レコードレーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レコードレーベル (record label、英語発音: [rekərd leibl])とはレコードの盤面中央部に貼付される、曲目、音楽家、レコード会社名などのクレジットが記載されたラベル紙(label、英語発音: [leibl])を原義とする。転じて、レコード会社(音楽ソフトを制作・発売する会社)や、更にその中で音楽的方向性が分かれるセクション(例:エイベックス内のtrax・tuneなど)を指す。

概要[編集]

歴史のあるレーベルにはブランド的価値が発生するが、固定されたイメージ(所属アーティストが特定ジャンルに偏っている、など)がつきまとうこともある。

そのため、ブランド戦略の一環として新規レーベルが作られることもある。先述のように特定ジャンル向けにレーベルが制定され、あたかも新しいレコード会社に単一ジャンルのアーティストが多数所属しているように見せることでブランドを構築する手法がとられる。場合によっては一組のアーティストのためにレーベルを制定することもある(プライベートレーベル)。

所属するミュージシャンの音楽とそのジャンル、方向性、規模を作品以外で端的に示す指標であるとも言える。

世界の代表的レーベル[編集]

代表的な日本のレーベル[編集]

レコード会社でもあるレーベル[編集]

インディーズレーベル[編集]



特殊形態[編集]

戦時中における日本のレコードレーベル[編集]

太平洋戦争時代の日本では、1942年の敵国語(外来語)禁止に伴い、レーベルや社名変更を余儀なくされたレコード会社があった。戦後、これらのレーベルや社名の多くは従来のものに戻されている。

  • コロムビア
ニッチク(音符マークだけはそのまま)
  • キング
富士音響(ライオンの絵が富士山に変更)
  • ビクター
日本音響
  • ポリドール
大東亜(一部ポリドールレーベルもあり)

プライベートレーベル[編集]

プライベートレーベルとは、アーティストやミュージシャンもしくは関係者によって新設した独自のレコードレーベルのこと。ここでは、特に多用している日本国内での近年の事例(インディーズ枠含む)を中心に列挙する。

日本国内[編集]

海外[編集]

注記事項[編集]

  1. ^ 経歴等の詳細は当該項目を参照。

関連項目[編集]