カール・ベーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ベーム
基本情報
出生名 Karl Böhm
出生 1894年8月28日
出身地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国 グラーツ
死没 1981年8月14日(満86歳没)
オーストリアの旗 オーストリア ザルツブルク
学歴 グラーツ大学法学部
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者オーストリア音楽総監督
活動期間 1917年 - 1981年
レーベル EMIドイツ・グラモフォン

カール・ベームKarl Böhm, 1894年8月28日 - 1981年8月14日)はオーストリア指揮者学位法学博士(グラーツ大学)。称号はオーストリア音楽総監督、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者。息子は俳優のカールハインツ・ベーム。孫のカタリナ・ベームも女優として活躍している。

生涯[編集]

グラーツ生まれ。弁護士である父親の意向により、グラーツ大学で法律を学び、法学博士の学位を得た。しかし同時に父親がグラーツ市立歌劇場の法律顧問をつとめていた関係で音楽界に仲間が多く、父親の友人であったフランツ・シャルクの紹介で、ブラームスの親友であったオイゼビウス・マンディチェフスキウィーン楽友協会司書でブラームス全集の編者)の個人教授で音楽を学んだ。

1917年 - グラーツ市立歌劇場でデビュー。リヒャルト・ワーグナーの友人であったカール・ムックがベームの「ローエングリン」を聴いた際に感激し、当時バイエルン国立歌劇場音楽監督だったブルーノ・ワルターにベームを紹介した。グラーツ市立歌劇場では首席指揮者に予定されていたが、ワルターの招きにより、1921年 よりバイエルン国立歌劇場の第4指揮者に転任。ワルターはベームに多大なる影響を与え、特にモーツァルトの素晴らしさを教えた。そしてまたベームもモーツァルトの権威として知られることになる。ワルターとの交遊関係は戦中戦後を通じて続くこととなるが、1922年からはワルターに代わり、クナッパーツブッシュが音楽監督になった。しかしクナッパーツブッシュも、モーツァルトに関してはほとんどベームに任せている。

1927年 - ダルムシュタット市立歌劇場音楽監督に就任(1931年まで)。この時の総監督は、後年メトロポロタン歌劇場の名物総支配人となるルドルフ・ビングであり、彼らの友情は終生続くこととなる。ダルムシュタットでは現代オペラの上演に力を注いだが、特にアルバン・ベルクの「ヴォツェック」を指揮して絶賛され、ベルク本人との友情も芽生え、ベルク作品の世界的普及に尽力した。

1931年 - ハンブルク国立歌劇場音楽監督(1934年まで)。ハンブルク時代よりR・シュトラウスとの親交が始まった。

1934年- ドレスデン国立歌劇場総監督に就任。R・シュトラウスゆかりのドレスデンに転任すると、1935年にはR・シュトラウスの「無口な女」の世界初演を行い、さらに1938年にはR・シュトラウスから献呈された「ダフネ (リヒャルト・シュトラウス)」も世界初演した。

1943年 - ウィーン国立歌劇場総監督に就任。シュヴァルツコップなど才能ある歌手を次々と見いだして伝説的なベーム・アンサンブルを作り上げた。1944年にはシュトラウス生誕80年祭ではR・シュトラウスに祝辞を述べ、作曲者臨席のもと「ナクソス島のアリアドネ」を指揮した。1945年にはオーストリア(当時はドイツに併合されていた)からフランツ・シャルク以来となる「オーストリア音楽総監督」の称号を受けた。第二次世界大戦での戦局悪化に伴い、R・シュトラウスより芸術上の遺言(今後のオーストリア音楽界をどのように運営・維持すべきか)を託された。また同時にR・シュトラウスのスケッチブックなど、貴重な資料も渡された(これらはベームの死の直前にウィーン・フィルに寄贈されている)。ドイツ・オーストリア敗戦後に連合軍から演奏活動停止命令を受けたが、1947年に解除。

1954年 - 2度目のウィーン国立歌劇場総監督に就任。1955年11月には連合軍の爆撃により焼失していたウィーン国立歌劇場が再建され、この記念すべき再開記念公演の「フィデリオ」を指揮した。(続いて「ドン・ジョヴァンニ」「ヴォツェック」「影のない女」を指揮。ちなみにベームは当初、ドン・ジョヴァンニの指揮をワルターに依頼したが、ワルターは高齢を理由に辞退し、その代わりにブルックナーの『テ・デウム』とベートーヴェン第9交響曲を演奏した。ウィーン国立歌劇場総監督辞任後は特定のポストには就かず、フリーランスとして客演や録音活動を中心に据えた。

1962年 - バイロイト音楽祭に初登場、『トリスタンとイゾルデ』を指揮。ヴィーラント・ワーグナーとともにオペラ史に燦然と輝く新バイロイト様式を作り上げた。のちに『ニーベルングの指環』も指揮。1964年、「オーストリア(共和国)音楽総監督」(戦前のものは自然消滅)の栄誉を授けられている。1967年、ウィーン・フィル創立125周年を記念し、特にベームのために創設された「名誉指揮者」の称号を授けられた。

1973年 - オーストリア政府から若い指揮者の為の「カール・ベーム賞」制定が発表される。1974年 - 「ニキシュ=ベーム指環賞」が制定された。

1981年8月14日 - ザルツブルクで死去。ザルツブルク音楽祭の開催中であり、レヴァイン指揮ウィーン・フィルのオペラ公演は、「お通夜のような雰囲気」になってしまったという。楽聖達が眠るウィーン中央墓地提供の申し出を断り、遺族の希望により、グラーツ・シュタインフェルト墓地のベーム家の墓に埋葬された。

欧州楽壇のマエストロ[編集]

ベームは、当時のオーストリア大統領ルドルフ・キルヒシュレーガーをして“(オーストリア)共和国が与え得る栄誉は総て与えました”と言わしめたほど、数多の名誉職を贈られていた。「ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団名誉指揮者」「ロンドン交響楽団桂冠指揮者」「ウィーン市、グラーツ市、ザルツブルク市の各名誉市民」「ドイツ連邦功労十字勲章」「バイロイト黄金名誉指環」「バイエルン国立歌劇場名誉会員」「ダルムシュタット国立歌劇場名誉会員」「ベルリン・ドイツ・オペラ名誉会員」など。そのため、ベームの死は世界中に衝撃を与えた。

カラヤンはコンサートでの演奏に先立って追悼の言葉を述べ、さらにモーツァルトの『フリーメイソンのための葬送音楽』が演奏された。レヴァインがモーツァルトの「レクィエム」、アバドが「マタイ受難曲」をベームに捧げ、ベルリン・フィルはベームの指揮予定だった演奏会で代行を立てず、指揮者なしの演奏会を行った。ポリーニカルロス・クライバーヨッフムショルティらも追悼演奏会を開いている。とくに、カルロス・クライバーバイエルン国立管弦楽団による追悼演奏会は有名である(ベートーヴェン交響曲第4番交響曲第7番)。

ザルツブルク音楽祭は、長年にわたるベームの功績をたたえて、フェルゼンライトシューレ(ザルツブルク祝祭小劇場)とホワイエの間の大ホールを「カール・ベーム・ザール」と名付けている。さらに出身地であるグラーツとザルツブルクを結ぶインターシティ列車をカール・ベーム号(IC517/518)と名付けた。これは現在も運行されている。

ベームの演奏[編集]

ベームの身振りはいつもごく控えめで、お世辞にも「格好良いバトン・テクニック」とは言えない。カラヤンの華麗な指揮姿と比較すると、いかにも朴訥・地味である。そのカラヤンが「ベーム85歳の誕生祝賀会」に出席した際に、

” 禅の高僧が矢を射る時、「私が矢を飛ばす」とは言わず「矢が飛ぶ」と言う。すなわち「無為の為」である。これと同じく、ベームの指揮は「音楽が湧く」と言える。つまりベームによって、音楽が自ら奏ではじめるのである。”

と、ベームの指揮を評している。ベームの臨席のもとでの発言なので、ベーム自身も納得していると考えられる。

すなわちベームによる演奏の魅力は、

  • 楽譜に忠実で作曲家の意志に従う事に努めること
  • 音楽作品での一つ一つのテンポをどのように取るか
  • フィナーレでのクライマックスでどのようにして全能力を発揮させるか

ということについて、全体を見回したうえで解釈がしっかりまとまっている事である。後年になると、その成熟した解釈からメロディーのみならずそれを下支えする第2ヴァイオリンやヴィオラの層を非常に厚くした演奏が多くなるのもそのためである。これをもって「飾りけのない」、「朴訥な」と評されるが、これこそが音楽自体のもつ美しさを自然な姿で引き出すことにつながる。また聴衆を前にした時のベームはその実力を完全に出しきり、かつ燃焼度が非常に高い演奏を繰り広げることも触れておかなければならない。

演奏に対して非常に厳しい態度で臨むことから、アーティストやオーケストラ団員に愛されるというよりは、むしろ怖れられていた。弱冠20歳と4ヶ月でウィーン・フィルのコンサートマスターに就任したライナー・キュッヒルは「天皇様のように怖かったです」と回想している(キュッヒル一流のジョークでもある)。オーケストラの調子のいかんに関わらず組まれた予定通りに稽古に打ち込み、抽象的、詩的な表現を用いずに基本的なリズム、ダイナミクス、音程などを鋭く指摘し、音楽の土台をがっちりと固めようとする練習は、練習嫌いで知られたウィーン・フィルから反感を買うことしきりであったと言われる。また、非常に率直に、そしてやや毒舌を交えながら楽員に注意を与え、楽員には意地悪にさえも映ったようだ。

しかし、これらの行動は音楽に対して神経を尖らせていたために生じたものであり、ウィーン・フィルの名コンサートマスターであったゲルハルト・ヘッツェルなど、実力のある楽員たちからの信頼は絶大であった(リハーサル終了後に、ベームに対して質問・確認をするヘッツェルが、リハーサルDVDで確認できる)。日本公演の際も、「火の鳥」の練習でウィーン・フィルの楽譜の誤りを指摘している様子が、DVDに収録されている。テレビのインタビューに「あなたは練習に際して不安を持っているのですか?」と質問されて「はい、私はいつも練習が不安です、だからすぐ厳しくなるのです。」と本人は告白している。なお、ベームと同郷の楽員は特別贔屓にされており、目をつけていた楽員がグラーツの出身であるとわかると途端に褒めだしたという面白いエピソードもある。ウィーン・フィルでは名フルーティストのヴェルナー・トリップなどがそうであった。

晩年(1979年ごろ)、脳卒中のため体調を崩し、体の自由が効かなくなったものの、一貫した耳のよさは、どのオーケストラや歌手たちからも一目置かれており、さらに楽譜の間違いを練習でよく正していたので、特にウィーン・フィルからは「音楽上の弁護士(法律顧問)」と評されるほどであった。

ベーム・ファミリー[編集]

ベームは自分のオペラ制作に関係するオーケストラやアンサンブルの配役が、練習から本番まで一貫して変わらない理想的状態を実現した。このため、ベームに認められたこれらの歌手たちは特にベーム・ファミリーと呼ばれる。いわばそのままが戦後ドイツオペラのトップメンバーである。

男性歌手[編集]

など

女性歌手[編集]

など

主な録音[編集]

ベームの実力が遺憾なく発揮された分野はオペラであった。特にモーツァルトの『コジ・ファン・トゥッテ』、『フィガロの結婚』、『ドン・ジョヴァンニ』、『魔笛』などは絶品とされる。ペーター・シュライアーも、ベームのコジ・ファン・トゥッテを特に絶賛しており、「他の指揮者の下ではこれほどの感激を味わえない」と言った。ザルツブルク音楽祭を飾るモーツァルト指揮者でもあった。1971年にウィーン・フィルと録音された、モーツァルトのレクイエムは、モーツァルト最期の心底をのぞかせる様な深い解釈により評価が高い。

リヒャルト・シュトラウスの大家としても知られ(巨匠の『ダフネ』は、ベームに献呈されている)、主なオペラをスタジオ録音している。特に愛した作品は『ナクソス島のアリアドネ』であった(複数の録音あり)。また、『影のない女』の世界初全曲録音(1955/DECCA)はレコード史に残る偉業である。当時はマイナーな作品であったため、DECCAは録音を渋ったが、ベームの強い要望により「ギャラなし・一発録り」で実現した。同年、ウィーン国立歌劇場の再建記念公演で『影のない女』を指揮。カイルベルトカラヤン、後のシノーポリに較べると、最少のカットで演奏しており、貴重な記録となっている(ORFEO)。

バイロイトの巨匠であったことからもわかるように、ワーグナーについても高い評価を得た。ビルギット・ニルソンは「これまでに『トリスタンとイゾルデ』を33人の指揮者の下で歌ったが、誰もベームに比肩することはなかった」と書いている。

このほか、先に挙げたモーツァルトの作品の他、ベートーヴェン、シューベルトブルックナーブラームスなどドイツ・オーストリア音楽においては、ひとつの規範とされた。ベルリン・フィルを指揮してのモーツァルトの交響曲全集とウィーン・フィルを指揮してのベートーヴェンの交響曲全集はベームの大きな業績である。

ベームと日本[編集]

ベームの名が日本に知られるようになったのは早く、1930年代半ばには小品のレコードが発売されていた。1937年11月26日には、シューマンの遺作・ヴァイオリン協奏曲の初演を含む日独交歓放送に、ゲオルク・クーレンカンプらとともに出演した。もっとも、この放送はあくまでシューマンの遺作を聴く演奏であり、クーレンカンプのヴァイオリンを聴く演奏であって、決してベームが主体の演奏ではなかった。程なく、第二次世界大戦勃発によって原盤の供給も途絶え、ベームの名はしばらく日本では聞かれなくなった。ベームの人気や知名度が飛躍的に高くなるのは戦後のことであった。ベームが亡くなる際にも、危篤の段階から新聞やテレビ・ニュースで報じられていたほどである。ベームの来日は1963年1975年1977年及び1980年の4回。1979年にも来日の予定(読売日本交響楽団の招聘)であったが、体調不良のためキャンセルされている。

初来日[編集]

1963年に開場した日生劇場こけら落しのためにベルリン・ドイツ・オペラを率いて初来日(同行:ロリン・マゼールハインリヒ・ホルライザー)。ベームはベートーヴェンの「フィデリオ」とモーツァルトの「フィガロの結婚」、特別演奏会の「第九」を指揮した。両オペラともディートリヒ・フィッシャー=ディースカウクリスタ・ルートヴィヒヴァルター・ベリーグスタフ・ナイトリンガーらの名歌手が多数出演した。第九演奏会では、あまりにもファンに足に抱きつかれ、身動きできなくなったこともある。

70年代[編集]

日本でのベームの人気に一気に火がついた1975年の公演は、ウィーン・フィルを率いての公演であり、前評判に違わぬ演奏が大きな反響を呼んだ。あまりの反響の大きさにベームは感激し、時期こそ決めないものの再びの来日を即断したとも言われる。わずか2年後の1977年に再来日が決定したのは、その他に来ていた話をベームがすべて断り最優先で時間をつくったからだった。両公演はNHKTOKYO-FMによって多数録音され、一部はCDやDVDとして販売されている。

最後の来日[編集]

1980年にはウィーン国立歌劇場の引越し公演に同行したが、老いと病気による衰えがはなはだしく、ホルスト・シュタインら多数の同行指揮者を伴っての来日となった。ベームは「フィガロの結婚」3公演(東京および大阪)と十八番であったリヒャルト・シュトラウスの「ナクソス島のアリアドネ」の1公演、昭和女子大学人見記念講堂でのウィーン・フィルとの演奏会(1980年10月6日。人見記念講堂の杮落とし記念演奏会だった。CD・DVD化されている。なお、2007年には「フィガロ」の公演もDVD化された)だけを指揮し帰国した。このウィーン・フィルとの演奏会は、日本でのベーム最後のオーケストラ演奏会だったのみならず、彼自身も1938年以来続いたウィーン・フィルとの最後の演奏会だった。なお、この時の「フィガロ」上演での第3幕はオリジナルではなく、ロバート・モウバリー&クリストファー・レイバーン提唱版(1965年。第7場、第8場を第4場、第5場の間に挿入する)によるものである。

ベームは晩年日本での人気が過熱気味となり、カラヤン嫌いの聴衆からこれに対抗するドイツ正統派の雄として神格化されたこともあり、死後その反動が来た傾向もある。それは、音楽雑誌での人気投票などに極端に反映されている。ただし、録音に出来不出来があることは生前から指摘されており、優れたものに限っても多数の量が残されているため、死後二十数年を経て、乱高下する一時的人気とは別に真価が徐々に見定められつつある。

ポスト[編集]

先代:
カール・ムック
ハンブルク・フィルハーモニー管弦楽団
音楽監督
1934年 - 1942年
次代:
オイゲン・ヨッフム
先代:
フランツ・シャルク
オーストリア
音楽総監督
1945年
次代:
-
先代:
-
オーストリア共和国
音楽総監督
1962年 - 1981年
次代:
-