フォークダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラハのフォークダンス

フォークダンス英語:folk dance)とは、世界各地で踊られる土着の踊りの総称である。広義には盆踊り神楽のような日本の踊りも含まれるが、一般的に日本では外国から紹介された踊りを指すことが多い。また、キャンプファイヤーでも使用される。

フォークダンスは民族(民俗)舞踊(舞踏)と訳される。単にフォークダンスといった場合、日本において踊られるものは欧米のものが多く、アフリカアジアのものは少ない。現地でのオリジナルに拘る場合にはフォークロアダンスという呼称が用いられる。

日本においてはGHQの占領政策により、戦後普及活動が行われた経緯もあり、米国経由のものが多く踊られている。導入方法で分けると現在日本で踊られているフォークダンスは以下のように分類できる。

  1. 米国経由で入ってきたもの。
  2. 現地から講師を呼んで導入されたもの。
  3. 日本人が外国で学んできたもの。

ポピュラーな楽曲として「マイム・マイム」「オクラホマミキサー」「ジェンカ」などがある。

現地で踊られる踊りにも、踊るために踊る踊りと観客に見せるために振り付けられる踊りがあり、ブルガリアハンガリールーマニアウクライナロシア等は後者だとの認識が強い。

英国S.C.D(スコティッシュ・カントリー・ダンス)や米国スクェアダンスラウンドダンスもフォークダンスに含んで扱われる場合もある。

なお、日本で踊られている海外の踊りは3500曲と公表されている。

ここ数年、現地や海外の民族舞踊研究会が踊っている民族舞踊・フォークダンスを、youtubeを研究素材として確認する動きが見られる。(要出典)

世界各地のフォークダンス[編集]

極東[編集]

日本

  • 日本民踊
  • 日本舞踊
  • 新舞踊

朝鮮

  • 農楽

中国

インドネシア

フィリピン

インド

中東[編集]

イスラエル

トルコ

  • カシク
  • ゼイベク
  • セマー
  • テケ
  • ハライ
  • バル
  • ホラ
  • ホロン

アフリカ[編集]

ヨーロッパ[編集]

ギリシャ

  • カラマティアノス
  • コフトス
  • シルタキ
  • シルトス
  • ゼイベキコス
  • チフテテリ
  • ツァミコス
  • ハサピコス
  • バロス
  • ペントザリ

マケドニア

  • オロ
  • デドミリデド
  • バフチャンスコ
  • ティノモリ
  • ベラシチコ

ブルガリア

  • グランチャルスコ
  • クリボ
  • コパニッツァ
  • セディ・ドンカ
  • ダイチョボ
  • チェトボルノ
  • パイデュシュコ
  • ビチャック
  • ブチミッシュ
  • プラボ
  • ラチェニッツァ

クロアチア

  • コロー
  • リンジョー
  • ドゥルメシュ

ルーマニア

  • アルネルー
  • インヴルティタ
  • ジョク
  • スィルバ
  • デ・ア・ルング
  • バトゥタ
  • バルタ
  • ブリウル
  • プルタタ
  • ポアルガ
  • ホラ
  • ルステムー

ハンガリー

  • ヴェルブンク
  • ウグローシュ
  • オラーホシュ
  • ケットゥーシュ
  • コナースターンツ
  • コリカーゾー
  • ジドーシュ
  • シュリュリューエ
  • セーケシュ
  • チャールダーシュ
  • ツェッペル
  • ネーヂェシュ
  • ハイドゥク
  • ハイナリ
  • フォルガトーシュ
  • ヘイサー
  • ボトロー
  • ポントゾー
  • マヂャロシュ
  • ヤーテーク
  • ヤルタトーシュ
  • レアニータンツ
  • レゲーニェシュ

チェコ、スロバキア

ポーランド

ドイツ、オーストリア

フランス

イタリア

フラメンコダンサー、ベレン・マヤ,(撮影:ジル・ラレイン、彼のスタジオで、2001年)

スペイン、ポルトガル

イギリス、アイルランド

スウェーデン、フィンランド

ロシア

北オセチア

  • ホンガ
  • シムド

北米[編集]

アメリカ

中南米[編集]

キューバ

トリニダード

メキシコ

アルゼンチン、ボリビア

ブラジル

オセアニア[編集]

ハワイ

ニュージーランド

関連項目[編集]

外部リンク[編集]