ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世
Joseph Hellmesberger, Jr.
Hellmesberger josef jun von angerer ludwig.jpg
基本情報
出生 1855年4月9日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ウィーン
出身地 Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ウィーン
死没 1907年4月26日(満52歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ウィーン
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
作曲家
指揮者
担当楽器 ヴァイオリン

ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世Joseph Hellmesberger, Jr., 1855年4月9日 - 1907年4月26日)はオーストリア出身のバイオリニスト作曲家指揮者

略歴[編集]

父ヨーゼフ・ヘルメスベルガーに音楽を学ぶ。1875年ヘルメスベルガー弦楽四重奏団団員、1890年ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターを経て、1901年より2年間、グスタフ・マーラーの後任としてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者を務めた。

また、ジョルジュ・エネスコフリッツ・クライスラーらを指導したことでも知られる。なお、ヘルメスベルガーの手になる小品は、1997年にはニューイヤーコンサートのレパートリーを拡大し、ウィーンの音楽家を世界に紹介することを目的として彼の作品が初めてニューイヤーコンサートで演奏された。その後、ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでは、しばしば彼の作品が取り上げられている。

作品[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 悪魔の踊り
  • 妖精の踊り

ギャロップ[編集]

  • 小さな広告 Op.4

ポルカ[編集]

  • ウィーン式に
  • 軽い足取り

ポルカ・マズルカ[編集]

  • 2人きりで Op.15

バレエ[編集]

  • イベリアの真珠
  • 姿を変えた猫

喜歌劇[編集]