メヌエット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メヌエット

メヌエット: minuet: Menuett: menuet: minuetto)は、ヨーロッパ舞曲のひとつ。4分の3拍子で、各小節の1拍目にアクセントが置かれる。比較的ゆったりとしたリズムで優雅に踊られる宮廷舞踊である。フランスの民俗舞踊に由来する。バロック時代に独立した楽曲として、また、組曲の1曲として数多く作曲された後、交響曲ソナタ楽章(普通は第3楽章)に取り入れられた。ハイドンベートーヴェンによってスケルツォが分化した。

主な作品[編集]

その他、古典派の交響曲の第3楽章に頻繁に見ることが出来る。それ以降(特にベートーヴェンより後)はスケルツォに取って代わられることになる。