ヴァルター・ベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァルター・ベリー
基本情報
出生名 Walter Berry
出生 1929年4月8日
出身地 オーストリアの旗 オーストリア ウィーン
死没 2000年10月27日(満71歳没)
オーストリアの旗 オーストリア ウィーン
学歴 ウィーン国立音楽大学
ジャンル クラシック音楽
職業 歌手
活動期間 1917年 - 1981年
レーベル EMI・DECCA・DG

キャリア[編集]

ウィーン音楽大学でガロスに師事した後、1949年ウィーン国立歌劇場のアンサンブルとなる。
1952年モーツァルト魔笛におけるパパゲーノ役でデビューし、翌1953年からはザルツブルク音楽祭のステージにも立つようになる。 以降、ウィーン国立歌劇場のステージには、通算で1228回出演し、40以上のプレミア上演に係わっている。 1955年にはアルバン・ベルクヴォツェックで主役を演じ、国際的に知られるところとなり、1958年には北米デビューも果たす。 その後、1960年代以降はベルリンミュンヘンニューヨーク等の主な歌劇場で活躍した。
1963年にはウィーン国立歌劇場の宮廷歌手を拝した。
同年、ベルリン・ドイツオペラと共に来日し、日生劇場での柿落としシリーズとして上演された『フィガロの結婚』でフィガロを演じた。
1981年からはウィーン国立歌劇場名誉団員。1989年からはウィーン国立音楽大学で教鞭を執っていた。
2000年10月、心筋梗塞のためウィーン市内で死去。

レパートリー[編集]

豊かな声量とその表現力から、オペラでの活躍が際立っていた。その外にもリートや宗教曲の録音も幾つかの録音が残されている。 オペラでは、実に100を超えるレパートリーを誇った。 また後年、ハインツ・ツェドニックと共にウィーンの伝統的な歌を歌った録音もある。
下記に主なレパートリーを挙げておく。

参考文献[編集]

  • 名演奏家事典 ≪下≫ 音楽の友社 刊
  • エリザベート・ビルンバウム著『ヴァルター・ベリー伝』(原題:Walter Berry. Die Biografie)2001年 ヘンシェル社刊 – ISBN 3-89487-379-5 邦訳版未刊行

外部リンク[編集]

  • [1] 訃報(ドイツ語)