交響曲第12番 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第12番 ト長調 K.110 (75b) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した交響曲

概要[編集]

1回目のイタリア旅行から帰った直後、ザルツブルク1771年7月頃に作曲を開始した。楽譜の表紙にあるモーツァルトの名前には「Cavaliere(騎士)」と肩書が付けられているが、これはイタリア旅行の最中にモーツァルトがローマ教皇から黄金の拍車章の騎士位を授与されたことに由来している。

楽器編成[編集]

オーボエ2(フルート持ち替え)、ファゴット2、ホルン2、弦楽

構成[編集]

全4楽章の構成で、演奏時間は約17分。

第1楽章 アレグロ
第2楽章 アンダンテ
第3楽章 メヌエット - トリオ
第4楽章 アレグロ

第2楽章にカノン風な形式が見られるが、これはイタリア旅行でカノンの様式を学び、影響を受けたためといわれる。これに続く第3楽章と第4楽章にもイタリア旅行の影響が如実に現れている。