デイヴ・バックナー、ウィル・ジェイムの4人。自らレーベルを立ち上げ、『Potatoes for Christmas』や『Caca Bonita』などのEPをリリースした。1996年にはベースのウィルが脱退し、代わりとしてトビン・エスペランスが加入する。
「月の半分はライブ」という言葉の通り、多くのライブを精力的にこなしインディーズ界で人気を博していった。1999年10月にはメジャーレーベルのドリームワークスと契約し、2000年に同レーベルからインフェスト+2 (Infest)をリリース、メジャーデビューを果たす。バンド名はゴキブリの親玉の意。

初期のアルバム(『Old Friends From Young Years』や『インフェスト+2』)ではニューメタルラップコアの影響を受けていたが、 2002年リリースの『ラヴヘイトトラジディ』からは、ラッピング・ボーカルの少ないオルタナティブ・ロック色の強い作品を作るようになった。2008年1月28日、ドラムのデイヴ・バックナーの脱退が発表された。

メンバー[編集]

旧メンバー[編集]

  • ウィル・ジェイム (Will James) - ベース
  • デイヴ・バックナー (Dave Buckner) - ドラム、パーカッション、バックボーカル

ディスコグラフィ[編集]

発売年 アルバム (EP)名 レーベル
1994 Potatoes For Christmas 自主制作
1995 Caca Bonita 自主制作
1997 Old Friends From Young Years 自主制作
1998 5 Tracks Deep 自主制作
1999 Let 'Em Know ワーナー
2000 インフェスト+2 (Infest) ドリームワークス・レコーズ
2002 ラヴヘイトトラジディ (lovehatetragedy) ドリームワークス・レコーズ
2004 ゲッティング・アウェイ・ウィズ・マーダー (Getting Away With Murder) ゲフィン・レコード
2006 ザ・パラマー・セッションズ (The Paramour Sessions) ゲフィン・レコード
2009 メタモフォーシズ (Metamophorsis) ゲフィン・レコード
2010 タイム・フォー・アナイアレイション (Time for Annihilation) イレヴン・セヴン・ミュージック
2012 ザ・コネクション (The Connection) イレヴン・セヴン・ミュージック

外部リンク[編集]