ルーツ・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーツ・ミュージック(roots music)、ルーツ音楽とは、広義には民族音楽を指す。日本では特にロックを形成する上で基礎となったアメリカの音楽(アメリカ黒人のブルースゴスペル、初期のジャズ、アメリカ白人のフォークカントリー)を指すことが多い。特にアメリカ南部ではこれらの音楽が土着文化として生き続けており、商業主義とは一線を画す音楽活発として、多くのミュージシャンから尊敬を集めている。

またルーツ・ミュージックを大幅に取り入れたアーティストや作品は、セールスには恵まれずとも評論家の受けがよい。人気の峠を過ぎたアーティストが、金と人気よりも「音楽的」評価を求めてルーツ・ミュージックに挑戦するケースもよく見受けられる。

参考項目[編集]